2017-10

2017年5月20日(土)(№1857)

 函館の今日の天気は、曇り、最高気温24.7℃でした。
 今日も今年の最高気温を更新したそうです。

【財務省 地方自治体の基金残高(全国で21兆円)を問題視!? 交付税削減を目論む?】

 財務省が地方自治体の貯金に当たる「基金」が増え続けていることを問題視していると報じられています。

 今日、自分の所属政党である民進党の第8区総支部・函館支部の常任幹事会が開かれましたが、そこでも話題になりました。

 国の財政が厳しさを増す中、基金残高の多い自治体には、国からの 地方交付税 の配分額を抑えたいとの思惑があると伝えられていますが、多くの自治体は財政に余裕があって基金を積立てているわけではありません。

 国の2018年度予算編成の論点の一つになりそうだが、厳しい行政改革で支出を切り詰めて基金を積み立ててきた自治体も多く、道内からは反発の声が出ているとされています。

 函館市の2015年度決算で見てみると、基金残高は144億円(財政調整・減債・公共施設・土地開発・地域振興など)となっており、10年前の2006年度と比べると20億円増えました。

 しかし、余裕があって増やせたわけではなく、経費節減はもちろん、職員数や給与の見直しなどを行い、赤字基調にならないように取り組みを行ってきています。
 つまり基金は努力の結果だと言ってもいいかと思います

 一方、自治体ではインフラ整備などを行うために起債(借金)もしているわけで、函館市の場合は、2015年度決算で1466億円の市債残高があります。

 もし、基金残高だけ見て、地方交付税を減額したら、地方自治体のこれまでの努力が無駄になってしまうかもしれません。

 国=財務省が勝手に自治体の財政状況を解釈して地方交付税を減額しようとするなど言語道断です。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://katsuomichihata.blog.fc2.com/tb.php/1868-591f43e5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

私のブログへようこそ

函館市議会議員の「みちはた克雄」でございます。 ブログをご覧いただきありがとうございます。 函館市政や市議会のこと,私の活動のお知らせはもちろん,国や各都道府県・市区町村での出来事などについても私の考えをコメントさせていただきます。

プロフィール

函館市議会議員 道畑克雄

Author:函館市議会議員 道畑克雄
1961年札幌市生まれ。
少年期を千歳市で過ごし,1974年函館市民に。
1980年函館東高卒業。同年より,函館市役所に勤務。
2006年退職。
2007年函館市議会議員に初当選。現在3期目。
所属会派~「民主・市民ネット」(会派幹事長)
市議会民生常任委員、議会運営委員。
民進党北海道第8区総支部副代表

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスカウンター

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (2007)
twitterまとめ (1)

Facebookページ「函館市議会議員 みちはた克雄」も開設しています

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR