2017-05

2016年5月22日(日)(№1494)

 こんばんは。
 函館の今日の天気は、曇り、最高気温23.1℃でした。
 日中は暑く感じる天気でした。

【2015年度 実質賃金0.1%減 5年連続マイナス】

 厚生労働省が発表した毎月勤労統計調査(確報、従業員五人以上の事業所)の2015年度まとめによると、基本給や残業代などを合計した一人当たりの現金給与総額(月平均)は、前年度比0.2%増の31万4089円で、2年連続で増加した一方、物価の影響を加味した実質賃金は0.1%で、5年連続でマイナスだったことが報じられています。
 
 給与総額は微増だったが、指標となる物価が0.3%上昇したため、賃金の伸びが物価の伸びを下回り、実質賃金は増加に転じなかったということだそうです。

 厚労省は「パートタイム労働者の割合が増えたため、一人当たりの給与の伸びが小幅にとどまった」と分析していると伝えられています。
 
 基本給を中心とした所定内給与は0.3%増の23万9880円で、残業代などの所定外給与は1万9599円と0.4%増、賞与など特別に支払われた給与は0.5%減の5万4610円だったとのことです。
 
 また、勤務形態別に給与総額を見た場合、正社員などフルタイムで働く一般労働者は0.5%増の40万9063円で、パートタイム労働者は0.5%増の9万7933円だったとされています。

 結局、実質賃金は上がっておらず、消費も伸びないということになるのだと思いますが、政権や政府・与党は、口を開けばアベノミクスの効果を宣伝します。
 安倍首相も、賃金も雇用も増えたと強弁しますが、内容を紐解いていくと実際は厳しいことに変わりはないということでしょう。

 私は政治が経済を完全にコントロールなどできないと考えていますが、アベノミクスの効果を言うのであれば、この報道にあるようなことはどういうことなのか、説明するべきではないかと思います。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://katsuomichihata.blog.fc2.com/tb.php/1504-ab10f469
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

私のブログへようこそ

函館市議会議員の「みちはた克雄」でございます。 ブログをご覧いただきありがとうございます。 函館市政や市議会のこと,私の活動のお知らせはもちろん,国や各都道府県・市区町村での出来事などについても私の考えをコメントさせていただきます。

プロフィール

函館市議会議員 道畑克雄

Author:函館市議会議員 道畑克雄
1961年札幌市生まれ。
少年期を千歳市で過ごし,1974年函館市民に。
1980年函館東高卒業。同年より,函館市役所に勤務。
2006年退職。
2007年函館市議会議員に初当選。現在3期目。
所属会派~「民主・市民ネット」(会派幹事長)
市議会民生常任委員、議会運営委員。
民進党北海道第8区総支部副代表

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスカウンター

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1866)
twitterまとめ (1)

Facebookページ「函館市議会議員 みちはた克雄」も開設しています

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR