2017-08

2017年8月11日(金)(№1940)

 函館の今日の天気は、曇りのち雨、最高気温は21.9℃でした。
 今日から3連休という方もいらっしゃると思いますが、気温も低く、生憎の天気の日が続きそうです。

【北朝鮮のグアム周辺へのミサイル発射は存立危機事態?】

 北朝鮮の朝鮮中央通信が、10日、北朝鮮が米領グアム島周辺に向けて中距離弾道ミサイルを同時に4発発射する計画が検討されていると伝えたことが報じられていますが、10日の衆院安全保障委員会で、小野寺防衛相が、北朝鮮が発射した場合、安全保障関連法に基づき集団的自衛権を行使して迎撃することは可能との見解を示したことが報じられています

 これまでもブログ等に書きましたが、日本政府は北朝鮮に対し発射させないようにどうするかについては、中国やロシアにはあれこれ要請しているようですが、米朝の緊張状態に巻き込まれ、ただ相変わらずアメリカの顔色を伺っているだけで、自らの外交努力により発射を回避するという取り組みを行なっていないように思うのは私の勘違いでしょうか。
 
 そんな状態の中で、存立危機事態に該当する可能性がないとは言えないなどと言っていますが、危機回避の努力もなしに、限定的集団的自衛権の行使は可能とし自衛隊の参戦の機会を伺うつもりなのでしょうか。

 この件について、東京新聞に柳沢協二さんへのインタビュー記事が掲載されていたので、紹介しておきたいと思います。

(以下、引用)

<柳沢協二さんのウオッチ安保法制>領海外に着弾したら 集団的自衛権 当たらず

2017年8月11日 朝刊

 米領グアム島周辺海域にミサイルを着弾させるという北朝鮮の挑発行動が「存立危機事態」に該当する可能性について議論があったが、グアム島の領海外の海域なら武力攻撃でないのだから、個別的・集団的を問わず自衛権は発生しない。

 日本を狙った攻撃が差し迫る中での前段階として、北朝鮮が米国を攻撃するなら存立危機事態に該当するのかもしれないが、十日の衆院安全保障委員会での質疑は、そうした前提の議論を欠いていた。

 安全保障関連法は「わが国と密接な関係にある他国に対する武力攻撃」が発生した場合でも、存立危機事態に該当すれば、他国を武力で守る集団的自衛権の行使を可能とした。

 グアムの米空軍基地には北朝鮮の核施設攻撃を担う戦略爆撃機が配備され、日本の核抑止力を担保する拠点とされている。
 抑止力とは自国が攻撃されれば報復する力を持つことで、敵を攻撃に踏み切らせない効果のことだ。日本が攻撃されていないのに、グアムの米軍基地を守るために日本が北朝鮮のミサイルを迎撃すれば、日本への攻撃の優先度が上がる。抑止力を守るために参戦して日本が戦場になるジレンマに陥ることになる。

 北朝鮮の挑発の動機は、米国を抑止することだ。米国と一体化して、北朝鮮の挑発を力ずくで抑え込もうとしても、むしろ事態をエスカレートさせるだけで解決に向かうとは思えない。それよりも、日本は米朝両国の対話の条件づくりに努力すべきだ。 (聞き手・新開浩)

(以上、引用終わり)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://katsuomichihata.blog.fc2.com/tb.php/1951-8f96227b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

私のブログへようこそ

函館市議会議員の「みちはた克雄」でございます。 ブログをご覧いただきありがとうございます。 函館市政や市議会のこと,私の活動のお知らせはもちろん,国や各都道府県・市区町村での出来事などについても私の考えをコメントさせていただきます。

プロフィール

函館市議会議員 道畑克雄

Author:函館市議会議員 道畑克雄
1961年札幌市生まれ。
少年期を千歳市で過ごし,1974年函館市民に。
1980年函館東高卒業。同年より,函館市役所に勤務。
2006年退職。
2007年函館市議会議員に初当選。現在3期目。
所属会派~「民主・市民ネット」(会派幹事長)
市議会民生常任委員、議会運営委員。
民進党北海道第8区総支部副代表

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスカウンター

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1950)
twitterまとめ (1)

Facebookページ「函館市議会議員 みちはた克雄」も開設しています

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR