2017-07

2017年4月8日(土)(№1815)

 昨日の青森県庁への要請行動に続き、今日は青森市内で開かれた集会などに参加しました。
 青森の今日の天気は、晴れのち曇り、最高気温15.1℃でした。
 最高気温は昨日と変わりませんが、午後から曇ったせいか風が冷たく感じました。

【4.9反核燃の日全国集会】

 今日の午後、「4.9反核燃の日全国集会」が青森市内の駅前公園で開催されました。
「反核燃の日」というのは、1985年4月9日に北村正哉青森県知事(当時)が県議会全員協議会で核燃料サイクル施設の受け入れを表明した日です。
 これに抗議して毎年集会が開催されてきましたが、今年で32回を数えるにいたりました。
 今年は全国から約1000人が参加し、集会後、デモ行進も行われました。

写真 2017-04-08 14 19 47 (1280x940)


 また、午前には、市民の方たちによる「4.9反核燃の日全国市民集会」も開かれ、約100人が参加しました。
 私も、「函館・『下北』から核を考える会」のメンバーの方たちと参加しました。

写真 2017-04-08 12 43 14 (1280x959)
大間原発訴訟について報告する、大間原発訴訟の会・代表の竹田とし子さん


 夕方からは、原水爆禁止日本国民会議主催の「反核念全国交流集会」が開かれ、東北大学大学院の長谷川公一教授が、「青森県民が福島原発事故から学ぶべきこと」と題して講演されました。

写真 2017-04-08 16 28 07 (1280x950)
長谷川教授の講演の様子


 青森県が受け入れを表明した核燃料サイクル施設は、どれも計画どおりに進んでいるものはないとされ、六ケ所の再処理工場は稼動延期を繰り返し、当初は7千億円の予算だったものが、すでに2兆1千億円以上がつぎ込まれました。
すでに破綻していると言っても過言ではありません。
 使用済み核燃料の再処理は原発が一年で出す放射能を一日で出すと言われるほど、環境や人体への影響も懸念されます。
 国は核燃サイクルを推進する考えを変えていませんが、一日も早く断念すべきです。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://katsuomichihata.blog.fc2.com/tb.php/1826-350633ba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

私のブログへようこそ

函館市議会議員の「みちはた克雄」でございます。 ブログをご覧いただきありがとうございます。 函館市政や市議会のこと,私の活動のお知らせはもちろん,国や各都道府県・市区町村での出来事などについても私の考えをコメントさせていただきます。

プロフィール

函館市議会議員 道畑克雄

Author:函館市議会議員 道畑克雄
1961年札幌市生まれ。
少年期を千歳市で過ごし,1974年函館市民に。
1980年函館東高卒業。同年より,函館市役所に勤務。
2006年退職。
2007年函館市議会議員に初当選。現在3期目。
所属会派~「民主・市民ネット」(会派幹事長)
市議会民生常任委員、議会運営委員。
民進党北海道第8区総支部副代表

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスカウンター

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1922)
twitterまとめ (1)

Facebookページ「函館市議会議員 みちはた克雄」も開設しています

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR