2017-10

2015年10月27日(火)(№1286)

 こんばんは。
 今日の函館の天気は、曇りのち雨、最高気温は15.4℃でした。
 夜は雨になりましたが、日中は穏やかな天気でした。


 【「すべりずらい」(すべりづらい)か「すべりにくい」か?】

 今日は政策の話ではなく、街なかで見かけた道路工事周知のための看板の表記の話を。

 外回りをしていたら、ある交差点で「すべりずらい道路をつくっています」という看板が目に止まりました。

写真 2015-10-27 14 57 17



 道路工事をしているが、どういう道路を作っているかを周知して住民の理解を得ようということなのでしょう。

 意味は解るのですが、まず、表記としては「すべりづらい」と書くべきでしょう。
 もともとは、「辛い」から派生した言葉だと思われます。

 そしてもうひとつ、私は、「すべりにくい」と表記するべきでは?と思いました。

 これは意見が分かれるかもしれません。
 インターネットで調べてみると、言葉としては「~にくい」のほうが古くからあるらしいのですが、最近は、「~づらい」のほうが多く用いられる傾向にあると説明しているサイトがありました。

 また、別のサイトでは、心理的な意味の場合は「~づらい」、物理的な意味の場合は「~にくい」と使い分ける傾向にあると説明されていました。

 例えば、自宅の前まで来たものの、門限が過ぎているので入るのがためらわれるといったときは、「家に入りづらい」とし、ドアなどがスムースに開かなくなっている場合には、「家に入りにくい」とする、という具合です。

 果たして、当該看板の表記はどれが正解なのでしょうか。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://katsuomichihata.blog.fc2.com/tb.php/1293-92d6cb49
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

私のブログへようこそ

函館市議会議員の「みちはた克雄」でございます。 ブログをご覧いただきありがとうございます。 函館市政や市議会のこと,私の活動のお知らせはもちろん,国や各都道府県・市区町村での出来事などについても私の考えをコメントさせていただきます。

プロフィール

函館市議会議員 道畑克雄

Author:函館市議会議員 道畑克雄
1961年札幌市生まれ。
少年期を千歳市で過ごし,1974年函館市民に。
1980年函館東高卒業。同年より,函館市役所に勤務。
2006年退職。
2007年函館市議会議員に初当選。現在3期目。
所属会派~「民主・市民ネット」(会派幹事長)
市議会民生常任委員、議会運営委員。
民進党北海道第8区総支部副代表

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスカウンター

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (2010)
twitterまとめ (1)

Facebookページ「函館市議会議員 みちはた克雄」も開設しています

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR