2017-07

2017年7月31日(月)(№1929)

 函館の今日の天気は、曇り、最高気温は25.0℃でした。
 今日も過ごしやすい天気でした。

 今日7月31日は自分の誕生日なのですが、今日で56歳になりました。
 誕生日だからといって特別なことは何もしませんが、また誕生日を迎えることができたことに感謝をしたいと思います。

 今日は、先週28日に、静岡県富士市に行き調査した「ユニバーサル就労推進事業」のレポートを書くなどして過ごしました。

 ユニバーサル就労推進とは、働きたくてもいろいろな事情や状況があって働きにくい人たちを支援して就労してもらおうというものです。

 生活保護受給者や障がい者の方などはこれまでも就労支援の制度がありましたが、最近、その制度の対象にならない方たちや支援している団体などから、制度創設や取り組みを求める声が出ています。

 富士市では条例を制定し、相談センターを設置して取り組みを行っています。

 調査に行ってきたばかりで、函館市で制度を創るなどといったことが取り組めるかどうかはこれからなのですが、少しでも状況が改善できるようにしたいと思います。

スポンサーサイト

2017年7月30日(日)(№1928)

 函館の今日の天気は、曇り、最高気温は26.4℃でした。

【第13回NPOまつり】

 今日は、地域交流まちづくりセンターで第13回NPOまつりが開かました。
 
1707e37.jpg


 これは、道南・函館のNPOや市民活動団体が参加して、日頃の活動を紹介するまつりで、
バザーや食品の販売をはじめ、音楽などのステージ発表も行われていました。

 また、夏休み工作フェスティバルも同時に開催され、レザークラフト体験などのコーナーがあり、子どもたちが工作を楽しんでいました。

 ただ、昨年に比べると参加している団体が少なかったように見受けられましたが、今後、また新たな団体が参加してくれるようになればと思います。

2017年7月29日(土)(№1927)

 今日の午後、富士市から函館に戻りまました。
 函館の今日の天気は、晴れ、最高気温は26.0℃でした。

 函館に戻ってから、自分が大会長を務める少年野球大会の決勝戦と閉会式に臨みました。

【北朝鮮の弾道ミサイル発射!?】

 一昨日のブログに、北朝鮮のミサイル発射はどうなったのかと書きましたが、昨日の23時41分に日本海に向けて弾道ミサイル1発が発射されたと報じられています。
 27日は朝鮮戦争の休戦協定締結64周年でした。

 日本の政府の発表では、ミサイル葉約45分間飛行し奥尻島の西方沖の日本のEEZに着水したとされています。

 北朝鮮の行動は、日本海を航行する船舶などへの影響も懸念され、認められるものではありません。

 発射しないよう止めるための外交努力がどこまで通用するのか、私には判りませんが、一日も早く解決して欲しい問題のひとつであり、取り組みの進展を期待したいと思います。

2017n年7月28日(金)(№1926)

 今日は、静岡県富士市にきました。
 富士市の今日の天気は曇り、32.6℃でした。
 富士山は観ることができませんでした。

【ユニバーサル就労支援】

 富士市には、ユニバーサル就労という、いろいろな理由で働きたくても働けない人の就労を支援する制度がありますが、今日はその内容を調査するために富士市を訪ねました。

 富士市では、障がい者などにとどまらず、引きこもりなどにより就労が困難な方々を支援するという取り組みが行われています。

 今年の4月から始まったばかりですが、ユニバーサル就労推進条例という条例を議員提案で制定し、市長側にも財政上の措置を責務として義務づけるなど、全国でも初の試みと言われています。

 今日は、条例制定を担当した議員の皆さんのお話を聞かせていただき、実際に相談を受けている窓口の担当の方にもお話を聞くことができました。

 今後、函館でも同様の取り組みができないか検討していきたいと思います。

2017年7月27日(木)(№1925)

 函館の今日の天気は、曇り、最高気温は25.6℃でした。
 涼しく感じる天気で、上着を着ていても汗をかきませんでした。

【民進党 蓮舫代表 辞意表明】

 今日は稲田防衛大臣が辞任する意向を固めたことが報じられましたが、さらに、民進党の蓮舫代表が辞意を表明したというニュースも流れています。

 この2件は質の違う話ですが、辞めないという話から、一日、二日の間に、急に情勢変化があったようです。

 民進党の蓮舫代表辞任の意向について、こういうときにどうして挙党体制にならないのかと思ってしまいます。

 とりあえずは見守るしかありませんが、事態が好転することを切望します。

 ところで、昨日まで、北朝鮮の戦勝記念日である今日、ミサイル発射かと報道さっれていましたが、どうなったのでしょうか。

2017年7月26日(水)(№1924)

 函館の今日の天気は、曇り、最高気温は27.9℃でした。
 青空が広がり気持ちのよい天気でした。

【がん対策 検診の受診率の向上策は】

 北海道新聞社函館支社の伊藤支社長の呼びかけで行われている「函館・道南がん対策フォーラム」という集まりがありますが、市議会からも各会派から1名ずつ参加しており、私もメンバーに加えていただいています。

 今日は、その第4回の会合が開かれ、胃がん、大腸がん、乳がん、肺がんの検診等について、それぞれ会合に参加している医師から講演がありました。

 北海道は全国の中でもがん検診の受診率が低いほうで、ワースト10に入るようです。

 まずは受診率を向上させて行くにはどうしたらいいのかが課題になるでしょうか。

 前回の会合の中で、検診に対する市民の意識調査の結果が紹介され、受診しない人で、いつでも医療機関にかかれるから定期的に受診する必要性を感じないと考えている方が3割を超えていたと記憶していますが、ただ、受診しましょうと言うだけでは、なかなか取り組みは進まないだろうという印象です。

 インセンティブというとちょっと違うかもしれませんが、何かよいしかけはないでしょうか。

2017年7月25日(火)(№1923)

 函館の今日の天気は、曇り、最高気温は26.4℃でした。
 今日もそれほど暑さを感じない過ごしやすい天気でした。

 外回りをしながら、参院の予算委員会を車のラジオで聞いていました。
 今日も、昨日と同様、閣僚や参考人は「言っていない」「記憶にない」などの発言に終始し、安倍首相は、従前の答弁を修正というか翻すなどの一幕も見られました。
 次は証人喚問をしなければならないと思います。

【青函航路フェリー 一般客の利用増加 これも新幹線開業効果?】

 今日の日経で、青森-函館のフェリーで一般(徒歩で乗船)客が増加していると報じられています。

 新幹線より料金が割安なためか、開業の影響が一巡した今春以降も利用者数は前年を上回っている、と伝えられています。

 青函航路フェリーは、津軽海峡フェリーと青函フェリーの2社がありますが、北海道運輸局によると、2016年度の利用者合計は、前年度3%増の57万6127人で、トラックや乗用車と一緒の航走旅客は43万181人で4%減でしたが、一般旅客は31%増の14万5946人となったそうです。

 好調の主要要因は料金の安さだとされますが、それぞれの料金は、新幹線の新函館北斗-新青森間の片道通常料金は大人7460円、津軽海峡フェリーは3190円、青函フェリーは2000円です。

 新幹線開業前の特急白鳥の場合は、函館-青森間を、確か8000円くらい(割引適用だったと思いますが)で往復できていたと記憶していますが、新幹線の料金はこの約2倍ということになります。

 私は、反原発運動の集会等に参加するためなどで、年に2~3回、青森市に行きますが、一緒に運動している方たちから話を聞くと、新幹線は高いと感じるそうで、中には毎回フェリーでという方もいます。

 航路も旅客が増えるのはよいことだと思いますが、これも「新幹線開業効果」ということになるのでしょうか?

2017年7月24日(月)(№1922)

 函館の今日の天気は、曇り、最高気温は26.2℃でした。
 日中も過ごしやすい天気でした。

【衆院予算委員会 加計学園問題】

 今日は衆議院予算委員会が開かれ、国会中継が行われましたが、結局、全部観てしまいました。

 焦点の加計学園問題は、獣医学部の新設について加計学園への認可ありきだったのではないかというのがポイントでしたが、 参考人も出席する中、自民、公明、民進、共産、維新の議員が質問に立ちました。

 自民、公明の質問は、安倍首相の関与はなく、獣医学部新設が加計学園に決まったことは何の問題もないという「印象操作」に終始するような内容でした。

 野党からの質問に対しては、政府、参考人の多くは、お決まりの「記憶にない」「記録がない」のオンパレードで、注目していた和泉首相補佐官と前川前文部科学省事務次官の主張の食い違いも、どちらの主張が事実なのかまでは明らかになりませんでした。

 当然のことですが、訊かれたほうは自分に不利なことを話すわけはないので、ほとんどの答えは「なかった」「言っていない」に終始するものでした。

 その中で、自分の所属政党だからいうのではありませんが、民進党の大串議員、玉木議員、今井議員の質問は、結構鋭かったなという印象です。

 玉木議員は、獣医学部新設の4条件を取り上げ、家計学園の新設についてそれが十分検証されずに認められたのではないかと迫りました。

 政府は2015年6月に規制緩和策などを盛り込んだ成長戦略を閣議決定していますが、この中で、愛媛県今治市が国家戦略特区での新設を提案したことを踏まえ、(1)既存の獣医師養成でない構想(2)ライフサイエンス(生命科学)などの新たに対応すべき分野で具体的な需要(3)既存の大学・学部では対応困難(4)獣医師の需要動向も考慮--を新設の条件とした経過があります。

 玉木議員は、この(3)について、既存の獣医学部のある16大学に確認したのかと質したところ、山本地方創生担当相は、「規制で守られている対象に訊くのは中立性を損なうから訊いていない」と答弁しました。
どうやって4条件がクリアされていると確認できたのでしょうか。

 結局、既存の大学に訊いて、その内容の教育なら当大学で可能ですなどとなろうものなら、加計学園に認可する根拠がなくなってしまうため、訊くわけにはいかないというのが本当のところだったのではと推察されます。

 私ごときが、国会議員の先生の質問の仕方を批評するなどおこがましくて恐縮ですが、こうした類の質問を重ね、論理矛盾が生じないかどうかを徹底的に追及してみるべきではないかと思います。

 明日は参議院予算委員会ですが、さらに追及が深まることを期待します。

2017年7月23日(日)(№1921)

 函館の今日の天気は、曇り、最高気温は27.0℃でした。

【函館市 豪雨への対策は十分か】

 22日未明に降った雨で、函館市内では、52件の消防通報が寄せられ、住宅の床上浸水9件、床下浸水8件、道路の冠水6カ所の被害を確認したと報じられています。

 家屋の浸水被害は、昭和4丁目に集中し、一部の道路が河川のようになったと伝えられています。

 正直言って、ここがそのようになる箇所だという認識はなかったのですが、今までは許容量を超える雨は降ることがなく、今回は初めて超えたということなのでしょうか。

 被害にあった方は、道路の排水対策を講じて欲しいと述べたことが新聞に掲載されていますが、他の箇所よりも排水能力などが弱いのかもしれません。

 もちろん水害対策は取られていると思いますが、今一度、点検が必要かもしれません。

2017年7月22日(土)(№1920)

 未明に豪雨となりましたが、市内でも冠水した箇所があったようです。
 雨による災害対策が十分なのか、あらためて確認が必要と思われます。

【伊方原発運転差止仮処分申請 松山地裁が却下】

 昨年8月に再稼働した伊方原発(愛媛県伊方町)3号機の運転差止の仮処分を求めた住民の訴えについて、松山地裁は21日に、「新規制基準に不合理な点はない」として申し立てを却下する決定をしたことが報じられています。

 その一方で、非難計画については、今後の適切な見直しがない場合に違法となり得る可能性も言及したことが伝えられています。

 新規制基準については、原子力規制委員会が「安全性を保証するものではない」と表明しており、新規制基準に適合したとしても、安全性が確保されるものではないはずです。

 いつも言っていることですが、原発の安全性というのは想定した範囲の事象に対応できるというだけであり、それを超える事象に対応できる保証はありません。
 その点は司法もきちんと押さえるべきだと思いますが、今回の判断も電力会社へ配慮したものとなってしまいました。

 また、住民の避難について、県の計画では、伊方原発より西の住民は状況に応じて船で愛媛県内外に避難すると想定されているそうですが、その住民は港までは車で行くしかなく、車を持っていない住民からは避難できないとの声があることも伝えられています。

 高門・伊方町長は、避難行動計画は「訓練によって検証、反省し、より良いものに改善する努力を続けたい」としているようですが、結局、住民の安全よりも原発の稼動は優先されていることにならないでしょうか。
 
 避難計画とて想定される事象の範囲で作られているわけですから、事態によっては避難できないリスクも考えないとならないはずです。

 東日本大震災での福島第一原発事故に学ばなければならないはずが、それがなかったかのような司法の判断には憤りを感じます。

2017年7月21日(金)(№1919)

 函館の今日の天気は、曇り、最高気温は32.4℃でした。
 今年の最高気温となったそうです。

【自転車と歩行者の安全な通行環境の確保を】

 札幌市で、19日に、男性が自転車で歩道を走行していたところ、歩行者に衝突し、歩道沿いの建物の壁に頭をぶつけて死亡したという事故が報じられています。

 自転車は原則、車道の左端を通行することになっていますが、事故が起きた現場は自転車の歩道の通行が認められていた区間だったそうです。

 この事故は自転車のスピードに出しすぎが原因の一つのようですが、場合によっては歩行者のほうが犠牲になっていたかもしれません。

 道警によると、過去10年間に自転車同士や自転車単独での事故が88件起きており、4人が死亡しているそうです。

 このような事故は、どこでも起こる可能性があり、通行環境の整備や交通ルールの遵守の徹底などについて、私も何度か議会で取り上げて質問してきました。

 自転車は原則車道と改めて明示された以降も、歩道を通行するのが当然のようになっており、歩行者と接触しそうになったり、あるいはスマホを見ながら走行するなどの光景に出くわします。

 学校等では、交通安全啓発は行われているとは言いますが、実践にはつながっていないのではと思います。

 また、高齢者などは、自動車の往来の中、交通ルールを守らず自分勝手に自転車に乗っている光景もよく目にします。

 歩道の自転車通行可となっている区間でも、歩道には、例えば街路樹枡やゴミ収集日に出されているゴミ袋があったりして、決して通行環境が良いとは言えません。

 函館市の第10次函館市交通安全計画では、道路交通環境整備として「自転車利用環境の総合的整備」がうたわれていますが、計画的な対策を進めて欲しいと思います。

 また機会を捉えて議会でも取り上げていきたいと思います。

2017年7月20日(木)(№1918)

 函館の今日の天気は、曇り、最高気温は27.3℃でした。
 蒸し暑く感じる天気でした。

【国政の一連の問題 真相を明らかに】

 森友学園、加計学園問題を初め、昨日の稲田防衛大臣の日報隠蔽関与疑惑など、国政は問題が続出ですが、早く真相を明らかにして欲しいと思います。

 今日も山本規制改革担当大臣が、加計学園をめぐる獣医学部新設に関わる記録について否定していましたが、一体、誰のどの話が本当なのでしょうか。

 これまでも、記録が無いのかと訊かれれば、「ない」「破棄した」と言い、文書の存在を指摘されれば、「怪文書であり真偽は判らない」と言い、発言や行動などあったかと訊かれれば、「記憶にない」「記録がなく確認できない」などという発言ばかりです。

 24日に安倍首相が出席しての審議が行われることになりましたが、決着を図って欲しいと思います。

2017年7月19日(水)(№1917)

 函館の今日の天気は、曇り、最高気温は23.5℃でした。
 今日も涼しい一日でした。

 今日は、久しぶりに「やめるべ戦争!19日行動」に参加しました。

写真 2017-07-19 18 02 47


 安全保障関連法の廃止を求めて、毎月19日に、函館駅前か本町交差点で、街頭アピール行動が行われていますが、3カ月ぶりの参加でした。

【自衛隊の南スーダンPKO派遣日報の隠蔽問題】

 やめるべ戦争!19日行動でもスピーチしたのですが、今朝の新聞等で、南スーダンPKO派遣部隊の日報を廃棄したとしながら陸上自衛隊が保管していた問題で、稲田防衛大臣が保管の事実を非公表とするとの方針を幹部から伝えられ、了承していたことが分かったと報じられました。

 そうすると、その後の報道で、稲田防衛大臣は、「隠蔽を了承したとか、非公表を了承したという事実はない」とし、防衛相として非公表を决めたプロセスへの自身の関与を否定した、と伝えられています。

 私ごときは、当然、報道されていることしか知りえませんが、どうしようもないなと思うのは、防衛大臣ともあろう方が、「私は関与していない」と責任逃れしようとすることです。

 「関与していない」と言えば、周りから「そうなら稲田さんは悪くないよね」などと言ってもらえて、自分は責任を取らなくてもよくなるとでも思っているのでしょうか。

 もし、大臣が隠蔽を了承したなら、そのように判断した責任が問われます。
 一方、関与していなかったら、大臣の判断なしに部下たちが决めたことになり、管理能力や防衛省内の仕事の仕方が問われるべきで、当然、大臣の責任も問われるでしょう。

 いずれにしても、最終的な責任は大臣が取らなければならないことになるのですが、稲田防衛大臣はそのことを解っているのでしょうか。

 8月3日に安倍内閣の改造が行われると報じられていますが、もし、防衛大臣が交代となるとしても、稲田氏は、今回のことを含め、この間、引き起こした一連の問題についても責任の所在をきちんと整理し、国民にきちんと説明してから降りるべきだと思います。

 そして、言い過ぎかもしれませんが、そのまま国会議員もお辞めになったらいいのではないかと思います。

2017年7月18日(火)(№1916)

 函館の今日の天気は、曇り、最高気温は23.4℃でした。
 涼しい一日でした。

【公共政策学】

 最近、公共政策学というものを学習しています。

 「入門 公共政策学」(中公新書)によると、公共政策というのは、「公共的問題を解決するための、解決の方向性と具体的手段」と定義されるようです。

19989300_1073083266125487_2692257159799339269_n.jpg


 「公共的問題」とは、「社会で解決すべき問題と認識された問題」であり「政策問題」と称されるとあります。

 この政策問題をどのように解決するのかが公共政策学のテーマだと言えますが、問題がどのように発見・認識されるのかなど、プロセスも重要視されます。

 議会での議案の審査や質問にも役立てられそうだと思い、ノートも作りながら学んでいます。

2017年7月17日(月)(№1915)

 函館の今日の天気は、曇り、最高気温は27.8℃でした。
 陽が陰っていると涼しくさえ感じる天気でした。

【工房・虹と夢 虹まつり】

 今日は、自分も法人の社員を務める「工房・虹と夢」の虹まつりが行われました。
 本当は昨日の予定だったのですが、雨で順延となり、今日の開催となりました.
 昨日は大間町に行っていたので、昨日の開催なら参加できなかったのですが、順延となったことで参加することができました。

写真 2017-07-17 12 38 33 (1280x958)


 いろいろな模擬店や、野菜の即売、そして抽選会もあって、来場された方は楽しんでいただけたのではないでしょうか。

 地域に開かれた施設であることをめざす、工房・虹と夢ですが、これからも地域に愛され続ける存在であって欲しいと願っています。

2017年7月16日(日)(№1914)

 函館の今日の天気は、雨のち曇り、最高気温は25.7℃でした。
 今日は、大間原発建設反対現地集会へ参加するために大間町へ行ってきました。
 大間町も日中は凄い雨でした。

【大MAGROCK vol.10】

 「大間原発建設反対現地集会」というのは、実は、前日の土曜日から行われる「大MAGROCK」という音楽イベントの一環として開催されおり、今年10回を数えます。

 「大MAGROCK」は15日の12時から、大間原発建設敷地に隣接する一坪地主共有地で開催されましたが、今日16日の12時からは同じ場所で「大間原発建設反対集会」が開催されました。

 大間原発建設反対に取り組む道南や青森県の団体のほか、福島県をはじめ、地元の原発の再稼動などの問題に取り組んでいる方々も参加し、それぞれから取り組みや現状が報告されました。

 私も函館市議会議員の立場でスピーチの機会をいただきましたので、函館市の大間原発建設差止訴訟の経過や市議会での取り組みについて話をさせていただきました。

 集会の後は、激しい雨の中、大間町内をデモ行進しました。

 大間原発の建設差止などを求めて住民の方たちが函館地裁に提訴した裁判は、6月30日で結審しました。
判決がいつ出るのかは未定ですが、この裁判の結果が、函館市の訴訟にも大きく影響すると思われます。
必ず勝訴することを期待したいと思います。

2017年7月15日(土)(№1913)

 函館の今日の天気は、曇り、最高気温は29.6℃でした。
 それにしても、毎日、気温が高くたいへんです。

【安倍内閣支持率29.9% 不支持率は48.6%】

 時事通信が7~10日に実施した世論調査で、安倍内閣の支持率が前月比15.2ポイント減の29.9%となったことが報じられています。

 2012年の第2次安倍内閣発足後、最大の下げ幅とのことで、3割を切ったのは初めてだそうです。

 新聞記事では、加計学園の獣医学部新設問題や、稲田防衛相の都議選での失言など、閣僚の言動も影響したと見られると書かれていますが、個人的には、一昨年の安全保障関連法制定などのときなど、これまで下がらなかったほうが不思議だという感想です。

 さすがにこれだけ不祥事とも言える事案が相次げば、国民もさすがに黙ってはいないということでしょうか。

 来月3日に内閣改造を行う見通しと伝えらえていますが、もう総理自身がお辞めになったほうがいいのではないかと思います。

 そして、国民も喉元過ぎればなんとやらではなく、この間、安倍政権が行ってきたことを忘れないようにして、次の選挙では国民の意思として反映させて欲しいと思います。

2017年7月14日(金)(№1912)

 函館の今日の天気は、曇り、最高気温は30.0℃でした。
 昨日と同じ気温ですが、風があったので割りと過ごしやすい天気でした。

【青少年育成フォーラム】

 今日は、市民会館で開催された函館保護観察所などが主催する「青少年育成フォーラム」に、保護司として参加しました。

 これは、社会を明るくする運動の一環として、青少年の非行防止と児童・生徒が安心て暮らせる地域づくりをテーマに、毎年、取り組まれています。

 フォーラムでは、「社会を明るくする運動 内閣総理大臣メッセージ」の伝達や、青少年の非行・被害防止道民総ぐるみ運動 北海道知事メッセージ」の伝達が行われました。

 また、「少年の主張」渡島大会で入賞した中学生4人の意見発表が行われ、さらに助言者を交えての意見交換も行われました。

 意見発表を行った中学生たちは、人前で意見を発表することに興味があり応募したとのことでしたが、発表ぶりは堂々としていました。

 学校によっては校内コンペの形をとっているところもあるそうですが、自分の成長の機会になると思うので、多くの中学生にチャレンジしてみて欲しいと思います。


2017年7月13日(木)(№1910)

 函館の今日の天気は、晴れ、最高気温は30.6℃でした。
 午前は外回りをしていましたが、かなり暑く感じました。

 今日は新盆でしたが、私も墓参りに行ってきました。

【加計学園問題 予算委員会に安倍首相出席の意向】

 加計学園問題について、安倍首相出席のもとで予算委員会集中審議が行われることになったことが報じられています。

 自民党は、首相が出席しての審議は行わないとしていましたが、今日13日、安倍首相が竹下国対委員長に出席することを電話で伝えたとされています。

 最初から出席したら良かったのではないかと思いますが、少なくとも10日の審議で見られたような、屁理屈をこね回すような答弁では、国民は納得しないということを肝に命じて臨んで欲しいものだと思います。

2017年7月12日(水)(№1910)

 函館の今日の天気は、曇り、最高気温は28.5℃でした。

【市議会 民生常任委員会委員協議会】

 今日は、市議会の民生常任委員会委員協議会が開かれました。

 議題は、(1)廃棄物処理施設整備基本計画の検討について、(2)病院事業経営における今後の対応について、の2件でした。

 (1)については、市のゴミ焼却施設の整備に関する検討委員会というのが設置されていますが、そこで議題になったことや議論されたことを議会にも提示してもらい議論しているものです。

 現在、日乃出町の環境部庁舎にゴミ焼却施設はありますが、この間、将来に向けて、新設するか現在の場所で改修するかが議論され、結論は現在の場所で改修という方向が決まりました。
 
 今後は、附帯する案件について整理を図っていくことになりますが、今日は、
①環境保全対策、②エネルギー利用方策、③生活環境影響調査、の取り組みについて示されました。

 (2)については、この度、市立病院の2016年度の経営実績が取りまとめられ、6月20日に事業経営改革評価委員会に示されましたが、そこでの議論の報告も含め、議会への説明がありました。

 9月に決算委員会も予定されていますので、私は、財務状況の質疑はそちらの機会に行うこととし、医師や看護師の充足状況や継続的に確保していくための方策等について質疑しました。

 また、民生常任委員会の所管事務調査について、今年度は、「介護予防の推進について」を案件として取り組むことが確認されました。

 2年前の介護保険法の改正により、「介護予防・日常生活総合支援事業」というのが市区町村の事業としてスタートし、函館市もこの4月から地域の実情に応じた介護予防事業が開始されています。
 
 その中で、函館市の地域の実情にあった介護予防の推進方策について調査することにより、今後の取り組みの推進に役立てることを目的とすることが、今日の委員会で確認されました。

2017年7月11日(火)(№1909)

 函館の今日の天気は曇り、最高気温は29.8℃でした。
 風があったので昨日よりは、涼しく感じる天気でした。

【共謀罪法施行】

 今日7月11日は、先月15日に強行採決され成立した「組織犯罪処罰法改正法」=共謀罪法の施行日です。

 あれから約1カ月が経ちますが、政府からの丁寧な説明もありませn。

 今日は、施行に抗議して市内大門グリーンプラザで、「戦争をさせない道南総がかり行動」による集会とデモが行われました。

写真 2017-07-11 18 06 23 (1)


 日本の刑法は原則として犯罪の既遂を罰するものですが、今度は277の犯罪について計画や準備行為の段階で罰せられることになってしまいましたが、依然として組織的犯罪集団とは誰なのか、何が計画とされるのか、何が準備行為とされるのか、全く不明のままです。

 日常から監視しなければ、計画や準備行為の有無は判らないとしか考えようがありませんが、今後、官憲による監視が強まるのではと懸念されます。

 国民の人権やプライバシーは果たして守られるのかなど、不安はつきませんが、とにかく廃止を求めて反対し続けるしかありません。

2017年7月10日(月)(№1908)

 函館の今日の天気は晴れ、最高気温は31.4℃でした。
 今日もまた今年の最高気温となりました。渡島・檜山地方の各地は軒並み最高気温を更新したようです。

【今日は政策のセミナーを受講】

 今日は、政策のセミナーに参加しました。

 テーマは、「地域包括ケア実現のための地方議会の役割-議会質問のヒント」「地域を消滅させないために何が必要か-持続可能な医療、介護」で、講師は、城西大学の井関友伸教授でした。もともとは埼玉県庁の職員だった方です。

写真 2017-07-10 14 05 47


 セミナーの内容は、これから本格化する少子高齢社会の中で、どのように持続可能な地域をつくるか、というものですが、地域活性化のための医療・介護のあり方という、これまでとは少し違った切り口の話でした。

明日もまた引き続き政策セミナーに参加します。

2017年7月9日(日)(№1907)

 函館の今日の天気は晴れ、最高気温は29.4℃でした。
 昨日に続き、今年の最高気温を更新したようです。

【被ばく国-日本の役割を果たすべき 核兵器禁止条約】

 核兵器を非合法化する「核兵器禁止条約」が、今月7日にニューヨークの国連本部で採択されました。

 内容は、被ばく者の苦しみに留意、平和や核軍縮教育の普及、核兵器の開発・実験・製造・保有を禁止などとなっています。

 しかし、核兵器保有国である、米ロ英中仏や米国の「核の傘」に依存する日本は参加しなかったと伝えられています。

 被爆国としては、本来であれば先頭に立って、ヒバクシャの思いに応えるべきではないかと思います。

2017年7月8日(土)(№1906)

 
 函館の今日の天気は晴れ、最高気温は28.4℃でした。
 今年の最高気温を更新したようです。

【渡島地方消防訓練大会】

 今日は、函館市の緑の島で、渡島地方消防総合訓練大会が開催され、渡島管内各市町の16の消防団の670人が参加し、日頃の訓練の成果を披露しました。
 毎年、各地持ち回りで開催されていますが、今年は函館市での開催となりました。 

DSCN1925.jpg


 訓練内容は、小隊訓練と小型ポンプ操法でした。

DSCN1933 (1280x944)
小隊訓練

DSCN1945.jpg
小型ポンプ操法訓練

DSCN1964 (1280x960)
小型ポンプ操法訓練の放水


 消防団の方々は、普段は仕事をもちながら訓練を積み、市民の安全を守ってくださっていますが、今日の訓練を見て、頼もしく感じるとともに、そのご労苦に感謝と敬意を表したいと思います。

2017年7月7日(金)(№1905)

 函館の今日の天気は晴れ、最高気温は27.2℃でした。

 今日は、3年ぶりに、自分の後援会などが主催するビアパーティーが市内のホテルで開かれました。
約300名の方にご出席いただき、バンド演奏や抽選会が行われました。

写真 2017-07-07 19 11 38 (1280x945)


 ご来場くださったみなさまに感謝申し上げます。

2017年7月6日(木)(№1904)

 今日は、党務のため、札幌に日帰りで出張しました。
 札幌の今日の天気は、晴れ、最高気温は29.1℃でした。
 陽射しがかなりきつく感じました。

 九州の福岡や大分での大雨による被害はかなり甚大なようです。
 犠牲となった方もいらっしゃるようですが、これ以上、被害が拡大しないことを祈ります。

 今日は、民進党北海道での会議に出席し、当面の取り組みについての話などを聞きましたが、9月に「共謀罪の廃止」や「憲法改悪反対」についての全道キャラバンなどが行われる予定のようです。

 さて、明日は、3年ぶりに、自分の後援会などが主催するビアパーティーが市内のホテルで開かれます。
 気温も高そうなのでビアパーティーにはもって来いの日和になりそうです。

2017年7月5日(水)(№1903)

 函館の今日の天気は、曇りのち晴れ、最高気温24.4℃でした。
 午後からは快晴となりました。

 大分県などは大雨でたいへんなことになっているようですが、一刻も早く収束することを祈りたいと思います。


【「市政ニュース」 第52号 2017年夏号】

 市議会第2回定例会の報告用の議会だよりができました。

市政ニュース1

市政ニュース2
 
市政ニュース3

市政ニュース4

 Facebookにもアップしましたが、友人達からは「書き方・内容が固い」と批評を受けました。
 言われてみればそのとおりかもしれません。
 やはり読みやすさや親しみやすさは大切です。

 議会に送っていただいて10年となりましたが、これを機に議会だよりもゼロから見直してみることも必要かもしれません。

2017年7月4日(火)(№1902)

 函館の今日の天気は、雨、最高気温18.8℃でした。
 6月上旬並の気温とのことでしたが、確かに少し肌寒く感じる天気でした。

【六ケ所再処理工場 建設費2.9兆円 建設中止すべきでは】

 原発の使用済み燃料を再処理する日本原燃の「六ケ所再処理工場」の建設費が、新規制基準への対応で約7500億円増えて約2兆9千億円になることが分かったと報じられています。当初の見込みの4倍近くに膨らむことになります。

 また、維持管理費も増え、完成後40年間の総事業費は1.3兆円増の13.9兆円に上るとされています。

 これらの費用は電力会社から集められますが、元をたどれば電気料金として利用者が負担することになります。

 六ケ所再処理工場は1989年に事業を申請した当初は97年に完成する予定で、建設費は7600億円を見込んでいましたが、設備のトラブルが相次ぎ、完成は22回延期されています。

 大間原発とともに核燃料サイクルの一部ですが、すでに破綻していると受け止めるべきで、技術的にも完工の目処がなく、さらに稼動できたとしても原発が1年で出す放射能を再処理工場は1日で出すといわれるくらい危険なものであり、再処理工場の建設は中止するほかないと思います。

2017年7月3日(月)(№1901)

 函館の今日の天気は、雨、最高気温21.3℃でした。

【内閣支持率38% 不支持は42%】

 朝日新聞が1、2日に行った全国世論調査で、安倍内閣の支持率が38%、不支持率は42%となり、2015年12月以来、約1年半ぶりに不支持を下回ったことが報じられています。

 その安倍首相ですが、東京新聞によると、3日午前、東京都議選で自民党が歴史的大敗を喫したことを受けて「大変厳しい都民の審判が下された。党に対する厳しい叱咤と深刻に受け止め、深く反省しなければならない」と語ったとされ、「党一丸となってしっかりと態勢を整え、結果を出していくことによって、国民の信頼を回復していきたい」とも話し、政権運営の立て直しを図る考えを示したと伝えられています。
 
 また、この後、自民党本部で開かれた臨時役員会で、首相は「国会運営のことを考えてほしい」と表明し、野党四党が加計学園の獣医学部新設問題などを巡り、臨時国会の早期開催や各種委員会の閉会中審査を要求していることを踏まえ、自民党は閉会中審査に応じる方向で検討することにしたとも伝えられています。
 
 安倍首相以下、閣僚も含め、もう今さら深く反省などしなくてもいいので、速やかに閉会中審査に応じて整理を図り、目処がついたら即刻退陣していただくよう求めたいと思います。

2017年7月2日(日)(№1900)

 函館の今日の天気は、曇り、最高気温25.7℃でした。

 今日は「2017はこだてマラソン」が行われましたが、日中は風が強かったようですが、ランナーのみなさんにも影響があったのではないでしょうか。

 昨日1日には、航空機が視界不良で函館空港に着陸できない事態となり、大会参加者にも影響が出たということが報じられていましたが、大会は無事終わったとのことで良かったと思います。
 走られた方、応援された方、運営にあたられた方、みなさんたいへんお疲れさまでした。


 さて、今日は東京都議会議員選挙の投開票日でした。
 ブログを書きながら、インターネットで開票速報を見たら、都民ファーストが49議席を獲得したとなっていました。
 自民は前回(59議席)の3分の1程度にとどまるようです。

 自治体議員選挙でこれだけ注目される選挙は都議選だけだと思いますが、それだけ国政などに与える影響が大きいということなのでしょう。

 この結果が、次にどのような展開を生むのか、国政に何か変化が見られるのか、注視しなければならないと思います。

«  | ホーム |  »

私のブログへようこそ

函館市議会議員の「みちはた克雄」でございます。 ブログをご覧いただきありがとうございます。 函館市政や市議会のこと,私の活動のお知らせはもちろん,国や各都道府県・市区町村での出来事などについても私の考えをコメントさせていただきます。

プロフィール

函館市議会議員 道畑克雄

Author:函館市議会議員 道畑克雄
1961年札幌市生まれ。
少年期を千歳市で過ごし,1974年函館市民に。
1980年函館東高卒業。同年より,函館市役所に勤務。
2006年退職。
2007年函館市議会議員に初当選。現在3期目。
所属会派~「民主・市民ネット」(会派幹事長)
市議会民生常任委員、議会運営委員。
民進党北海道第8区総支部副代表

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスカウンター

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (2009)
twitterまとめ (1)

Facebookページ「函館市議会議員 みちはた克雄」も開設しています

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR