2017-10

2016年11月18日(金)(№1674)

 こんばんは。
 今日は、セミナーを受講するために東京へ日帰り出張しました。
 東京の今日の天気は、晴れ、最高気温は、15.3℃でした。
 函館から行くとずいぶん暖かく感じます。

【子どもの貧困格差問題】

 今日受講したセミナーのテーマは、「子どもの貧困格差問題」についてです。

 講師は、有明医療大学の千葉喜久也教授でした。千葉教授は、秋田県のご出身で、秋田県庁職員として児童相談所勤務の経験もおありだそうですが、現場を知る方のお話しはやはり説得力のあるものでした。

 さて、子どもの貧困というと、2008年ころ、6人に1人が相対的貧困といわれてる状態だとのデータが公表されていますが、広く認識されたのはそれほど前のことではありません。
 
 日本は経済的に豊かだと思われてきましたから、子どもの貧困については、政府ですら認識が不十分だったようですが、2年前には対策法も成立し、取り組みが進められるようになってきました。

 子供の貧困と言っても、親の経済状態の影響を子どもが受けるわけですから、生活費や学校にかかる費用をどうするかということと、重要なのは、親の貧困を子どもに連鎖させないということです。

 子どもの学力は親の所得に比例するというデータがあるそうですが、親が貧困であっても、子どもは自分で進む道を切り開いていけるような人間になってもらうために、その力を持てるように支援することが必要だということになるでしょうか。

 函館市では、従前から、貧困というより子育て支援でもありますが医療費の助成、就学援助、最近では昨年度から小中学校の入学準備金貸付制度、今年度からは中学生の学習支援が実施されています。

 今後、どのような支援が必要なのか、またどんな方法によるべきかなどは、いろいろ検討が必要だと思いますが、私たち議員も提言などに取り組んでいかなくてはならないと思います。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://katsuomichihata.blog.fc2.com/tb.php/1685-6f11b081
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

私のブログへようこそ

函館市議会議員の「みちはた克雄」でございます。 ブログをご覧いただきありがとうございます。 函館市政や市議会のこと,私の活動のお知らせはもちろん,国や各都道府県・市区町村での出来事などについても私の考えをコメントさせていただきます。

プロフィール

函館市議会議員 道畑克雄

Author:函館市議会議員 道畑克雄
1961年札幌市生まれ。
少年期を千歳市で過ごし,1974年函館市民に。
1980年函館東高卒業。同年より,函館市役所に勤務。
2006年退職。
2007年函館市議会議員に初当選。現在3期目。
所属会派~「民主・市民ネット」(会派幹事長)
市議会民生常任委員、議会運営委員。
民進党北海道第8区総支部副代表

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスカウンター

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (2012)
twitterまとめ (1)

Facebookページ「函館市議会議員 みちはた克雄」も開設しています

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR