2017-09

2016年7月17日(日)(№1550)

 こんばんは。
 今日は、大間町で行われた「大間原発反対現地集会」に行ってきました。
 大間町の今日の天気は、雨、最高気温は20.4℃でした。

【大MAGROCK vol.9】

 「大間原発建設反対現地集会」というのは、実は、前日の土曜日から行われる「大MAGROCK」という音楽イベントの最中に開催されおり、今年で9回を数えます。

写真 2016-07-17 22 04 29 (1280x960)


 「大MAGROCK」は16日の12時から、大間原発建設敷地に隣接する一坪地主共有地で開催されましたが、今日17日の12時からは同じ場所で「大間原発建設反対集会」が開催されました。

 大間原発建設反対に取り組む道南や青森県の団体のほか、福島県をはじめ、地元の原発の再稼動などの問題に取り組んでいる方々も参加し、それぞれから取り組みや現状が報告されました。

写真 2016-07-17 12 05 20 (1280x960)
大間原発訴訟の会代表の竹田とし子さんの報告


 私も函館市議会議員の立場でスピーチの機会をいただきましたので、函館市の大間原発建設差止訴訟の経過や市議会での取り組みについて話をさせていただきました。

 集会の後は、大間町内を3キロにわたりデモ行進を行いました。
 かつては大間町内でデモを行うと町民の方々から迷惑そうにされましたが、東日本大震災以降くらいからでしょうか、反応が少し変わってきたように思います。
 最近は、家の中から手を振ってくださる町民の方もいらっしゃいます。

 デモの後は、大間原発建設現場の近くの海岸で建設反対の気持ちを込め風船を飛ばしました。

写真 2016-07-17 14 35 27 (1280x960)
風船は太陽光で分解するタイプ 自然への影響が少ないものを使用

 この風船が飛んで行くところが、もし大間原発が建設されて、放射能漏れ事故が起きた場合、放射能が風に乗って飛んで行くところということになるのですが、過去には厚沢部町まで風船が届いたこともあります。
 
 実は今年は、1976年に大間町商工会が大間町議会に原子力発電所新設に係る環境調査実施を請願してから40年目にあたります。
 そんなに年月が経ち、すでに問題が長引くだけ長引いていますが、建設中止が一日でも早く決定されることを望みます。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://katsuomichihata.blog.fc2.com/tb.php/1560-66ec441c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

私のブログへようこそ

函館市議会議員の「みちはた克雄」でございます。 ブログをご覧いただきありがとうございます。 函館市政や市議会のこと,私の活動のお知らせはもちろん,国や各都道府県・市区町村での出来事などについても私の考えをコメントさせていただきます。

プロフィール

函館市議会議員 道畑克雄

Author:函館市議会議員 道畑克雄
1961年札幌市生まれ。
少年期を千歳市で過ごし,1974年函館市民に。
1980年函館東高卒業。同年より,函館市役所に勤務。
2006年退職。
2007年函館市議会議員に初当選。現在3期目。
所属会派~「民主・市民ネット」(会派幹事長)
市議会民生常任委員、議会運営委員。
民進党北海道第8区総支部副代表

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスカウンター

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1981)
twitterまとめ (1)

Facebookページ「函館市議会議員 みちはた克雄」も開設しています

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR