2017-07

2016年12月18日(日)(№1704)

 函館の今日の天気は、曇り、最高気温8.0℃でした。
 急に寒さが緩み、積雪も3cmとかなり融けました。

【大間原発訴訟 内容を解りやすく】

 今日は第3日曜日。毎月恒例となった「バイバイ大間原発ウォーク」が行われました。
 冬季は、まちづくり交流センターで集会を行い、その後、ベイエリアをデモ行進することになっています。

写真 2016-12-18 13 38 14 (1280x960)
12月なのでデモの先頭を行く横幕もXmas仕様です

写真 2016-12-18 13 47 55 (960x1280)
今日のデモのテーマは「クリスマス・ファンタジーをいつまでも」 
原発事故が起きたら開催できませんよ、という呼びかけ


 今日は、集会で発言の機会をいただいたので、先の定例会で、市の大間原発訴訟の内容について解りやすく伝えるよう検討すべきではないか、と質問したことを報告しました。

 市の大間原発訴訟は提訴してから2年9カ月が過ぎ、口頭弁論も10回を数えるにいたっています。
 今年は、口頭弁論が4回開かれましたが、私は3回傍聴に行ってきました。

 法廷では、市側の代理人である弁護団が、大間原発の新規制基準適合検査に関わり、その問題点についてプレゼンテーションする場面が見られました。

 一方、被告の国・電源開発は、法廷では何も発言しない状況が続いています。

 ところで、裁判は、今、一体、どのようになっているのでしょうか。 

 実は、口頭弁論というのは主張する内容を準備書面という形で提出するのがきまりごとで、法廷で必ず何か話さなければならないわけではないようです。
 つまり法廷で何も話さなくても、主張はしているわけです。

 その内容=準備書面は、市のホームページにも掲載されるものの、内容が難しくて解らないというのが実際のところです。

 そして、さらに、その主張が裁判においてどのような意味、位置づけをもつのか、それが提出されたことにより、裁判がどこまで進んだと理解すればいいのか、など素人には理解しにくいことばかりだという感想です。

 裁判が始まった直後のテーマは、函館市=地方自治体が、原発に関して国を訴えることができるのか、いわゆる原告適格の有無でした。

 第3回口頭弁論で、それは保留、つまり棚上げされ、本案=大間原発建設差止などについて審理されることになりました。

 以降、この原告適格について、法廷の場で何か発言があったことはないようですが、実は、原告適格に関わる主張=準備書面や意見書が、原告、被告、それぞれから出されています。

 書面は出されているのに、扱われ方が解らない、なぜ、法廷で何も話が出ないのか?
 素人には解りません。

 傍聴に行ったとき、抽選を待っていると、周りから、「原告適格ってどうなったの?」などという会話が聞こえてきたこともあります。

 少し長くなりましたが、裁判が解りにくいと受け止められる状態なのではと思います。
 しかし、大間原発建設凍結についての世論喚起や市民の関心ということにも関わることなので、市に対して、裁判の内容を解りやすく伝える方法を検討すべきではないかと質問したというわけです。

 市では、以前から、職員による出前講座を行うなどしており、市のホームページも何か動きがあれば、すぐに更新されるなど、対応はされています。

 今回の質問に対しては、こうした取り組みのほか、さまざまな機会に周知していくとともに、ホームページや広報誌の掲載内容についても、裁判の内容がよりわかりやすいものにしていきたい、と答弁がありました。

 以前、裁判の節目のときで構わないから、訴訟代理人である弁護団による学習会や報告会を実施できないのか質問したこともありました。

 簡単なことではないのかも知れませんが、具体的に検討して欲しいと思います。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://katsuomichihata.blog.fc2.com/tb.php/1715-58ea143c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

私のブログへようこそ

函館市議会議員の「みちはた克雄」でございます。 ブログをご覧いただきありがとうございます。 函館市政や市議会のこと,私の活動のお知らせはもちろん,国や各都道府県・市区町村での出来事などについても私の考えをコメントさせていただきます。

プロフィール

函館市議会議員 道畑克雄

Author:函館市議会議員 道畑克雄
1961年札幌市生まれ。
少年期を千歳市で過ごし,1974年函館市民に。
1980年函館東高卒業。同年より,函館市役所に勤務。
2006年退職。
2007年函館市議会議員に初当選。現在3期目。
所属会派~「民主・市民ネット」(会派幹事長)
市議会民生常任委員、議会運営委員。
民進党北海道第8区総支部副代表

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスカウンター

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1925)
twitterまとめ (1)

Facebookページ「函館市議会議員 みちはた克雄」も開設しています

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR