2017-05

2017年1月23日(月)(№1740)

 今日は、東京でセミナーを受講しました。
 東京の今日の天気は、晴れのち曇り、最高気温は7.9℃。
 昨日とは打って変わって、風も強く、寒く感じる天気でした。

【木村俊昭さんのセミナーを受講しました】

 2011年の北海道知事選挙に出馬した木村俊昭さんの地域創生についてのセミナーを受講しました。

 木村さんは、かつて小樽市、内閣官房・内閣府、農林水産省職員としてご活躍されスーパー公務員と呼ばれ、2011年の北海道知事選挙に出馬されましたが、現在は、東京農業大学教授のほか、内閣官房のシティマネージャー(自治体・特別参与)として地方創生の地方版総合戦略などを担当されました。

 セミナーのテーマは、「元気なまちの産業振興は何が違うのか」「地域創生 成功の方程式はあるのか」で、地域創生の目的、地域創生の考え方と取り組み方などについての講演でした。

 講演の概要は次のようなものでした。

 地域を活性化するためには、自分のまちの分析が必要であり、産業・歴史を掘り起こして磨く、そして、未来を担う子どもたちをまちに愛着心を持つ子どもに育てる~つまり人育てを取り組むこと。

 具体的には
①五感によるまち分析→産業・歴史・文化の掘り起こし。
②次に、情報共有、役割分担、出番創出、事業構想をつくる。
 六育に取り組む=知育、食育、木育、遊育、職育、健育
③why so?(なぜ?)、So what?(だから何?)を繰り返す

 期間は3年として、広聴・広報・対話を繰り返す。

 地域経済を活性化させるには、まちの基幹産業は何なのかを付加価値額などのデータをもって把握し、それを発展させることや、業種間の関連づけなどを考える。
 企業誘致は、地元企業で賄えないものを誘致する。

 以上のような話をされましたが、函館市でも、2月24日に開会予定の第1回定例会でも、おそらく人口減少問題をはじめ、12月の定例会で話題となったまちの魅力度と市民の幸福度の件など、今後のまちづくりの方向性やその指標について議論になるでしょう。

 今日のセミナーの内容を、今後の議論に役立てられればと思います。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://katsuomichihata.blog.fc2.com/tb.php/1751-f82498dd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

私のブログへようこそ

函館市議会議員の「みちはた克雄」でございます。 ブログをご覧いただきありがとうございます。 函館市政や市議会のこと,私の活動のお知らせはもちろん,国や各都道府県・市区町村での出来事などについても私の考えをコメントさせていただきます。

プロフィール

函館市議会議員 道畑克雄

Author:函館市議会議員 道畑克雄
1961年札幌市生まれ。
少年期を千歳市で過ごし,1974年函館市民に。
1980年函館東高卒業。同年より,函館市役所に勤務。
2006年退職。
2007年函館市議会議員に初当選。現在3期目。
所属会派~「民主・市民ネット」(会派幹事長)
市議会民生常任委員、議会運営委員。
民進党北海道第8区総支部副代表

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスカウンター

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1865)
twitterまとめ (1)

Facebookページ「函館市議会議員 みちはた克雄」も開設しています

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR