2017-08

2015年8月4日(火)(№1202)

 こんばんは。
 今日の函館の天気は、晴れ、最高気温29.5℃でした。
 昨日より3℃高く、さらに陽が出ていたので、暑く感じました。

【民主党北海道「安保法制11法案阻止」全道キャラバン来函】

 民主党北海道の「安保法制11法案阻止」全道キャラバンが、今日、函館に来ました。
 現在、国会で審議中の安保関連法案の成立阻止をめざす取り組みのひとつとして、7月22日から8月5日まで、全道を回って訴えるという取り組みです。

 昨日3日の午後、8区管内にキャラバンが入り、今金町で街頭宣伝を行い、今朝は江差町からスタートし、正午ころから函館駅前で、函館市議らにより街頭宣伝を行いました。

写真 2015-08-04 11 47 35 (1280x960)



 今日も参議院特別委員会を視聴しましたが、与党やもともと集団的自衛権の行使を容認している政党は、安保関連法案と憲法の関係などは質疑しようともしません。

 元自衛隊幹部である某参議院議員は、後方支援は戦闘の現場(前線)に行くわけでなく、武力行使ではないなどと発言する始末です。
 イラクへの自衛隊派遣差し止め訴訟において、2008年に名古屋高裁が出した後方支援は武力行使と一体化だとの判決がありますが、これを知らないはずはありません。
 法案を通すためにはなりふりかまわないというところまできているのでしょう、もう明らかにわざとやっているなという印象です。

 中谷防衛大臣は、野党から法案の基本的な問題を訊かれても、後ろから耳打ちされないと答弁もできない状態です。
 結局、何の理解もしていないのではないでしょうか。

 安倍首相にいたっては、限定的な集団的自衛権行使は憲法の枠内であり、具体的にはホルムズ海峡の掃海しか想定していないなどと言ってきたのに、最近ではウソをつき通すためのネタがなくなってきたのか、それとは関係のない中国の軍事的脅威などと国名をあげているような有り様です。

 今日の答弁でも、相変わらず、限定的な集団的自衛権の行使は憲法の枠内だと、何の根拠も説明することなく、強弁しているだけでした。
いろいろな媒体でいろいろな意見も見聞きしていますが、誤解を解かないとならないかなと思うのが、もし万が一、日本が中国と軍事的衝突が不可避となった場合、集団的自衛権が行使できなければ対処できないという思い込みが一部の方たちにあることです。

 戦闘行為はやるべきではありませんが、もしどうしてもとなれば個別自衛権で対処できます。
 そこに米軍が関与してきても、日本が発動しているのは個別自衛権です。

 こうして考えると、政府が言っているようなシチュエーションでは集団的自衛権の行使なんか必要ないのに、国会では答弁しない別の思惑があるせいなのか、とにかく集団的自衛権が行使できるようになったという事実が欲しくてたまらないのだと思います。

 経済政策や福祉政策では国民に負担を強いて護りもしないのに、国民の安全と生命を守るために安保関連法案が必要だとか、抑止力によって安全が高まるとかよくもまあ言うものだと思います。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://katsuomichihata.blog.fc2.com/tb.php/1209-f414fc64
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

私のブログへようこそ

函館市議会議員の「みちはた克雄」でございます。 ブログをご覧いただきありがとうございます。 函館市政や市議会のこと,私の活動のお知らせはもちろん,国や各都道府県・市区町村での出来事などについても私の考えをコメントさせていただきます。

プロフィール

函館市議会議員 道畑克雄

Author:函館市議会議員 道畑克雄
1961年札幌市生まれ。
少年期を千歳市で過ごし,1974年函館市民に。
1980年函館東高卒業。同年より,函館市役所に勤務。
2006年退職。
2007年函館市議会議員に初当選。現在3期目。
所属会派~「民主・市民ネット」(会派幹事長)
市議会民生常任委員、議会運営委員。
民進党北海道第8区総支部副代表

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスカウンター

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1950)
twitterまとめ (1)

Facebookページ「函館市議会議員 みちはた克雄」も開設しています

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR