2017-10

2017年10月8日(日)(№1998)

 函館の今日の天気は、曇り、最高気温は22・0℃でした。
 9月中旬並の気温だったとのことです。外で動き回っていると暑く感じる天気でした。

【前田先生、大間原発建設凍結に向けてどんな取り組みをしたのか詳細を明らかにしてください】

 今朝の新聞に、昨日、函館市中央図書館で開催された北海道新聞函館支社が主催した、衆議院議員選挙に立候補予定の逢坂誠二氏と前田一男氏による公開討論会のことが載っています。

 記事には、前田氏が大間原発建設に反対であり、この地域の政権与党の議員が「大間原発の建設はだめだ」と言えば、政府は前に進められない、自民党は全会一致で政策を决めて進む政党だ、と述べたことが書かれています。

 もし、記事のとおりだとしたら、現段階で大間原発建設は止まっていないのですから、では、前田氏は「大間原発の建設はだめだ」と政府に言わなかったのか?と思いました。

 世耕経産大臣は、先月、青森で「核燃料サイクルは進める」と発言したことが伝えられていますが、それを進めるためにはプルトニウムの消費先として大間原発が不可欠であり、すなわち大間原発建設も進めるということになるはずです。

 いや、そんなことはないというのなら、それは大間ではないところにプルトニウムを使用する原発をつくるということでもなければ話に整合性がないことになりますが、今のところそういう計画は発表されていません。

 前田氏は、口を開けば、東日本大震災後、大間原発の工事を再開したのは民主党政権だといいますが、ご自身が力説するとおり与党の議員にしか止められないなら、遠慮なさらずに工事を止め、大間建設計画を白紙にすればいいのにと思います。

 大間原発については、国会の委員会や党の部会、集会で話をしてきたとのことですが、いつ、どんな発言をしてきたのか、そして党内ではそれがどう扱われているのかをきちんと明らかにすべきです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://katsuomichihata.blog.fc2.com/tb.php/2009-bc950161
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

私のブログへようこそ

函館市議会議員の「みちはた克雄」でございます。 ブログをご覧いただきありがとうございます。 函館市政や市議会のこと,私の活動のお知らせはもちろん,国や各都道府県・市区町村での出来事などについても私の考えをコメントさせていただきます。

プロフィール

函館市議会議員 道畑克雄

Author:函館市議会議員 道畑克雄
1961年札幌市生まれ。
少年期を千歳市で過ごし,1974年函館市民に。
1980年函館東高卒業。同年より,函館市役所に勤務。
2006年退職。
2007年函館市議会議員に初当選。現在3期目。
所属会派~「民主・市民ネット」(会派幹事長)
市議会民生常任委員、議会運営委員。
民進党北海道第8区総支部副代表

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスカウンター

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (2009)
twitterまとめ (1)

Facebookページ「函館市議会議員 みちはた克雄」も開設しています

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR