2016-03

2016年3月30日(水)(№1441)

 こんばんは。
 函館の今日の天気は、雨のち曇り、最高気温10.6℃でした。

【札幌市議会 人格否定のヤジは許されない】

 札幌市議会で29日に民主党や共産党などの会派が安全保障関連法の廃止を求める意見書を提出し、共産党市議が賛成討論をした際、「精神鑑定を受けた方がいいんじゃないのか」とのヤジを受けていたことがわかったことが報じられています。

 共産党市議団は自民党市議が発言したとし、市議会自民党議員会の会長あてに抗議文を提出し、発言の撤回を求めたとされていますが、もし本当なら、議会全体で質すべき問題だと思います。

 自民党の市議の発言だったということですが、時の権力に逆らうなどどうかしているのではないかといった、奢りの現れではないでしょうか。
スポンサーサイト

2016年3月29日(火)(№1440)

 こんばんは。
 函館の今日の天気は、曇り、最高気温13.0℃でした。

【安全保障関連法 今日29日施行】

 安全保障関連法が、今日29日施行されてしまいました。
 しかし、法律として成立しているとは言え、憲法に違反していることや、国民合意がないことを考えると、施行を認めるわけにはいきません。

 今日は、函館でも大門グリーンプラザで、施行に抗議して集会とデモが行われました。

DSCN1357 (1280x944)
民主党函館支部を代表してあいさつする高橋とおる道議会議員


 安全保障関連法の問題点は、もう申し上げる必要もないと思いますが、これからも反対し、廃止を求めて闘い続けます。

2016年3月28日(月)(№1439)

 こんばんは。
 函館の今日の天気は、晴れ、最高気温11.6℃でした。

【アメリカ 核再処理に懸念 六ケ所の再処理・大間稼働に影響するか?】

 昨日の東京新聞で、アメリカで31日に始まる核安全保障サミットを前に、原発の使用済み燃料を再処理してプルトニウムを取り出し、再利用する核燃料サイクル事業にアメリカが神経をとがらせている、と報じられています。

 背景にあるのはオバマ大統領が問題視するプルトニウムの大量保有で、核兵器6千発分相当の48トンを抱える日本は核燃料サイクル事業実現で減らすと強調するが、めどが立たない現状にアメリカが疑問を呈した形だ、とも伝えられえています。

 一方、六ケ所の再処理工場は、予定では20年前に完工するはずだったのが、トラブル続きで23回も完成が延期され、建設費も当初予定の3倍の2.2兆円となっています。

 当然、私たちとすれば再処理実施には反対であり、核燃サイクルの一環である再処理実施や大間原発建設には全市をあげて反対し、訴訟をはじめ取り組みを進めています。

 アメリカは核戦略上の問題から再処理に懸念を示しているとのことなので、私たちが反対する理由とは少し趣が違うかもしれませんが、日本政府に再処理を止めるよう求めて欲しいと思います。

2016年3月27日(日)(№1438)

 こんばんは。
 函館の今日の天気は、晴れ、最高気温11.3℃でした。

 今日は、午前に町内会の行事に参加し、その後、新幹線開業記念イベントのひとつである函館駅前で行われていた「つながるニッポン祭り」に行ってみました。

 新幹線沿線食堂と題し、各新幹線の沿線地域からラーメンの店などが出店されていたほか、南茅部地区の郷土芸能である「安浦駒踊り」も披露されていました。

DSC_0222.jpg


DSC_0231 (1280x855)


 せっかくなので、行きは五稜郭駅から函館駅まで道南いさいりび鉄道の「ながまれ号」に、帰りは函館駅から「はこだてライナー」に乗ってみました。

DSC_0185 (1280x853)
道南いさりび鉄道の「ながまれ号」 
新幹線開業に伴い並行在来線となる木古内-五稜郭間が第三セクターとなりましたが、新たな観光資源となるよう成長・発展して欲しいと思います。


DSC_0202 (1280x811) (2)
函館駅と新函館北斗駅をつなぐ「函館ライナー」


 函館駅では、函館-札幌間の北斗の臨時号に使用されている「NORTH RAINIBOW」を見ることもできました。

DSC_0239 (1280x831)
「NORTH RAINBOW」

 函館駅は人とすれ違うのもたいへんなほど混み合っていましたが、この賑わいが続いて欲しいものです。

2016年3月26日(土)(№1437)

 こんばんは。
 函館の今日の天気は、晴れ、最高気温9.6℃でした。

【祝!北海道新幹線開業&道南いさりび鉄道開業】

 今日はご案内のとおり、北海道新幹線と道南いさりび鉄道の開業日でした。
 せっかくの開業日なので、イベントなどに出かけてみようと思いましたが、駅などをはじめ混みあうだろうと思い、市議として出席を予定していた開業祝賀会への出席だけにして、あとは大人しくしていることにしました。

DSCN1343.jpg
開業祝賀会での鏡開きの様子


 しかし、祝賀会に出ているうちに、撮り鉄の血が騒ぎ出し、結局、新幹線の撮影に行ってしまいました。

DSC_0938 (1280x854)
青函トンネル(知内町湯の里)から姿を見せた「はやぶさ19号」


DSC_0139 (1280x853)
木古内駅を通過する「はやぶさ34号」


 何はともあれ、まずは無事、開業となってよかったと思います。
ただ、開業がゴールではありませんので、今後、どれだけまちづくりに活かせるか、その取り組みが大切になるでしょう。

 さて、明日は、いさりび鉄道の「ながまれ号」を撮影できればと思います。

2016年3月25日(金)(№1436)

 こんばんは。
 函館の今日の天気は、曇り、最高気温6.9℃でした。

【高校生と政治活動 学校への届け出義務化は違憲の疑い!?】

 東京新聞の社説で、高校生の校外での政治活動を学校へ届け出制は憲法違反の疑いがあるとの論説が掲載されています。

 前にも紹介しましたが、愛媛県の全県立高校が校則を変えて、校外での政治活動に参加する生徒に、前もって学校に届け出る義務を課すこととしました。

 この校則変更について、県知事は、公職選挙法違反事件に巻き込まれる可能性がある、今の段階では未成年を守るのは大事だと思う、と語り理解を示したそうですが、自分で判断できるようにするのも教育の役割ではないかと思います。

 知事の発言は選挙活動と政治活動を混同しているようでもありますが、高校生のときに判断できる力を養わなければ、卒業後、自然とそういう見識が身につくわけでもないのではと思います。

 北海道では、道議会での質問で、道教委が届け出の必要はないと答弁したと聞いていますが、賢明な判断だと思います。

 この問題については、学校に任せるとしている県教委もありますが、一方、文科省が届け出を義務化する校則も可という判断を示しています。

 法律で認められていることに、学校が規制を課すというのは憲法違反だとの指摘を踏まえて関係者は判断するように求めたいと思います。

2016年3月24日(木)(№1435)

 こんばんは。
 函館の今日の天気は、曇り、最高気温6.6℃でした。
 時々、霰が降るなど変わりやすい天気でした。

【公選法改正案 来週にも成立へ 駅・ショッピングセンターで投票可能に】

 今日の衆議院本会議で、国政や地方選挙の投票日に、自治体の判断で駅やショッピングセンターなどに設置される「共通投票所」での投票が可能になる公選法改正案を自民、民主、公明、維新、おおさか維新の会などの賛成多数で可決したことが報じられています。

 改正案は、現在1カ所に限られている投票日当日の投票所について、多くの人が集まる駅やショッピングセンターにも「共通投票所」を自治体の裁量で設置できる。同じ自治体の有権者なら誰でも投票が可能となるものです。

 午前8時半から午後8時までとなっている期日前の投票時間を前後2時間ずつ拡大。実施後に延長幅をさらに増やすかどうか再検討することも伝えられています。

 改正公選法は7月の参議院議員選挙から適用されるそうですが、果たして、投票率の向上に繋がる取り組みとなるでしょうか。

2016年3月23日(水)(№1434)

 こんばんは。
 函館の今日の天気は、曇り、最高気温6.0℃でした。
 一時的ですが霰が降るなど、寒く感じる天気でした。

【安保関連法 3月29日施行を閣議決定】

 政府は22日、安全保障関連法の施行日を3月29日とする政令を閣議決定したことが報じられています。

 同法については審議の段階から憲法学者らに憲法違反と指摘されたのをはじめ、法律の必要性についてもほとんど解明されることのないまま、昨年9月19日に強行採決で可決成立となりました。

 安倍首相は国民に丁寧に説明をしていくなどと言ったものの、今日まで何ら納得できる説明はされていません。
 安全保障関連法で、PKOでの駆けつけ警護が可能となりましたが、南スーダンでの国連平和維持活動(PKO)に関しては、安保法で可能となる離れた場所にいる非政府組織(NGO)職員らを防護する「駆け付け警護」や、他国軍との宿営地の共同防護の実施を今秋以降に先送りする考えが示されました。

 いずれも夏の参院選への影響を避ける狙いがあると言われていますが、もしそれが理由だとしたら、政府・与党自身が駆けつけ警護について国民の理解が得られていないと考えていることの証左ではないでしょうか。
 
 駆けつけ警護については、先日、相手方が武装集団である場合は対象としないなどの考えも示されましたが、これらも考え合わせると、必要性の有無や是非を整理しないまま安保関連法案を提案していたことになります。
 そんなことが許されるのでしょうか。
 
 また、野党5党が共同提出した安全保障関連法の廃止法案についても、審議入りしないとの意向を示しそのまま放置している状況ですが、政府・与党が、「合憲であり、ベストな法制」というなら、正々堂々と審議したらいいのではないでしょうか。

 3月29日は、安全保障関連法の施行に反対するための行動が呼びかけられていますが、函館でも大門グリーンプラザで集会が行われる予定です。

 改めて安全保障関連法の廃止を求めて声を上げなくてはなりません。

2016年3月22日(火)(№1433)

 こんばんは。
 函館の今日の天気は、曇り、最高気温7.4℃でした。
 昨日よりは風は強くないものの、寒く感じる天気でした。
 今週は、最高気温は一桁の予報です。

【新函館北斗駅と渡島大野駅】

 今日は北斗市の開発(旧大野町)に行く用務があったので、ついでと言っては何ですが北海道新幹線の新函館北斗駅を観てきました。

 駅周辺はまだ工事が完了していないようで、何だか落ち着かない雰囲気ですが、平日にも関わらず、見学者が多い印象でした。

 駅の中の店などは、キヨスク以外はオープンしており、賑わっておりました。

写真 2016-03-22 11 38 54 (1280x945)
新函館北斗駅の外観


写真 2016-03-22 11 33 10 (1280x960)
駅前の様子


写真 2016-03-22 11 32 47 (1280x960)
駅舎の2階 写真の奥が「BENTO CAFE」、左手が北斗市観光交流センターになっています。


写真 2016-03-22 11 32 20 (1280x944)
「みどりの窓口」と新幹線ホームへの改札口はまだ閉鎖されています。(当たり前ですが)


写真 2016-03-22 11 28 40 (1280x944)
新駅から繋がる在来線の渡島大野駅

2016年3月21日(月)(№1432)

 こんばんは。
 函館の今日の天気は、曇り一時雪、最高気温6.9℃でした。
 今日も風が強く気温の割には寒く感じる天気でした。

【民主党北海道第8総支部・民主党函館支部2016年定期大会】

 今日は、私が所属する民主党北海道第8総支部と民主党函館支部の2016年定期大会が市内のホテルで開催されました。
 「民主党」という名前ではおそらく最後の大会になるでしょう。

写真 2016-03-21 9 14 03 (1280x960)


 総支部代表のおおさか誠二衆議はあいさつで、私たちの課題は野党の力を結集して与党に立ち向かうことであるとし、安倍政権の憲法改「正」などを目論む姿勢に触れながら、日本が今、民主国家でいられるかどうかの瀬戸際に立っており野党が分断されていてはならないこと、そして、与党ではできない、TPPへの対応、大間原発問題、子どもにかかる貧困等対策、地域経済の再生などといった政策の実現を目指すことと、そのために参議院選挙等の勝利を目指そうと呼びかけました。

 議事では党務報告、決算報告、2016年活動方針、予算案などが提案され全会一致で確認されました。
 また、衆参当時選挙も取り沙汰される中ですが、次期衆議院議員選挙の北海道第8区候補者は引き続きおおさか誠二衆議院議員とすることが確認されました。

 出席者からは、党の広報を有権者が身近に感じるような内容で工夫することや、党員・サポーターの増員に向けた取り組みの強化などについて意見が出されました。

 最後に、「安保関連法の廃止と憲法改悪阻止を求める決議」と、「2016年は政治決戦の年であり全力で勝利をつかもう」との大会アピールを採択して閉会しました。

2016年3月20日(日)(№1431)

 こんばんは。
 函館の今日の天気は、曇り、最高気温6.2℃でした。
 陽が射していましたが、風が強く気温の割には寒く感じる天気でした。

 今日は毎月第3日曜日に行われている、バイバイ大間原発ウォークの日でした。
 デモ行進前にいつもは集会を行いますが、今日は、まちづくりセンターでデキシーランドジャズ風のバンドの演奏やアイヌ民族の伝統楽器であるトンコリの演奏が行われました。

 デモ行進のコースは明治館や金森倉庫の前を通るベイエリアでした。
 私は先頭で旗を持つ役目があたったのですが、風がとても強く、たびたび煽られてたいへんでした。
 そんな状態でしたので、今回はデモ行進の様子などの写真は撮れませんでした。

 シュプレヒコールしながらデモをしましたので、観光客の方々には少しうるさかったかもしれませんが、それでも何人かの方が拍手してくれるなど、エールを送ってくれました。

 大間原発がもし稼働したら、少なからず函館の観光に影響が出てしまうのではないかと懸念しています。
 函館に観光に来られる方にも、大間原発の問題を解って欲しいものだと思います。

2016年3月19日(土)(№1430)

 こんばんは。
 函館の今日の天気は、雨のち曇り、最高気温10.4℃でした。

【戦争をさせない道南総がかり行動】

 今日で、安全保障関連法が成立してから半年が経ちました。
 今日は全国各地で、廃止を求めて集会などが行われたようです。

 函館でも、2月13日に設立した「戦争をさせない道南総がかり行動」による集会が大門グリーンプラザで開催され、集会後、函館駅周辺をデモ行進しました。

写真 2016-03-19 14 38 55


 集会では、昨日、市議会で民主・市民ネットと日本共産党が提案した安全保障関連法に関する意見書案が賛成14、反対15で否決されたことなどが報告されました。

 安全保障関連法は今月29日に施行されることとされていますが、これに抗議し29日にも、18時から大門グリーンプラザで集会が予定されています。

2016年3月18日(金)(№1429)

 こんばんは。
 函館の今日の天気は、曇り、最高気温15.4℃でした。
 昨日の今年最高気温を更新しました。

【函館市議会第1回定例会最終日】

 今日は市議会第1回定例会の最終日でした。

 昨日に続き個人質問が行われた後、一旦休憩し議会運営委員会が開催され次の本会議の議事内容が協議された後、本会議が再開され、人事案件と意見書案の上程、採決などが行われました。

 議会運営委員会は、本会議の議事のほか、各議員の議案等に対する採決態度について、市ホームページに掲載することについて協議されました。

 1月の議会運営委員会で市民クラブから発議され議題となったものですが、各会派で議論し考えをまとめることとされていました。

 市政クラブと公明党は、「会派制をとっており議案等の賛否も会派として対応しているので議員個人の賛否態度の掲載は必要ない」、民主・市民ネットと日本共産党、そして市民クラブは、「採決は議員個々が行っているものであり掲載するべきである」との主張でした。

 本日は結論が出ませんでしたので、さらに協議が続けられることになります。

 再開後の本会議の議事は次のとおりです。

1 追加議案(人事案件)3件
 公平委員会の委員の選任の同意について
 固定資産評価審査委員会の委員の選任の同意について
 人権擁護委員候補者の推薦について

2 選挙管理委員および補充員の選挙について

3 意見書案の提案10件

4 議員派遣について

5 閉会中継続審査および継続調査について

2016年3月17日(木)(№1428)

 こんばんは。
 函館の今日の天気は、曇り、最高気温13.9℃でした。
 今年の最高気温となったそうです。

【高校生の校外政治活動 9教委 届け出不要】

 昨日のブログに、高校生の校外での政治活動への参加について、愛媛県の公立高校が届け出を校則で定めることとした件について書きました。

 今日付の新聞で、公立高校を所管する都道府県と19政令市の教育委員会のうち、5府県4市が、生徒が校外で政治活動に参加する際に学校への届け出は不要との方針を学校側に伝えていたことがわかったと報じられています。

PK2016031702100042_size0.jpg
<東京新聞より>

 25都県市は、各校の判断に任せると答えたことも伝えられていますが、愛媛県のようにならないかと懸念されます。

 同じ18歳の高校生の政治活動への参加が、都道府県によって違うということになるのはいかがなものでしょうか。
 この件は、国民としての基本的な権利に関わることなので、自治体によって扱いが違うというのは好ましくはないと考えます。

 各校の判断に任せるとした都県市も、届け出不要にするよう判断して欲しいものです。

2016年3月16日(水)(№1427)

 こんばんは。
 函館の今日の天気は、曇り、最高気温11.3℃でした。

【高校生の政治活動 愛媛県立高生徒は届け出義務】

 高校生の政治活動が解禁になりましたが、高校での取り扱いにかかる「Q&A集」が文科省から出され、各都道府県教委や高校での対応が検討されています。

 この度、愛媛県立の全五十九高校(特別支援学校、中等教育学校を含む)が、選挙権年齢が「十八歳以上」に引き下げられるのを踏まえ2016年度から校則を改定し、生徒が校外で政治活動に参加する際の学校への事前届け出を義務化することが、県教育委員会への取材で分かったことが報じられています。

 識者からは、生徒の政治参加を萎縮させる恐れがあるとの指摘も出ているそうですが、私も同感です。

 県教委は文書で、校内での政治活動や選挙運動は原則禁止し、校外で参加する場合は一週間前までに届け出るよう生徒に求める校則の変更例を示したとのことで、変更後に報告するよう各校に要請したとされています。

 県教委の担当者は「校則変更の指示はしていない。判断は各校に任せると明言しており、文書は参考資料にすぎない」と話しているそうですが、各校に任せると言っても、お互いに横睨みしつつ自分のところだけ扱いが違わないようにするのではないかと思われます。

 新聞記事によると今治西高では、「生徒の安全確保が第一。危惧しているのは政治的集会を装った極端に偏った集会などへの参加だ。」とし、書面での届け出は生徒を萎縮させかねないので口頭でも良いことにしたそうですが、集会の内容を判断して参加する否か自分で決められるようにするのも教育ではないかと思います。

 そのような趣旨なら、届け出と言いながら、「先生、この集会は行ってもいいですか?」と教師に决めてもらうことになりはしないのでしょうか。

2016年3月15日(火)(№1426)

 こんばんは。
 函館の今日の天気は、曇り、最高気温6.2℃でした。

【函館市議会第1回定例会 議案74件は可決】


 開会中の函館市議会第1回定例会は、今日は予算特別委員会が開かれました。
先週開催された各分科会での議案審査の結果が報告され、予算特別委員会としての採決が行われました。

 続いて、午後から本会議が開かれ、本会議で議会としての採決を行いました。
 議案74件は可決されました。

 実は議案審査の方法を改善しようと試行ですが取り組みを行っています。
 従前は、委員がそれぞれ訊きたいことを理事者に質疑して、賛否を表明するだけでした。

 議会改革の議論の中で、委員会として審査するのだから議案の問題点や賛否について委員間で認識や見解を共有することが必要という結論にいたりました。

 現在は、議案の審査は、各委員が議案のどこをどのような視点で審査するのかそのポイントを上げ、委員同士で討論して認識を共有したうえで理事者に質疑を行います。
 最後は、各委員が論点整理で取り上げた部分についてどのように判断するのかなど考えを述べながら議案の賛否態度を表明し、さらに必要であれば委員同士で討論し委員会としての見解などをまとめていくこともあります。

 いつまでも試行というわけにはいかないので、どこかの時点で検証して、よりベターな審査になるよう議案審査の方法を决めなければならないと思います。

 定例会は明日から18日まで個人質問が行われます。

2016年3月14日(月)(№1425)

 こんばんは。
 函館の今日の天気は、曇り、最高気温7.6℃でした。

 夕方、一時雨が降りましたが、雨が上がったあとは綺麗な夕陽を観ることができました。
 ちょうど議会からの帰る時間だったのですが、撮ることができました。

DSC_0642 (1280x850)


【また地方議会での政務活動費がニュースに】

 ときどき、地方議員の政務活動費の使途をめぐって問題となり、それが報じられています。

 この度、大分県議が政務活動費の調査旅費として、クルマで約6万6千キロを走行したとして、燃料代約245万円を計上していたことが判明したとの報道がありました。
 オンブズマンが実態に基づかない疑いがあるとして返還請求する方針だと伝えられています。

 年間6万6千キロを走るとすると1日あたり180キロとなります。
時間で考えると、仮に時速40キロで走れば所要時間は1650時間となり、1日平均約4.5時間走ることになります。
議会の定例会等が少なくても年間数十日以上はありますから、実際は1日あたりの走行距離はもっと多いということになるでしょう。

 大分県議会の場合は、1キロあたり37円が支給され、領収証も添付する必要がないそうです。
 函館市議会はこのような燃料代の支給はありません。
 もしあったとしても給油のときの領収証くらいは添付しなければならないでしょう。

 使途の範囲は、各自治体が条例で定めることになっているので、その是非は住民が認めるか否かであり、必ずしも他の自治体と同じ内容、取り扱いでなければならないということはありません。

 ただ、こうしたことが報じられると、地方議会は概してこんなものだと思われないかという懸念が拭えません。
 政務活動費について各地方議会は透明度を高めて欲しいと思います。

2016年3月13日(日)(№1424)

 こんばんは。
 函館の今日の天気は、曇りのち雨、最高気温4.8℃でした。

【経済財政諮問会議 首相の発言】

 11日に開かれた経済財政諮問会議のことが報じられています。

 議論は、名目GDPを600兆円に増やす目標の実現に向けた取り組みのことだったそうですが、民間議員は子育て支援の柱として学校給食の無料化を提言し、家計で使える所得の拡大や女性の出産・就労支援を通じて経済の好循環を生み出すよう求めた、と伝えられています。

 安倍首相は、「賃上げの流れを着実に進め、消費の拡大につなげることが必要だ」と述べ、今春闘での賃上げ実現が重要との認識をあらためて示した、と報じられていますが、やはりこの方は解っていないなという感想です。

 アベノミクスが成果をあげたなどと本気で思っているのか、日本の企業の実情を解っているとは思えません。

 日本の企業は99.7%が中小企業ですが、昨年の賃上げの状況は、信金中央金庫の調査では賃上げ実施率は28%という結果です。

 東京商工リサーチの調査ですが、従業員5人未満の会社の倒産が全倒産の71.2%と、この20年間で最も多くなっているという結果が出ています。

 総務省が実施している「個人企業経済調査」では、業況判断のDI、景気がいいと答えた企業から景気は悪いと答えた企業を引いた差は、昨年の10~12月期で、マイナス58.2とされ、第2次安倍政権誕生以降、マイナス60前後にあるとされています。
 つまり、個人経営のところでは好景気どころか、アベノミクスの恩恵などないということでしょう。

 こんな状況の中で、今春に大企業以外に賃上げできるところがどれほどあるというのでしょうか。

 そもそも消費が拡大しない政策を行っているのは政府・与党なのですが、その自覚がないのではなく、おそらく聴こえの良いフレーズだけを言い放つといういつものパターンのひとつで、参議院選挙などに向けての対策ではないかという気がします。

 そろそろ、国民は本当に見定めなければならない時に来ていると思います。

2016年3月12日(土)(№1423)

 こんばんは。
 函館の今日の天気は、曇り、最高気温2.2℃でした。
 明日あたりから少しずつ暖かくなるとの予報ですが、早く春が来て欲しいと思う今日このごろです。

【保育に関する実情が、国になんかに解るのか?】

 「保育園落ちた。日本死ね。」というフレーズの投稿があったことが国会でも取り上げられ、侃々諤々の議論があったようですが、安倍首相が待機児童の解消のための具体策を今春に打ち出す考えを示したと報じられています。

 これに呼応してか、与党も対策チームの立上げを表明したとされていますが、一方、所管する省庁からはすぐに解決できる策はないと困惑する声が上がっているとも伝えられています。

 多くの福祉施設で職員が足りないのと同様、保育園でも保育士の確保に苦労していると聞きます。
 また、保育園を造るに子どもをきちんと保育できる建物や園庭が必要で、基準が緩和されたと言っても、設置場所の確保も大きな課題なのです。

 報道によると、近隣自治体間で定員枠を融通しあえばいいのではといったことを考えた向きもあるようですが、保護者が送迎しなければならないのですから、限度があります。

 地方議員の立場としては、まず本気で取り組んで欲しいということが第一の願いです。
 聴こえの良いフレーズを言っても、実際にやっていることは逆というのが安倍政権ですから注意が必要です。

 また、国の都合だけで政策を作ってしまい、実際には使いものにならないというのもいただけませんので、待機児童を抱える自治体と十分に相談して、金は出すが口は出さないというくらいの姿勢でやって欲しいと思います。

2016年3月11日(金)(№1422)

 こんばんは。
 函館の今日の天気は、曇り一時雪、最高気温2.0℃でした。

 今日3月11日は、ご案内のとおり東日本大震災が発生した日ですが、あれから5年が経ちました。

 いまなお17万8000人の方々が全国で避難生活を続けているとされています。
 また避難していなくても被災地でいろいろな事情を抱えている方々もたくさんおられると思います。

 あらためて犠牲になられた方々のご冥福と、被災された方々が一日も早く安寧な暮らしを取り戻せるよう祈りたいと思います。

2016年3月10日(木)(№1421)

 こんばんは。
 函館の今日の天気は、曇り一時雪、最高気温1.7℃でした。

【函館市議会定例会 予算特別委員会民生分科会】

  開会中の函館市議会定例会は、今日は予算特別委員会民生分科会が開かれ、議案の審査が行われ、傍聴しました。

  分科会では、「子ども条例」について複数の委員から質疑がありました。

  この条例の制定に向けては、2年前に検討委員会が設置され、1年かけて議論された後、市長への提言書がまとめられましたが、実は、議案として提案されるまで所管委員会である民生常任委員会には報告や説明がほとんどなかったようです。
そうした状況から経過や条例案の策定作業について市の姿勢を問う質問が多く出されました。

  質疑の中で、議会に説明がなかったことに対しては担当部長から反省の弁が述べられたことや、委員からの条例案の内容に関する質問には前向きと取れる答弁があったため、条例案については認めるという受け止めになったようです。

  これで3つの分科会が全て終了し、15日に予算特別委員会が開かれ審査結果や経過について報告され、採決が行われる予定です。

2016年3月9日(水)(№1420)

 こんばんは。
 函館の今日の天気は、曇り一時雪、最高気温2.6℃でした。
 今日は冬に戻ったような天気でした。

【高浜原発3、4号機 運転差し止め】

 1~2月に再稼働した関西電力高浜原発3、4号機(福井県高浜町)をめぐり、大津地裁の山本善彦裁判長は9日、福井に隣接する滋賀県の住民29人の訴えを認め、稼働中の原発に対しては初めて2基の運転を差し止める仮処分決定を出したことが、報じられています。

 福島原発事故の原因が解明されていない中で、地震・津波への対策や避難計画に疑問が残ると指摘され、安全性に関する関電の証明は不十分と判断した、と伝えられています。

 東京電力・福島第一原発事故後、原子力規制委員会による新規制基準が策定され、政府はその基準に適合した原発から再稼動させるという立場ですが、仮処分はこの新規制基準は公共の安寧の基礎にはならないとしています。

 今後、関西電力は処分の取り消しを申し立てる方針だとのことですが、今回の仮処分を出すに至った内容を覆せるような安全性の立証ができるでしょうか。

 福島第一原発事故による被災状況を見たなら、第一に尊重すべきは人命であり人権であることに異論はないと思いますが、政府と原子力関係者はどう思うのでしょうか。

 しばらくは動向を注視したいと思います。

2016年3月8日(火)(№1419)

 こんばんは。
 函館の今日の天気は、曇り、最高気温9.7℃でした。

【市議会 予算特別委員会総務分科会】

 市議会は、今日から予算特別委員会の分科会が始まり、今日は総務分科会が行われました。

 総務分科会の所管範囲は、企画、総務、財務、競輪事業、消防、教育委員会などの部局が所管する事項です。

 6人の委員が質問を行いましたが、初めて予算化された教育委員会の学力向上に向けた事業である、アクティブ・ラーニング推進事業、学力向上非常勤講師配置事業、部活動地域支援者活用事業、学校指導監の配置、などについては複数の委員が取り上げました。

 明日は、私が委員長を務める経済建設分科会が行われます。

2016年3月7日(月)(№1418)

 こんばんは。
 函館の今日の天気は、曇りのち晴れ、最高気温9・5℃でした。

 今日は、札幌で、民主党系の地方議員らでつくる政策研修を行う団体の役員会があり、出席してきました。

 3月11日が近いせいか、連日のように東日本大震災の件について、とりわけ東電・福島第一原発事故による避難と帰還のことがマスコミでも取り上げられる機会が多いように思いますが、移動中に、「核の戦後史」と「ルポ母子避難」を読みました。

写真 2016-03-07 16 42 01

写真 2016-03-02 1 53 54


 この2冊は、福島での原発事故による放射能汚染とその人体への影響、自主避難した人たちの苦悩について書かれたものです。

 放射能汚染から子どもを守るために、福島から避難した避難対象区域外の方々も含め、避難した方々には帰ってきてもらわなければという動きがある一方で、子どもがいる方たちの中には、本当に帰って大丈夫かという不安を抱いている方も少なくないようです。

 避難者への支援等も打ち切りが决まったものもあるようで、帰らざるを得ない状況が作り出されているような気もします。

 以前、かつての原発神話は崩壊したが、今度は放射能神話が作られようとしているという話を聞いたことがあります。
つまり、放射能漏れがあって汚染されたけど、大した影響はなかったという状況を作り出そうと国などが躍起になっているということです。

 報道もされないことが多いのではという気がしますが、実際に起きていることを知る努力が必要だと思う今日このごろです。

2016年3月6日(日)(№1417)

 こんばんは。
 函館の今日の天気は、雨、最高気温8.0℃でした。

【丸川環境相は辞任すべき】

 今日は、NHK討論を観ました。
 「福島の復興を問う」がテーマでした。

 林経産相と丸川環境相のほか、福島県知事や研究者などが出席していました。

 番組としては、担当大臣を呼んだということなのでしょうが、正直、丸川環境相なんかよく出てこられたなという感想です。

 テーマが「福島の復興を問う」ですから、当然、話は環境省の所管である除染ことにも及ぶでしょう。

 しかし、ついこの前、「除染の基準は民主党政権時代に当時の環境大臣が勝手に決めた」との発言を事実と違うと追及され、結局、経緯を確認していなかったことが露呈して、発言を撤回するという騒動にまでいたったわけで、環境相としての資質を問われたばかりです。

 そんな大臣が、所管だからといって除染のことを本当に理解して話などできるのかと思って観ていました。

 番組の中で、司会者から除染の今後のことを訊かれ、まあ無難には答えていました。

 私が、なぜ、先般の丸川環境相の発言問題にこだわるかというと、あの問題は単に事実を確認していなかったでは済まされるものではないと思うからです。

 福島の復興に関しては複数の省庁が関係する事業を所管していますが、環境省は放射性物質の除去、つまり除染を担当しています。福島に関わることですから政策の優先度や位置づけは省内でも大きいはずだと思います。

 そうであれば、丸川環境相が就任したときに、前任から引き継ぎがあったかどうかは知りませんが、普通に考えると、福島の除染については官僚から説明を受けるか、ないしは自分から報告を求めるということがあって当然だと思います。

 もし、それがなされていたら、除染の基準が1ミリシーベルトである理由や経過、その根拠等について説明されているはずです。

 これは推測ですが、丸川環境相はそうしたことをしていなかったのではないでしょうか。つまり福島の除染のことに関心がない、と思われても仕方ないのではないでしょうか。

 それとも、官僚などが、「除染の基準は当時の細野大臣が勝手に决めたものです。」とでも報告したのでしょうか。

 仕事に向き合う姿勢が問われることだと言っても言い過ぎではないと思います。
 丸川環境相には、大臣の資質があるとは思えません、辞任すべきだと思います。

2016年3月5日(土)(№1416)

 こんばんは。
 函館の今日の天気は、晴れのち曇り、最高気温5.1℃でした。

 晴れていましたが、風が冷たく感じる天気でした。

 久ぶりに夕刻の函館港の風景を撮りました。

DSC_0436 (1280x853)



 今週は、市議会定例会で会派を代表しての質問を行ったり、予算特別委員会の分科会があったり、意見書案について他会派との調整を行ったりと、めまぐるしく慌ただしく過ぎました。

 今日は、しばらくぶりに本を読む時間が作れたので、また何冊か読み始めました。

写真 2016-03-05 8 34 31 (960x1280)

写真 2016-03-05 22 02 06 (959x1280)



 来週は、予算特別委員会の分科会です。
 委員長なので自ら質疑はしませんが、分科会を進行するには、委員や理事者の発言を聞き漏らさないように、また段取りや手続きを間違えないように、神経を集中させる必要がありますが、今日、明日は少し鋭気を養っておこうと思います。

2016年3月4日(金)(№1415)

 こんにちは。
 函館の今日の天気は、晴れのち曇り、最高気温4.2℃でした。

【市議会 予算特別委員会分科会が始まりました】

 開会中の市議会第1回定例会では、今日から、議案を審査するための予算特別委員会の各分科会が始まりました。

 今日の分科会の内容は、「論点整理」と呼ばれる作業でした。

 議案の審査にあたり、議案のどのようなことが審査のポイントになるのかについて、各委員から意見やあわせて質疑の内容を提出してもらい、それをもとに委員間で討議しながら問題意識などを共有し、議案審査に臨む姿勢を確認していきます。
 
 次の段階は、理事者への質疑になりますが、来週8日が総務分科会、9日が経済建設分科会、10日が民生分科会が開かれます。

2016年3月3日(木)(№1414)

 こんばんは。
 函館の今日の天気は、雪のち晴れ、最高気温3.7℃でした。

【市議会第1回定例会】

 開会中の市議会第1回定例会は、今日は、昨日に続き代表質問が行われました。
また、代表質問の後、議案に対する本会議での質疑が行われ、議案を審査するための予算特別委員会と分科会が設置されました。

 ちなみに、私は前回に続き、予算特別委員会の副委員長となりました。

 予算特別委員会の分科会は明日から開かれます。

 明日は、各委員から提出された論点申出書をもとに、審査のポイントや質疑の内容について委員間での討議が行われる予定です。

 来週8~10日の分科会で、理事者への質疑が行われ、15日に再度、予算特別委員会が開かれ、委員会としての議案の採決が行われ、その後、本会議での採決という日程です。

2016年3月2日(水)(№1413)

 こんばんは。
 函館の今日の天気は、曇りときどき雪、最高気温1.2℃でした。
 決してよい天気ではありませんでしたが、一昨日からの荒れた天気は回復しつつあるようです。

【市議会第1回定例会 代表質問が行われています】

 市議会第1回定例会は、今日、明日と代表質問が行われています。
 代表質問は、各会派の代表者が行うものですが、函館市議会では、基本的には議会に次年度の予算案が提案される定例会のときに行われています。

 私は今回、市議になってから9年目で初めて代表質問を担当することとなり、今日の午後、質問を行いました。

 私の所属する民主・市民ネットでは、代表質問は会派の3役(会長、副会長、幹事長)が担当するのが通例となっていますが、私は、今期、会派幹事長を務めているため、その役目が回ってきました。

 当然、これまで個人質問や委員会での質問は何度も行っています。
 しかし、代表質問となると質問の項目も大きくは10項目程度となり、具体的な質問の数は20~30本くらいとなります。
 単純に考えても、個人質問のときの倍以上にはなるでしょうか。

 とりあえず何とか終えることができ、今は、ホッとしています。

 質問の内容等については、また別途ご報告いたします。

2016年3月1日(火)(№1412)

 こんばんは。
 函館の今日の天気は、雪のち曇り、最高気温2.1℃でした。
 風が強く横殴りの雪が降る天気でしたが、夕方ころは雪も止み少し落ち着いてきたようです。

 今日から3月ですが、市内の公立高校では卒業式が行われたようです。
 自分が高校を卒業したのは36年前ですが、正直、卒業式の様子などはもう記憶が薄れていくばかりで、詳細は思い出せませんが、自分のことはさておき、卒業されたみなさんの前途が希望に満ちた明るいものであることを祈ります。

【認知症患者の事故、家族は免責 最高裁が初判断】

 認知症の男性患者が徘徊中に電車にはねられ死亡した事故をめぐり、家族が鉄道会社への賠償責任を負うかどうかが争われた訴訟の上告審判決で、最高裁第3小法廷は1日、「家族が容易に監督できる場合などは賠償責任を負うケースがあるが今回はそれに当たらない」と判断したことが報じられています。

 最高裁は、男性の妻(93)に賠償を命じた二審判決を破棄し、JR東海の請求を棄却したとのことですが、民法は責任能力のない人が与えた損害は「監督義務者」が賠償すると規定している中で、認知症患者の家族の責任に関して最高裁まで争ったケースは初めてだそうで、東京新聞の記事では、在宅介護の現場に影響を与えそうだ、とコメントしています。

 実は、前からこの事件の行方が気になっていました。
 認知症の方は、家族などが見守りしていても、家から出ていって行方不明になったりするケースがあります。

 損害賠償責任の有無も問題ですが、この男性のように徘徊中に電車に跳ねられたりなど事故に遭わないよう対策も必要でしょう。

 最近、高齢の親御さんを持つ友人や知り合いから、認知症になられた親御さんのケアについて相談を受けることも多くなったような気がします。

 一日中、親御さんから目を離すことができず、たいへんな思いをしているといったお話を伺ったこともありますが、ケアをする家族のことも含めて、取り組まなければならないことは多いのではないかと思います。

«  | ホーム |  »

私のブログへようこそ

函館市議会議員の「みちはた克雄」でございます。 ブログをご覧いただきありがとうございます。 函館市政や市議会のこと,私の活動のお知らせはもちろん,国や各都道府県・市区町村での出来事などについても私の考えをコメントさせていただきます。

プロフィール

函館市議会議員 道畑克雄

Author:函館市議会議員 道畑克雄
1961年札幌市生まれ。
少年期を千歳市で過ごし,1974年函館市民に。
1980年函館東高卒業。同年より,函館市役所に勤務。
2006年退職。
2007年函館市議会議員に初当選。現在3期目。
所属会派~「民主・市民ネット」(会派幹事長)
市議会民生常任委員、議会運営委員。
民進党北海道第8区総支部副代表

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスカウンター

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1919)
twitterまとめ (1)

Facebookページ「函館市議会議員 みちはた克雄」も開設しています

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR