2017-07

2016年10月5日(水)(№1630)

 こんばんは。
 函館の今日の天気は、曇りのち雨、最高気温19・1℃でした。
 台風の影響が心配です。

【大間原発避難道整備 青森県国会議員に要望へ 3ケ町村協議会】

 青森県の大間町、風間浦村、佐井村でつくる「大間原発3ケ町村協議会」(会長・金澤満春大間町長)は3日、大間町総合開発センターで会議を開き、原発事故や自然災害時の避難道路の整備促進を青森県の国会議員に要望することを申し合わせたことが報じられています。

 2011年の東日本大震災では大津波警報発令により、海沿いを通る国道279号が風間浦村内で通行止めとなったことなどから、現国道に代わる高台の避難道路について、国直轄管理国道として整備するよう求める、という内容のようです。

 会議には大間原発を建設する電源開発の楠瀬昌作・大間現地本部長らも出席し、電源開発側は、高速増殖炉もんじゅ(福井県)の廃炉問題に触れ、「もんじゅの廃炉自体は、大間原発建設に関係ない。しっかり進めていく」と説明したことも伝えられています。

 地元自治体は大間原発建設を実現させようと動いているようですが、私は、国などは住民の安全や事故の際の避難について真剣に考えているとは思えません。

 避難路の確保のことは、2005年の第2次ヒアリングでも要望が出されていましたが、今、こうして国に求めているということは何も進んでいないということでしょう。

 地元自治体が思っているほど、国は地元自治体と住民のことは考えていないとしか思えません。
 早く建設反対に転じたらどうでしょうか。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://katsuomichihata.blog.fc2.com/tb.php/1641-a00b220a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

私のブログへようこそ

函館市議会議員の「みちはた克雄」でございます。 ブログをご覧いただきありがとうございます。 函館市政や市議会のこと,私の活動のお知らせはもちろん,国や各都道府県・市区町村での出来事などについても私の考えをコメントさせていただきます。

プロフィール

函館市議会議員 道畑克雄

Author:函館市議会議員 道畑克雄
1961年札幌市生まれ。
少年期を千歳市で過ごし,1974年函館市民に。
1980年函館東高卒業。同年より,函館市役所に勤務。
2006年退職。
2007年函館市議会議員に初当選。現在3期目。
所属会派~「民主・市民ネット」(会派幹事長)
市議会民生常任委員、議会運営委員。
民進党北海道第8区総支部副代表

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスカウンター

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1919)
twitterまとめ (1)

Facebookページ「函館市議会議員 みちはた克雄」も開設しています

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR