2017-08

2016年10月6日(木)(№1631)

 こんばんは。
 今日から市議会の委員会の行政調査のため出張に出ました。

 経済建設常任委員会では、今年度の所管事項調査として「水産振興について」を調査することとし、具体的には、市の水産振興にとって欠かせない要素だと考えられる「つくり育てる漁業について」(養殖)を取り上げることとしました。

 これまでは函館の水産業の実態や課題、ウニの種苗センターの状況、水産試験場によるコンブの養殖に関する研究の状況などを調べてきました。

 このほかに、先進的あるいは特徴的な取り組みを行っている自治体を調査することとし、このたび、岩手県洋野町と広島市を訪問することにしました。

 初日は岩手県洋野町へ行き、ウニの養殖について調査しました。

写真 2016-10-06 17 42 46 (960x1280)


 1960年代半ばまでは沿岸漁業や沖合漁業が中心でしたが、沿岸に広がる平坦な岩盤に溝を掘削し、資源減少対策および漁業者の所得安定を求める「獲る漁業からつくり育てる漁業」へ転換がはかられました。


写真 2016-10-06 15 14 36 (1280x1023)


 洋野町はもとより、岩手県、広域振興局、栽培漁協協会、漁協が連携して取り組んでいます。

 この養殖溝の活用によりウニの安定的な漁獲量を維持することができ、計画的に生産量の調整を行うことも可能となっています。

 役場でこの間の取り組みのレクチャーを受けたほか、ウニの種苗を育てている事業所も訪問し現場を見てきました。

写真 2016-10-06 15 16 14 (1280x960)

写真 2016-10-06 15 20 18 (1280x960)

写真 2016-10-06 15 21 12 (1280x960)


 自治体の規模は違いますが、この特徴ある養殖と、行政や関係機関の関わり方などは参考になると思います。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://katsuomichihata.blog.fc2.com/tb.php/1642-36c0ba5f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

私のブログへようこそ

函館市議会議員の「みちはた克雄」でございます。 ブログをご覧いただきありがとうございます。 函館市政や市議会のこと,私の活動のお知らせはもちろん,国や各都道府県・市区町村での出来事などについても私の考えをコメントさせていただきます。

プロフィール

函館市議会議員 道畑克雄

Author:函館市議会議員 道畑克雄
1961年札幌市生まれ。
少年期を千歳市で過ごし,1974年函館市民に。
1980年函館東高卒業。同年より,函館市役所に勤務。
2006年退職。
2007年函館市議会議員に初当選。現在3期目。
所属会派~「民主・市民ネット」(会派幹事長)
市議会民生常任委員、議会運営委員。
民進党北海道第8区総支部副代表

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスカウンター

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1947)
twitterまとめ (1)

Facebookページ「函館市議会議員 みちはた克雄」も開設しています

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR