2017-05

2016年5月26日(木)(№1498)

 こんばんは。
 函館の今日の天気は、曇り、最高気温21.7℃でした。

【日米地位協定 一体いつになったら問題が解決されるのか】

 オバマ米大統領と安倍首相が25日に会談した際に、首相は沖縄県での女性遺棄事件について抗議したものの、長年、懸案となってきた日米地位協定について改定は求めなかったことが報じられています。

 オバマ大統領自身も会見では改定に消極的な姿勢だったことも伝えられています。

 地位協定は、端的に言うと米軍が駐留するにあたり、「特権」を認めているものです。

 函館との関わりで言うと、たまに米海軍の艦艇が函館港に入港しますが、適当な通告をすれば入港できるとされており、それが地位協定5条にうたわれています。
 もちろん、港湾管理者の許可が必要にはなりますが、市民の反対や米軍だからという理由で不許可になったことはこれまでのところありません。

 米軍の兵士が事件を起こした場合、地位協定によって米軍側が第一次的裁判権を持つとされ、日本国側による訴追などが十分にできないなどということが起きます。

 また、米軍基地がある地域では、基地使用に伴う低空飛行訓練などで住民が危険にさらされているなど、日本人側の人権が侵害されているという事象もあります。

 これまでも数々の事件や事故が起きた中で、政府に対し地位協定の改定が求められてきましたが、運用を強化するという意思表示だけが繰り返されている状態です。

 ヨーロッパでは、米軍の飛行訓練ひとつとっても、米軍が内容を決めるのではなく、駐留させている国の側に決定権があるとも聞きます。

 日本は見下されていると思いますが、一体、いつまでも現在のような状況が続くのでしょうか。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://katsuomichihata.blog.fc2.com/tb.php/1508-dca201a5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

私のブログへようこそ

函館市議会議員の「みちはた克雄」でございます。 ブログをご覧いただきありがとうございます。 函館市政や市議会のこと,私の活動のお知らせはもちろん,国や各都道府県・市区町村での出来事などについても私の考えをコメントさせていただきます。

プロフィール

函館市議会議員 道畑克雄

Author:函館市議会議員 道畑克雄
1961年札幌市生まれ。
少年期を千歳市で過ごし,1974年函館市民に。
1980年函館東高卒業。同年より,函館市役所に勤務。
2006年退職。
2007年函館市議会議員に初当選。現在3期目。
所属会派~「民主・市民ネット」(会派幹事長)
市議会民生常任委員、議会運営委員。
民進党北海道第8区総支部副代表

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスカウンター

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1865)
twitterまとめ (1)

Facebookページ「函館市議会議員 みちはた克雄」も開設しています

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR