2017-08

2016年4月25日(月)(№1467)

 こんばんは。
 函館の今日の天気は、晴れ、最高気温は15.8℃でした。

 今日は党務のため札幌に日帰り出張しました。
 その会議の会場に、衆議院北海道5区の補選を闘った池田まきさんがご挨拶に見えました。選挙戦で枯れた声で、負けたものの新たな動きを作ることができたと闘いを振りかえっておられました。

写真 2016-04-25 12 56 57


 さて、昨日行われた衆議院北海道5区の補選について、今日は各紙がその詳細を報じています。
 与党幹部の「政権に一定の評価」というコメントや、あるいは「安保論争は低調だった」などの記事が掲載されています。

 得票数は、自民公認候補が135,842票、池田候補が123,517票ですが、市区町村別で見ると、札幌市厚別区、江別市、北広島市、石狩市で池田候補の得票が上回っています。
 票差は約12000票ですが、これで政権が評価されたという与党幹部のコメントは苦し紛れではないかとさえ思えます。

 これは次の選挙に向けて全ての有権者にお願いしたいことですが、政権の掲げる政策が本当に国民のためになるのか、聞こえの良いフレーズに流されるのではなく、今一度、きちんと考えていただいて、そのうえで投票に臨んでいただきたいと思います。

 今回の補選について、20代、30代の方々が、バイトの時給が上がったりしたなど経済政策の効果を感じているといった報道もあったようですが、課題は、今後の賃金や雇用の安定や持続性、社会保障の拡充が見通せるかということではないかと思います。

 「安保論争は低調だった」という件についても、憲法違反であることや自衛官のリスクが言われますが、直接、自分たちの生活に目に見えるような形で影響が出ていないので捉えにくいといった面があるかもしれません。

 しかし、安倍政権について見逃してはならないのは、憲法上、歴代政府ができないとしてきたことを一内閣の解釈で勝手に変更し、十分な説明もないまま、合憲だ必要だと国民に同意を強いるというやり口であり、さらに、政権を批判したり、政権に逆らう者は許さないという姿勢が顕著なことです。
 これは国民の基本的人権の蹂躙にも繋がることです。

 報道への介入や言論統制の問題について、ときどき戦前、戦中の状況が引き合いに出され、その危険性が論じられることがあります。
 それを聞いても、昔のことであり、またそのようなことが起きるわけがないと受けとめる方もいるかもしれませんが、もしそうなら印象操作をされていると思ったほうがいいかもしれません。

 今、日本は、重大な岐路に立っていると思います。
 どのような国になるか、それを決めるのは国民であり、有権者です。
 まず、次の闘いは参議院選挙ですが、地域の有権者の方々の賢明な判定をお願いしたいと思います。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://katsuomichihata.blog.fc2.com/tb.php/1475-2b56f76c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

私のブログへようこそ

函館市議会議員の「みちはた克雄」でございます。 ブログをご覧いただきありがとうございます。 函館市政や市議会のこと,私の活動のお知らせはもちろん,国や各都道府県・市区町村での出来事などについても私の考えをコメントさせていただきます。

プロフィール

函館市議会議員 道畑克雄

Author:函館市議会議員 道畑克雄
1961年札幌市生まれ。
少年期を千歳市で過ごし,1974年函館市民に。
1980年函館東高卒業。同年より,函館市役所に勤務。
2006年退職。
2007年函館市議会議員に初当選。現在3期目。
所属会派~「民主・市民ネット」(会派幹事長)
市議会民生常任委員、議会運営委員。
民進党北海道第8区総支部副代表

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスカウンター

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1951)
twitterまとめ (1)

Facebookページ「函館市議会議員 みちはた克雄」も開設しています

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR