2017-11

2017年5月6日(土)(№1843)

 函館の今日の天気は、曇り、最高気温16.7℃でした。
 今日は少し涼しくさえ感じる天気で、空は秋空のようでした。

【受動喫煙防止 国会議員は真剣に考えるべき】

 2020年東京五輪・パラリンピックの開催に向けて、政府は受動喫煙防止のために健康増進法改正案の提出を目指しているものの、自民党内から反対論が噴出していることが報じられています。

 規制強化の背景には、国際的にみて日本の取り組みの遅れがあり、WHOのたばこ規制枠組み条約に加盟している日本は、対策を強化する必要があると伝えられています。

 しかし、自民党は厚労省案に対し、議員約280人でつくる「たばこ議員連盟」(会長・野田毅元自治相)を中心に反発し、2月の党厚労部会では、葉タバコ農家や飲食店団体などの支援を受ける議員から「たばこを吸う人の権利を認めないのか」「小規模飲食店が経営危機に陥る」など反対意見が相次いだ、とされています。

 これを受け厚労省は3月初旬に、飲食店規制のうちバーやスナックは、面積30㎡以下の小規模店舗なら喫煙を認めるという修正案を示しましたが、反対派はそれでも納得せず、飲食店を「喫煙」「禁煙」「分煙」の表示義務にとどめる、という考え方のようです。

 こういう中で、たばこを吸わない人が受動喫煙によって肺がんや脳卒中などにかかり、余計にかかる医療費が2014年度1年間で3233億円に上るという推計を厚生労働省研究班)がまとめた、という報道もされています。

 私は、立法されていない現在でも、分煙されていない箇所ではたばこを吸うべきではないと思っています。

 たばこを吸う人の権利を否定するつもりはありませんが、受動喫煙は健康に大きく影響する問題であることは、吸う人も理解していただけることだと思います。

 受動喫煙防止に異を唱える国会議員はこういうことが解らないのでしょうか。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://katsuomichihata.blog.fc2.com/tb.php/1854-39c28bb0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

私のブログへようこそ

函館市議会議員の「みちはた克雄」でございます。 ブログをご覧いただきありがとうございます。 函館市政や市議会のこと,私の活動のお知らせはもちろん,国や各都道府県・市区町村での出来事などについても私の考えをコメントさせていただきます。

プロフィール

函館市議会議員 道畑克雄

Author:函館市議会議員 道畑克雄
1961年札幌市生まれ。
少年期を千歳市で過ごし,1974年函館市民に。
1980年函館東高卒業。同年より,函館市役所に勤務。
2006年退職。
2007年函館市議会議員に初当選。現在3期目。
所属会派~「民主・市民ネット」(会派幹事長)
市議会民生常任委員、議会運営委員。
民進党北海道第8区総支部副代表

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスカウンター

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (2038)
twitterまとめ (1)

Facebookページ「函館市議会議員 みちはた克雄」も開設しています

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR