2017-07

2017年6月22日(木)(№1890)

 函館の今日の天気は、曇り、最高気温22.0℃でした。
 風があったせいか気温の割には涼しく感じる天気でした。

【日本では、「餃子」を何故「ギョウザ」と読むのか?】

 今日は、函館中国経済促進協会という団体の会合に出席させていただいたのですが、その中で中国札幌領事館の孫振勇総領事の講演を聴く機会がありました。

 この会合には、中国や中国人留学生などとの交流活動を行っている市内の団体にもご案内をいただいていますが、私は「北海道日中青少年交流協会」の立場で、毎年、参加させていただいています。

 演題は、「一帯一路の構築と中日協力関係の展望」というもので、中国の習近平国家主席が唱えている外交圏構想と日中の経済や民間交流についての話でした。

 その中で、孫総領事が、日本に来て「ギョウザ」という言葉に親しみを覚えるという話をされました。

 私たちは、「餃子」を「ギョウザ」と発音しますが、何故、そう読むのでしょうか?

 中国語(北京語)では、「餃子」は「ジャオズ」と発音しますが、実は、孫総領事の出身地である中国・山東省では、「ギョウザ」と発音するのだそうです。

 つまり訛りというか方言のようなものだと思いますが、日本での「餃子」の読み方が自分の出身地での発音と同じだった、ということのようです。

 孫総領事いわく、山東省で「ギョウザ」と聞いた日本人がそのまま日本に持ち帰ったのだろうとのことでした。

 これに限りませんが、文化における日本と中国の関係というのは面白いものだと思います。

 中央の政府間の関係はさておいて、平和と関係の改善には、地方における民間・市民レベルでの交流は大切であり、そこでの相互理解が重要ではないかと常々考えていますが、こうした交流が活発化することを期待したいと思います。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://katsuomichihata.blog.fc2.com/tb.php/1901-9690232f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

私のブログへようこそ

函館市議会議員の「みちはた克雄」でございます。 ブログをご覧いただきありがとうございます。 函館市政や市議会のこと,私の活動のお知らせはもちろん,国や各都道府県・市区町村での出来事などについても私の考えをコメントさせていただきます。

プロフィール

函館市議会議員 道畑克雄

Author:函館市議会議員 道畑克雄
1961年札幌市生まれ。
少年期を千歳市で過ごし,1974年函館市民に。
1980年函館東高卒業。同年より,函館市役所に勤務。
2006年退職。
2007年函館市議会議員に初当選。現在3期目。
所属会派~「民主・市民ネット」(会派幹事長)
市議会民生常任委員、議会運営委員。
民進党北海道第8区総支部副代表

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスカウンター

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1924)
twitterまとめ (1)

Facebookページ「函館市議会議員 みちはた克雄」も開設しています

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR