2017-09

2016年3月1日(火)(№1412)

 こんばんは。
 函館の今日の天気は、雪のち曇り、最高気温2.1℃でした。
 風が強く横殴りの雪が降る天気でしたが、夕方ころは雪も止み少し落ち着いてきたようです。

 今日から3月ですが、市内の公立高校では卒業式が行われたようです。
 自分が高校を卒業したのは36年前ですが、正直、卒業式の様子などはもう記憶が薄れていくばかりで、詳細は思い出せませんが、自分のことはさておき、卒業されたみなさんの前途が希望に満ちた明るいものであることを祈ります。

【認知症患者の事故、家族は免責 最高裁が初判断】

 認知症の男性患者が徘徊中に電車にはねられ死亡した事故をめぐり、家族が鉄道会社への賠償責任を負うかどうかが争われた訴訟の上告審判決で、最高裁第3小法廷は1日、「家族が容易に監督できる場合などは賠償責任を負うケースがあるが今回はそれに当たらない」と判断したことが報じられています。

 最高裁は、男性の妻(93)に賠償を命じた二審判決を破棄し、JR東海の請求を棄却したとのことですが、民法は責任能力のない人が与えた損害は「監督義務者」が賠償すると規定している中で、認知症患者の家族の責任に関して最高裁まで争ったケースは初めてだそうで、東京新聞の記事では、在宅介護の現場に影響を与えそうだ、とコメントしています。

 実は、前からこの事件の行方が気になっていました。
 認知症の方は、家族などが見守りしていても、家から出ていって行方不明になったりするケースがあります。

 損害賠償責任の有無も問題ですが、この男性のように徘徊中に電車に跳ねられたりなど事故に遭わないよう対策も必要でしょう。

 最近、高齢の親御さんを持つ友人や知り合いから、認知症になられた親御さんのケアについて相談を受けることも多くなったような気がします。

 一日中、親御さんから目を離すことができず、たいへんな思いをしているといったお話を伺ったこともありますが、ケアをする家族のことも含めて、取り組まなければならないことは多いのではないかと思います。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://katsuomichihata.blog.fc2.com/tb.php/1420-b48f25bb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

私のブログへようこそ

函館市議会議員の「みちはた克雄」でございます。 ブログをご覧いただきありがとうございます。 函館市政や市議会のこと,私の活動のお知らせはもちろん,国や各都道府県・市区町村での出来事などについても私の考えをコメントさせていただきます。

プロフィール

函館市議会議員 道畑克雄

Author:函館市議会議員 道畑克雄
1961年札幌市生まれ。
少年期を千歳市で過ごし,1974年函館市民に。
1980年函館東高卒業。同年より,函館市役所に勤務。
2006年退職。
2007年函館市議会議員に初当選。現在3期目。
所属会派~「民主・市民ネット」(会派幹事長)
市議会民生常任委員、議会運営委員。
民進党北海道第8区総支部副代表

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスカウンター

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1982)
twitterまとめ (1)

Facebookページ「函館市議会議員 みちはた克雄」も開設しています

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR