2017-06

2015年10月25日(日)(№1284)

 こんばんは。
 今日の函館の天気は、曇り、最高気温は9.6℃でした。
 風も強かったので寒く感じる天気の一日でした。

【選挙 若者と半数が「投票は自由」】

 今日の東京新聞で、総務省関連の財団法人「明るい選挙推進協会」が行った全国調査で、20代の若者の約半数が投票は個人の自由と考えていることがわかった、と報じられています。

 2014年12月の衆議院議員選挙に関する調査で、今年3月~4月に全国の有権者3000人を対象に行ったとのことです。

 選択肢は、「国民の義務」、「権利だが棄権すべきではない」、「投票するしないは個人の自由」、「分からない」の4つで、結果は、20代は「自由」が47.7%と半数を占めたそうです。
 因みに70代では、「義務」が42.9%との結果だそうです。

 若者は自分たちの代表を選ぶということについて、それに参画するしないに積極的ではないのでしょうか。
 また、以前に知り合いの方から、「若者に投票に行くように言ったら、何か得になるのかと訊かれた」と伺ったことがあます。

 記事には、識者の見解として、「投票しないことで失うものがあることや、投票で何かが変わるといった主権者教育が、若者には必要ではないか。そうしないと、投票するかどうかはその時の気分次第になってしまう」と警鐘を鳴らしている、と書かれていました。

 主権者教育も必要ですが、学校だけでなく、親や職場の先輩などが自分の経験も含めて、投票に行くことの意味などを説明するという取り組みも必要ではないでしょうか。

 若い時は、政治と自分の生活がつながっていることがなかなか実感できないかもしれません。
 それを実感できるように、周りの大人(先輩)の取り組みが必要になっているのではないかと思います。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://katsuomichihata.blog.fc2.com/tb.php/1291-b3c101b3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

私のブログへようこそ

函館市議会議員の「みちはた克雄」でございます。 ブログをご覧いただきありがとうございます。 函館市政や市議会のこと,私の活動のお知らせはもちろん,国や各都道府県・市区町村での出来事などについても私の考えをコメントさせていただきます。

プロフィール

函館市議会議員 道畑克雄

Author:函館市議会議員 道畑克雄
1961年札幌市生まれ。
少年期を千歳市で過ごし,1974年函館市民に。
1980年函館東高卒業。同年より,函館市役所に勤務。
2006年退職。
2007年函館市議会議員に初当選。現在3期目。
所属会派~「民主・市民ネット」(会派幹事長)
市議会民生常任委員、議会運営委員。
民進党北海道第8区総支部副代表

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスカウンター

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1894)
twitterまとめ (1)

Facebookページ「函館市議会議員 みちはた克雄」も開設しています

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR