2017-10

2015年12月17日(木)(№1337)

  こんばんは。
 函館の今日の天気は、曇り、最高気温は4.0℃でした。
 急に寒くなったように思えますが、これでも12月上旬並とのことです。

【函館市長へ「2016年度予算及び政策要求書」を提出】

 今日は、函館市長に、市議会民主・市民ネットと民主党函館支部合同の「2016年度予算及び政策要求書」を提出しました。

 市長のほか担当部長なども同席する中、会派から要求の趣旨説明を行い、市長からも現時点での状況や考え方など、コメントをいただきました。

 要求書の内容は以下のとおりです。


 <2016年度予算及び政策に関する要求書>

1 重点項目

(1)大間原発建設中止に向けて、訴訟を含めあらゆる活動に取り組むこと。

(2)厳しい地域の経済雇用情勢に対し、特に若年者の雇用確保に努力すること。

(3)人口ビジョン、活性化総合戦略について実効性が確保できるよう事業等に取り組むこと。

(4)北海道新幹線開業に向けた取り組みを函館市が主体となって進めるとともに、函館の基幹産業である観光産業の発展と振興を図るため、例えばWi-Fi環境の整備なども含め、抜本的対策を示すこと。

(5)医療・福祉体制の充実と人材確保に努めるなど、地域医療・福祉体制の充実強化を図ること。未来大学に保健福祉学部を設置すること。

(6)国際水産海洋都市構想の充実と具現化を図り、地場産業の創出を図ること。


2 総務常任委員会所管分

(1)将来における公共交通のあり方について、電車・バスを市民や観光客に利用しやすくわかりやすいものになるようするとともに、ICカードシステムの早期導入など、利便性向上の具体策を示すこと。

(2)平和を追求し戦争に協力しない自治体として、艦船入港などを拒否する姿勢など各種外圧に対しても毅然とした態度で臨むこと。

(3)キメ細かい教育の充実・向上に向け、30人学級を早期に実現すること。

(4)人権意識を高めるプログラムを全小学校で実施し、子どもの安全を守ること。

(5)海水浴場やスケート場等のスポーツ施設の整備充実とともに、各種スポーツの振興発展に努力すること。

(6)生涯学習を進める総合的な体系づくりを早急に進めること。

(7)学校におけるフッ化物洗口の導入については、慎重に対応すること。

(8)小中学校の全国大会出場の支援を拡大すること。

(9)利用しやすい公共交通の観点から五稜郭駅のバリアフリー化を図ること。

(10)選挙権年齢が18歳まで引き下げられたが、青少年に対し政治参加の意義等の周知をはじめ、学校においてはいわゆる主権者教育を進めること。

(11)指定管理者制度について、市として制度や運用について検証し、改善を図ること。


3 経済建設常任委員会所管分

(1)災害及び緊急時対応のためにも、市立函館病院周辺の渋滞対策を進めるなど、アクセスを円滑にするための方策を早急に整備すること。

(2)冬期間の危険道路、凍結路面等の対策強化と歩行者に危険な歩道の対策強化を図ること。

(3)市道・私道の舗装予算を十分確保するとともに、道路のバリアフリー化の促進を図ること。

(4)港湾ふ頭の利用促進とポートセールスの充実を図ること。また、港湾ふ頭利用促進の観点からも湾岸道路の早期整備を図ること。

(5)中小企業振興基本条例に基づく政策を確実に推進すること。

(6)犯罪や非行歴のある人の更生支援のために、市も積極的に取り組むとともに、
「協力雇用主」に対する優遇措置を設けること。

(7)亀田川日の出橋交差点の横断歩道および押しボタン式信号を早期に設置すること。

(8)観光ガイドについて、人員を増やすとともに、多言語に対応できる体制を整備すること。


4 民生常任委員会所管分

(1)子ども条例の策定が進められているが、子どもの権利を保障する本来あるべき「子ども条例」を策定すること。

(2)放課後全児童対策を学童保育、児童館等を含め早急に具体策を講じること。特に障がい児だけの学童保育には何らかの支援を講じること。

(3)生活困窮者自立支援法の施行に伴い、生活困窮者に対する自立支援に取り組むとともに、生活保護行政についても自立支援プログラム、子どもへの支援強化を図ること。

(4)第6期介護保険事業計画の実現のためにも、介護職員の人材確保が図られるよう各種施策を行うこと。

(5)高齢者・障がい者・子どもなど、いわゆる弱者への虐待の防止に努め、地域で住みやすい環境の体制づくりを進めること。

(6)防災の観点から福祉避難所の設置を早急に進めること。

(7)障がい児の健やかな育ちのために、自立支援センターの充実を図ること。

(8)多額の治療費がかかる難病患者への経済的支援を行うこと。

(9)町会等の自治会組織への加入促進に向けた具体的方策を検討すること。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://katsuomichihata.blog.fc2.com/tb.php/1344-50165908
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

私のブログへようこそ

函館市議会議員の「みちはた克雄」でございます。 ブログをご覧いただきありがとうございます。 函館市政や市議会のこと,私の活動のお知らせはもちろん,国や各都道府県・市区町村での出来事などについても私の考えをコメントさせていただきます。

プロフィール

函館市議会議員 道畑克雄

Author:函館市議会議員 道畑克雄
1961年札幌市生まれ。
少年期を千歳市で過ごし,1974年函館市民に。
1980年函館東高卒業。同年より,函館市役所に勤務。
2006年退職。
2007年函館市議会議員に初当選。現在3期目。
所属会派~「民主・市民ネット」(会派幹事長)
市議会民生常任委員、議会運営委員。
民進党北海道第8区総支部副代表

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスカウンター

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (2007)
twitterまとめ (1)

Facebookページ「函館市議会議員 みちはた克雄」も開設しています

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR