2012-06

2012年6月30日 土曜日 (ブログ№72)

 おはようございます。
 ブログをご覧いただきありがとうございます。
 Yahooの天気予報によると,今日の函館の天気は晴れ,予想最高気温22℃との予報です。

 北海道新幹線の札幌延伸着工が認可されたと,昨日から報じられています。
 政策懇談会などでも,いわゆる沿線自治体の首長さんたちからは,早期に札幌延伸を決定して欲しいとの要望が出ていました。

 開業は2035年度とのことですので,まだ先の話ではありますが,市内では,新函館(仮称)が通過駅になってしまい,函館市の経済や観光に影響が出るのでは,との声も以前から聞こえていました。

 観光のことを考えてみると,私見ですが,新幹線が札幌まで延伸になる,イコール函館に観光客が来なくなる,ないしは滞在しなくなる,ということではないと思います。
 ただ,移動時間が短縮される中,目的地が函館だけではない場合,効率的な行程を組もうとするなら,函館への滞在時間・日数を短くし,次へ向かうということは考えられます。

 現在,観光客に,函館圏で過ごしてもらう日数を長くしようと滞在型観光という考え方も出てきていますが,道南での広域連携をはじめ,函館は,やはり行ってみたいところであり続けるよう,観光地としての魅力を磨き続けなくてはならないでしょう。

 函館に来ようとする人は,新幹線だけではなく,空路も利用するでしょうから,利便性の高い航空便を増やすことも大切だと思われます。

 アジアを中心とした外国人観光客をどう取り込むかも大きな課題です。
 今日の新聞に,エバー航空が,10月から函館と台北(台湾)を結ぶ定期便を就航するとの記事が出ていました。
 函館は,台湾で人気の高い観光地だそうですが,直行便の就航などを拡大させ,国際観光都市宣言にふさわしいまちをめざしていくべきだと思います。

 6月も今日で終わりです。半年が過ぎたことになりますが,あっという間でした。
スポンサーサイト

2012年6月29日 金曜日 (ブログ№71)

 おはようございます。
 ブログをご覧いただきありがとうございます。
 Yahooの天気予報によると,今日の函館の天気は晴れ,予想最高気温24℃との予報です。

 今日の新聞に,北海道が太平洋沿岸の津波浸水予測を正式発表した,との記事が出ていました。
 従来予測を大きく上回り,渡島管内では,北斗市当別の10.4㍍を最高に,函館市内でも元村町で10.0㍍などとされています。

 今後,各市町で,津波対策が検討されていくことになりますが,大幅な見直しが必要になるかもしれません。
 避難場所も,従来のところは指定できないということも出てくるかもしれません。
 標高の低いところで,周りに高い場所や建物がない場合は,どう対応するのかといったことも課題となりそうです。

 戸井~南茅部地区は,住宅地のすぐ後ろに高い場所はあるものの,崖のような状態で,登るのは容易ではないというところも多くあります。
 高いところに避難といっても,こうした場所では実際はどう対策するか難しいものがあります。

 津波を防ぐ方法のひとつに,防潮堤などがありますが,仮に10㍍の津波を止めようとすると,防潮堤の高さは10㍍では足りません。
 津波が何かにぶつかると,運動エネルギーが位置エネルギーに変わるため,高さが増します。つまり,防潮堤にぶつかって乗り越えてくるということになります。
 ある研究者のお話では,そうした場合,津波は1.5倍くらいの高さになると思ったほうがいいとのことです。
 また,防潮堤をつくるにしても,そんな高さのものは現実的ではないでしょう。

 以前,ハードの整備も重要だが,まず逃げるという心構えが大切だとブログに書きましたが,逃げるにしてもどこへ逃げたらよいのかが,大きな課題になるケースもありそうです。
 対策について,今後の検討状況を注視していきたいと思います。

2012年6月28日 木曜日 (ブログ№70)

 こんにちは。
 ブログをご覧いただきありがとうございます。
 Yahooの天気予報によると,今日の函館の天気は晴れ,予想最高気温25℃との予報です。
 早朝から日程が入っていたので,ブログの更新が遅くなりました。

 先ほど,市議会定例会の最終日の本会議が終わりました。
 最終日は議案の採決ですが,本日追加提案された議案1件を含む19件が原案どおり可決となりました。
 また,国などに提出する意見書も10件が上程され,可決されています。

 本会議終了後,5月10~13日の日程で行われた,函館市議会と韓国の高陽(コヤン)市議会との交流事業の報告会も行われました。
 昨年8月1日,函館市は高陽市と姉妹都市提携をしましたが,それに伴い高陽市議会から交流が要望され,訪問団を派遣することなったものです。

 高陽市は,人口は96万人で,韓国の首都,ソウルの北西に隣接しています。1992年にいくつかの地区が合併し高陽市が誕生しました。合併前は農村地帯だったそうですが,合併後は都市化が進み,現在は国際コンベンション都市といわれています。
 市議会の議員数は30人だそうです。国も違うので議員の制度も違うようですが,比例代表制という選出枠もあるそうです。

 さて,定例会も終わりましたので,議会の内容を報告するための市政ニュースの作成に取りかからなければなりません。
 提出された陳情に関することなど,調査しなくてはならない案件もいくつかあります。
 議会閉会中も精力的に活動したいと思います。

2012年6月27日 水曜日 (ブログ№69)

 こんにちは。
 ブログをご覧いただきありがとうございます。
 Yahooの天気予報によると,今日の函館の天気は晴れ,予想最高気温25℃との予報です。
 夏日ですね。

 昨日,市議会は,議会運営委員会を開き,定例会最終日となる28日の本会議に向けて議事の整理などを行いました。
 また,この間,課題となっている,本会議での一問一答制や,議会報告会,陳情の取り扱い,予算・決算審査のあり方について,協議しました。

 一問一答制については,本会議での一般質問を傍聴された方に,アンケートをお願いし,感想などを伺っています。
 議員の質問の直後に,市長や部長が答弁するため,形や流れとしては「わかりやすい」という声が多いようです。
 ただ,議員の議会中の態度などに,改善を求める意見も寄せられており,気をつけなければならないと感じました。

 また,一問一答制で注意しなくてはならないのは,質問通告した項目を,時間が足りなくなり,結果として質問しないで終わるというケースが生じていることです。
 その質問の内容を聴こうと思い,傍聴している方もいると思われますので,今後,そうしたことはなくなるようにしなくてはなりません。
 そうした問題もありますが,引き続き,本会議での一問一答制は試行することにしました。

 議会報告会は,11月に開催することとし,今後,各常任委員会で具体的な日程を決めていくことになります。 
 陳情の取り扱いや,予算・決算審査のあり方については,引き続き協議していくこととしました。
 このほか,新幹線に関する特別委員会の設置について,9月議会をめどに整理していくこととしました。

 衆議院で,昨日,消費税増税法案などを含む社会保障と税の一体改革関連法が可決され通過しました。
 この法案については,自分自身,どう捉えたらよいのか,いろいろと考えてきました。
 法案それ自体や,昨日の様子など,心境は複雑な部分もあります。

 社会保障は,生きていくうえで必要不可欠ですが,財源をどうするかは避けて通れない議論です。
 歳出の無駄な部分を見直して,浮いた財源を活用すると考えたにしても,国の財政は,税収が40兆円で歳出が80兆円,不足は借金という構造ですから,仮に行革を行うにしても,それだけは間に合わないでしょう。
 歳出を税収の40兆円の範囲に留めるということも難しそうです。
 また今後の動きを注視していきたいと思います。

2012年6月26日 火曜日 (ブログ№68)

 こんにちは。
 ブログをご覧いただきありがとうございます。
 今日は朝からいろいろと日程が入っていたため,ブログの更新が遅くなってしまいました。
 (さらに早起きすれば良かったのかもしれませんが,ご容赦を)
 Yahooの天気予報によると,今日の函館の天気は晴れ,予想最高気温22℃との予報です。

 7月7日に,民主党の8区(道南)総支部などの主催で,「道南地区政策懇談会」を開く予定です。
 地域のいろいろな団体の方々にお集まりいただき,国・道・あるいは市町の予算や政策に対してご意見やご要望をお聞かせいただこうという趣旨です。

 この懇談会は,これまで数回開催しており,今までは,経済,商工,農水産,医療,福祉,介護といった分野が中心でしたが,今回は初めて,まちづくりや人材育成,子どもの健全育成などに取り組むNPO・市民団体の方々との懇談も設定してみました。

 NPOという存在は,今では,地域で公共サービスも担っていることなどから,よく知られるところとなりましたが,十数年くらい前は,周りの人々も,NPOって何?という感じで,あまりポピュラーではなかったようです。

 日本で,NPOというものが注目されることになったきっかけのひとつは,1995年の阪神・淡路大震災の際に,被災地でボランティア団体が行った活動が評価されたことだったと言われています。
 また,1998年の「特定非営利活動促進法」(NPO法)の施行も,大きい要素だと思われます。

 そうした前からも,いろいろな市民団体が存在していましたが,団体として活動するためにネックになっていたのが,法人格がないということでした。
 例えば,事務所を構えるため不動産を借りようとすると,名義は団体ではなく,個人名義でしか契約できないなど,不便なことが多々ありました。
 それで,活動しやすくすることによって,公益の増進にも寄与してもらおうという目的で,法人格を取得できるとした同法が施行されました。

 道南では,法律施行直後に,いわゆるNPO法人となったのは10団体くらいだったのですが,その後,NPOが注目されはじめ,法人格を取得して活動しようという動きが活発になっていきました。

 私も,なかまと「NPO推進道南会議」という団体をつくり,制度の啓発や法人格取得のサポートなどの活動を行うようになりました。
 法人格の取得や活動について,団体から相談を受けたり,NPOについてのセミナーを開いたりしました。
 実際に,法人格取得のための定款の起草を担当したこともあります。

 また,昨年は,NPOに寄付すると税金の控除を受けられる制度の見直しがありました。今までは,国の制度によって認定されたNPOしか対象になりませんでしたが,加えて,今後は,地方自治体の条例で対象となるNPOを決めることが可能となりました。
 今日までを振り返ると,NPOの制度もここまできたかと感慨深いものがあります。

2012年6月25日 月曜日 (ブログ№67)

 おはようございます。
 ブログをご覧いただきありがとうございます。
 Yahooの天気予報によると,今日の函館の天気は,曇のち晴れ,予想最高気温20℃との予報です。
 昨日は,日中は曇っていましたが,夜は星も出ました。久しぶりに星空を見たような気がします。
 今週は,20℃を超える日が続きそうで,ようやく初夏らしい日がやってきそうです。

 今日の某経済新聞に地方分権のことが出ていました。民主党政権では地域主権改革として取り組まれています。
 施設や各種制度について,国の法律で決められていた基準が,昨年,法律が改正され,地方自治体が,地域の実情に応じた基準,つまり独自基準を設けることができるようになりました。

 国の基準は,義務付け・枠付けと呼ばれているものですが,約4000項目の見直しが地方分権改革推進委員会から勧告され,そのうち29の法律・100項目について,自治体で基準を設定できるようになりました。
 新聞でも紹介されていましたが,身近な例として,公営住宅の入居資格や所得の基準や,保育園の設備基準(部屋の広さなど),道路の幅員などが該当します。

 保育園で0歳~1歳児が使うほふく室の面積は,1人当たり3.3平方㍍とされてきましたが,途中で入所人数が増え,定員を上回る場合は2.5平方㍍に緩和できる,などというケースが独自基準となります。
 こうした例は,大都会で入所待機児の解消が課題になっていますが,自治体独自の基準を設けることによって,解決を可能にしようとするものです。

 独自基準の設定は,規制緩和や,単に経費を削減するといったことが目的ではありませんから,サービスの質の低下にならないように気をつけなくてはなりません。

 函館市でも,今後,必要な条例の整備などを行っていくことになります。
 自分たちのまちのことは,自分たちで決められる反面,今まで以上に責任も伴うため,十分な議論や検討が必要です。市議会もきちんと役割を担わなくてはなりません。

2012年6月24日 日曜日 (ブログ№66)

 おはようございます。
 ブログをご覧いただきありがとうございます。
 Yahooの天気予報によると,今日の函館の天気は曇,予想最高気温20℃との予報です。
 早朝は,青空が広がっていたのですが,だんだん雲が多くなってきました。

 昨日は,市内のあちらこちらで,イベントが行われていました。
 私も,花と緑のフェスティバルに行ってみました。天気もあまり良くなかったせいか,人出も例年よりは少ないように感じられましたが,今日に期待したいところです。

 また,昨日は,「沖縄慰霊の日」でもありました。太平洋戦争において,沖縄は日本で唯一,地上戦の戦場となりましたが,6月23日は,組織的戦闘が終結した日とされています。
 昨日は,特に何かをしたわけではありませんが,沖縄に思いを馳せ,米軍基地問題をはじめ,戦後がまだ続いているといわれる状況もあることを含め,これからも忘れないようにと,自分に言い聞かせました。

 市役所から,「市制施行90周年記念式典」の案内が届きました。
 函館市は,1922年(大正11年)に,道内で初の市制が施行され,今年で90周年になりますが,それを記念して,式典をはじめ,年間を通じて,いろいろな記念行事が計画されています。

 式典は,8月1日に市民会館で行われ,姉妹・友好交流都市(5カ国6都市)の代表(各市3名)も招待されるそうです。
 また,訪問団の来函に合わせて,市内の友好交流団体とともに,姉妹都市提携周年記念の行事の開催も予定されているようです。

 市のホームページを見ると,4月からの毎月の記念行事の予定が掲載されています。
 それぞれ市民のみなさんにご参加いただき,90周年をお祝いしていただければと思います。詳しくは,市のホームページをご覧ください。
 函館市議会でも,90周年記念に何かしようということになり,現在,内容を検討中です。

 新聞のイベント案内などを見ると,今日も,市内ではイベントが盛りだくさんですね。たくさんの人出で賑わうといいなと思います。

2012年6月23日 土曜日 (ブログ№65)

 おはようございます。
 ブログをご覧いただきありがとうございます。
 Yahooの天気予報によると,今日の函館の天気は曇,予想最高気温18℃との予報です。

 昨日,函館市議会は,総務,経済建設,民生の各常任委員会を開き,定例会に提案された議案や,市民から提出された陳情を審査しました。
 自分が所属する民生常任委員会では,議案として,一般会計,介護保険事業特別会計,病院事業特別会計,それぞれの補正予算を審査しました。

 補正予算の主な内容ですが,保健所での放射能測定器の購入,市立病院でのシネアンギオ棟新築事業などが提案されています。

 放射能測定器は2100万円もする高価なものであり,市民の安全と安心のため,十分な活用が求められます。
 測定器の性能,可能な検査,測定の対象,検査結果の取り扱いなどについて質問しました。
 放射性物質を1㎏あたり2ベクレルまで測ることができることや,市民や企業からの測定依頼も受け入れることとし,市外からの依頼も受け入れるなどの説明がありました。

 市立病院のシネアンギオ棟新築工事は,今年度は設計のみですが,1350万円が計上されています。シネアンギオとは,心臓を始め、全身の血管の精密な検査や治療を行う装置のことだそうです。

 治療のための装置は,現在も,市立病院にありますが,患者数の増加等で設備が足りなくなり,新たに専用の治療棟を建設し機器も2台購入する計画が出されました。
実際の建設費や機器の購入費は,来年度以降に予算計上される予定ですが,建設費に2億数千万円,機器の購入に2億数千万円程度を見込んでいるとのことでした。

 議案の審査結果は,委員会としては,原案可決としました。

 陳情については,①学童保育の支援充実,②東日本大震災の被災による福島県からの避難者への支援,の2つを審査しました。

 ①は,市側の担当が機構改革により,教育委員会から子ども未来部へ移り,それに伴って議会側も総務常任委員会から民生常任委員会へ移管されたばかりで,課題の整理も必要なので,継続審査としました。
 ②については,現在,国で支援法制定の動きがあり,その制度内容が正式に示されなければ,函館市としての対応が決められない状況のため,国の法律の内容や運用が示されるのを待ってさらに調査することとし,継続審査としました。

 委員会での議案審査も終了し,あとは26日に,本会議に向けた議会運営委員会を開いて議事の整理を行い,28日の本会議で委員会での審査結果をもとに,議会全体としての可否を決めることになります。

 今日,明日と,この土日は,市内では,いろいろなイベントが行われるようです。
 私も,住宅都市施設公社などが主催する「花と緑のフェスティバル」など,覗いてこようと思います。

2012年6月22日 金曜日 (ブログ№64)

 おはようございます。
 ブログをご覧いただきありがとうございます。
 Yahooの天気予報によると,今日の函館の天気は曇,予想最高気温16℃との予報です。
 昨日は夏至でしたが,一日中,雨だったせいで,日の長さといったものも感じられませんでした。

 今日の新聞に,函館ハーフマラソンの申し込みが,受付初日の20日に2千人(定員4千人)を超えたとの記事が出ていました。
 参加定員が倍となったのですが,順調な申し込み状況だと言えそうです。

 函館ハーフマラソンについては,市議会で,フルマラソンにできないかという議論があり,市側でも調査が進められています。
 フルマラソンとなると,交通規制がさらに長時間になることなど,いくつか課題が想定されますが,市民生活への影響の度合いなどがポイントになるかと思われます。

 また,ハーフかフルか別にして,ランナー以外も楽しめるイベントにすることを検討する必要もありそうです。
 以前,各地のマラソン大会に出場している,市外の方のお話を伺う機会ありました。その方は,函館のハーフマラソンは参加しないとのことで,理由を訊ねると,応援のため一緒に来る家族が楽しめるイベントではないからとのことでした。

 他のマラソン大会は,スタート地点などは,いわゆるお祭り広場的な演出もされており,走らなくても楽しめるイベントになっているところが多いのだそうです。
 函館のハーフマラソンもそのような大会になれば参加するのだけれど,とおっしゃっていました。
ここは賛否両論あるところかもしれませんが,市外からの参加もある大会なので,観光面のからも検討してみるべきかと思います。

 さて,函館市議会では,今日は,総務,経済建設,民生の各常任委員会を開き,今定例会に提案されている補正予算などの議案や,市民から提出された陳情の審査を行うことになっています。

2012年6月21日 木曜日 (ブログ№63)

 おはようございます。
 ブログをご覧いただきありがとうございます。
 Yahooの天気予報によると,今日の函館の天気は雨のち曇,予想最高気温14℃との予報です。今日も肌寒い天候になりそうです。

 函館市議会は,昨日も一般質問が行われ,5人が質問に立ちました。
 新幹線の新駅の名前について,市長から,「新函館」が望ましいと思うとの答弁がありました。
 先日,北斗市議会が,「北斗函館」とすべきと決議したとの報道がありましたが,これに関連して,同僚議員が市長に質問しました。

 新幹線については,これまでも,現函館駅に乗り入れできないのかといったことをはじめ,いろいろなことが取りざたされてきましたが,2015年の開業まであと3年となりました。
 駅名はもちろん大切ですが,新駅から現函館駅まで利便性の高いアクセス列車の実現や,乗り換えのしやすい構造の駅とすることなど,函館市としての考えをまとめ,関係機関に要望していかなければなど,昨日も,同僚議員たちとの間で話題になっていました。

 開業まで3年といっても,実際には,1年前くらいには,全てのことが決まっていなければならないとの話しも聞きました。そう考えると時間はあまりありません。
 函館の今後に関わることですので,市議会も精力的に議論を進めなくてはならないと感じています。

 市議会本会議での一般質問は,昨日で終わりました。明日は常任委員会が開かれ,議案の審査などが行われますが,今日は議案調査のため休会です。

2012年6月20日 水曜日 (ブログ№62)

 おはようございます。
 ブログをご覧いただきありがとうございます。
 Yahooの天気予報によると,今日の函館の天気は雨,予想最高気温14℃との予報です。
 台風4号の影響で,すでに昨夜から雨が降っていますが,風も強まりそうです。

 函館市議会は,昨日も一般質問が行われ,6人が質問に立ちました。
 私も,防災と防災教育,通学路の安全確保,節電対策,交通料金の助成制度,外国艦船の入港,の5点について,質問しました。

 焦点になっている節電については,市の施設でも全体として,7%以上の節電となるように取り組むことなどの答弁がありました。
 電力消費量は天候に左右されます。後になって,節電するほどでもなかった,という結果もあり得ますが,計画停電やあるいは突発的な想定外停電になると,影響がさらに大きくなりますから,7%を前提に進めていくしかありません。

 市の施設など個別の対策内容は,まだ詳細が明らかにされていませんが,「市民サービスへの影響が生じない範囲で可能な限りの節電に取り組む」,とはされているものの,市民のみなさまにはご不便をおかけすることもあるかもしれません。

 また,市民生活や企業活動における節電は,市が直接,コントロールできませんが,節電への協力や,節電方法の紹介など,市ができることを取り組むよう要望しました。

 市議会では今日も一般質問が行われます。
 自分の質問の番が終わり,正直,ホッとしていますが,明後日は常任委員会での議案審査もありますので,気を抜かず,議案調査などに勤しみます。

2012年6月19日 火曜日 (ブログ№61)

 おはようございます。
 ブログをご覧いただきありがとうございます。
 Yahooの天気予報によると,今日の函館の天気は曇,予想最高気温17℃との予報です。
 台風の影響で西日本は大雨のようです。災害にならなければいいのですが大丈夫でしょうか。

 昨日から,函館市議会の本会議が再開となり,一般質問が開始されました。
 1日目は,5人が質問し,防災や,原発,光回線の整備,国保や介護の給付費や保険料の見通し,節電の影響,などの質問が出されていました。

 このほか,議案の追加提案が行われることになったため,議会運営委員会も開催されました。
 国際水産海洋総合研究センターの工事の一部の予定価格が低すぎるということになり,入札が延期になっていましたが,今年度の整備分にかかわる補正予算が今議会に提案されることになりました。

 さて,今日は,自分の質問の番です。
 実は,昨日の各議員の質問の中に,自分が質問しようと思っていた内容がいくつか入っていました。
 こうしたことは,いつものことなのですが,それが自分も調べたり学習したりしていた内容であったりすると,正直,ちょっと残念な気持にもなります。
 質問は何回しても慣れないものだと,昨日のブログに書きましたが,終わるまでは緊張もあり,いわゆるあずましくない気分です。(笑)

2012年6月18日 月曜日 (ブログ№60)

 おはようございます。
 ブログをご覧いただきありがとうございます。
 昨日は,朝は雨模様でしたが,午後は晴れて気温も予報より上がったようです。
 Yahooの天気予報によると,今日の函館の天気は曇,予想最高気温21℃との予報です。

 昨日は,大間町で行われた大間原発建設反対の集会に参加しました。
 各地から百数十人参加しましたが,函館からも30人以上の参加がありました。
 集会では,発言の機会をいただいたので,大間町の大間原発の工事再開に向けた国への要請の動きがあるが,大間原発は大間町だけの問題ではないことを認識して欲しい旨の話をしました。

 地域振興の問題はあるのでしょうが,もし,福島のようなことが起きれば,住むことさえできなくなります。
 さらに,周りの市町村にも多大な影響が想定されるわけですから,そのことを考えてほしいと思います。

 さて,函館市議会は,今日から一般質問が始まります。質問する議員の質問内容はすでに新聞に掲載されていますが,どんな議論が行われるでしょうか。
 ちなみに私の出番は,明日19日の10:40からです。
 それにしても,質問は,何回しても慣れないものです。
 もうすでに,緊張気味です。(笑)

2012年6月17日 日曜日 (ブログ№59)

 おはようございます。
 ブログをご覧いただきありがとうございます。
 Yahooの天気予報によると,今日の函館の天気は雨のち曇,予想最高気温17℃との予報です。
 「せっかくの日曜日」としてはちょっと残念な天気ですね。

 昨日は,民主党の道議と市議数名で,市内本町で街頭演説を行いました。
 労働組合の「連合」が,新入社員や女性向けの労働相談窓口開設のお知らせのため,チラシ配付行動を行いましたが,議員団が弁士を務めるという形での行動でした。

 今日の新聞に,渡島管内のエゾシカの狩猟捕獲が799頭と,過去最多になったとの記事が出ていました。前年度比で266頭増とのことです。

 函館市でも,農家の方から,エゾシカが畑を荒らすので,対策してほしいとの要望も,以前から出されています。
 また,郊外を運転中に,エゾシカと衝突したという話しも聞いたことがあります。

 エゾシカが増えた原因は,オオカミなどの天敵がいなくなったからだという話を聞いたことがあります。しかし,今の自然環境は,決して生きやすいと思われませんが,増えるのは繁殖力が強いということなのでしょうか。

 渡島での話ではありませんが,以前,TVで,オオカミを連れてきて放す計画を検討しているというのも観たことがありますが,あまり現実的な対策ではないような気もします。

 函館市議会でも,ときどき,エゾシカの被害対策の質問が出ますが,今のところなかなか特効薬的な対応策はないようです。

 大分県大分市に高崎山自然動物園というところがあります。ここは野生のサルに餌付けしているのですが,理由は,サルが畑を荒らしていたので,餌付けすることによって被害が出ないようにしたということなのです。
 エゾシカ対策にも,こういう方法を用いることはできないのでしょうか。
 
 今日は,これから対岸の大間町に行って,大間原発建設反対の集会に参加してきます。

2012年6月16日 土曜日 (ブログ№58)

 おはようございます。
 ブログをご覧いただきありがとうございます。
 Yahooの天気予報によると,今日の函館の天気は曇,予想最高気温19℃との予報です。
 暖かさが戻ってきました。

 昨日は,市内のホテルで開催された,某新聞社主催の講演会に参加しました。
 エコノミストである双日総合研究所の吉崎達彦氏の,「日本経済の展望」と題しての講演でしたが,日本経済や世界経済の現状をはじめ,消費税法案の行方,エネルギー問題,TPPなどについてお話されていました。

 経済の見方は,立場によっても違いますから,全てがお話のとおりとは思いませんでしたが,いろいろな意見や考えを知るのは勉強になります。

 吉崎氏は,函館の観光にも触れ,3点の提言をされました。
①函館山の夜景は素晴らしいが,カップルが二人きりで夜景を観られるところがあればなお良いのではないか。
②市電の車両が少し古いものが多いようなので,できればライトレール(富山などで走っています)など導入したらどうか。
③函館は歴史のある街で物語がある。それを観光に活かす方法を。土方歳三はコンスタントに人気があり,函館戦争の物語は観光資源として使えるのではないか。

②と③は,やはりエコノミストだなと感じましたが,①はちょっと意外でした。

 話題をもうひとつ。
 今日の新聞に,市内の小中学校のトイレの洋式化が進まない,との記事が出ていました。 
 コストが課題で4割しか改修できておらず,和式が使えない子は我慢する子もいるとの内容です。

 学校に関しては,耐震診断が未実施のところを,今年度中に実施するというところまでこぎつけたのですが,災害時に避難所となる学校は,トイレも重要な設備になります。

 しかし,改修を進めるとしても,予算の問題に加え,学校の再編・統廃合が検討されていることが,ネックになることも予想されます。
 耐震診断の予算審査のときも,将来,再編・統廃合で廃校になる学校も診断するのか,という議論がありました。それについては,毎日,子供たちが生活する場だから,安全性の確認のためにも実施するということになりましたが,そういうことがついて回る話しでもあります。
 この問題については,改めて現状や実態を調査してみる必要があります。

2012年6月15日 金曜日 (ブログ№57)

 おはようございます。
 ブログをご覧いただきありがとうございます。
 Yahooの天気予報によると,今日の函館の天気は晴れ,予想最高気温16℃との予報です。
 ここ数日は,肌寒く,スーツも夏物は着ていませんでした。

 今日の新聞に,市電の乗客数が14年連続して,前年割れとなったとの記事が出ていました。乗客数は,570万1523人(前年比2.3%減)で,震災の影響で激減した観光客の落ち込みが響き,現在の路線系統になった1993年以降で最少となった,とのことです。

 要因は,市電沿線の人口減や事業所の減少,マイカーの普及,郊外化などが上げられていますが,確かに人口も減り,通勤などでも地理的な関係で電車利用する人が減っていると思われます。
 今後を考えた場合,この4月から高齢者の交通料金の助成制度の見直しなども影響しそうだとされています。

 乗客が少なくなれば,料金収入も少なくなりますが,市民のみなさんが公共交通として存続が必要だと考えるなら,みんなで乗って料金収入を確保し,存続させていくといった方向も検討するべきでしょう。

 また,そのような政策を取るとしたら,公共交通の積極活用も考えなくてはなりません。現在,中心市街地活性化基本計画策定の作業が進められていますが,中心市街地圏内へのアクセス手段は公共交通をメインとするなど,まちづくりの中にどう位置づけるかも重要な要素になります。

 今年4月,市の企画部に,今後の公共交通政策をつくるためのセクションが設置されました。良い政策ができることを期待すると同時に,議会でもきちんと議論していくことが求められると思います。

2012年6月14日 木曜日 (ブログ№56)

 おはようございます。
 ブログをご覧いただきありがとうございます。
 Yahooの天気予報によると,今日の函館の天気は曇のち晴れ,予想最高気温15℃との予報です。
 今日も,肌寒いようです。

 昨日から,函館市議会の平成24年第2回定例会が始まりました。
 初日は,会期の決定や,前回の定例会閉会以降の各常任委員会や議会運営委員会での審査・調査の状況報告,陳情2件の採決,今回の定例会に提案される議案17件の説明が行われました。

 18日から行われる,一般質問についても,昨日,議長への通告が行われ,質問内容も出揃いました。私も,防災と防災教育や,通学路の安全確保,節電対策などについて,質問する予定です。

 今日と明日は,議会は休会日なのですが,質問の準備に,そして7月7日に開催が決まった「民主党道南地区政策懇談会」の準備にと,忙しくなりそうです。

 今日は,時間もありませんので,このへんで。

2012年6月13日 水曜日 (ブログ№55)

 おはようございます。
 ブログをご覧いただきありがとうございます。
 Yahooの天気予報によると,今日の函館の天気は曇,予想最高気温15℃との予報です。
 今日も,クールビズだと寒いくらいかもしれませんね。

 今日から,第2回定例会が始まります。
 初日の本会議は,会期の決定や,前回の定例会閉会以降,各常任委員会や議会運営委員会で調査した事項の報告,今回の定例会に提案される議案の説明などが行われます。

 一般質問は,来週18日~20日で,私の質問は,19日の10;40~11:40までとなりました。
 質問項目は,今日の本会議終了後,3時間以内に議長に通告することになっています。
 何を質問するかは,最終的には,この締め切り時間までに決めなくてはなりません。

 22日・25日は,総務,経済建設,民生の各常任委員会が開かれ,提案された議案について,それぞれが担当する分を審査し,その可否を採決します。
 また,市民の方から提出された陳情などがある場合も,その内容が妥当かどうか委員会で協議・検討し,採択か不採択かを決定します。

 先日,東日本大震災で被災し,福島県から函館に避難して来られた方々から,生活支援についての陳情が,市議会あてに提出されましたので,それも議題となります。

 時間をとって調査・研究をしなければ,採択・不採択を決定できない場合もありますが,そのようなときは,継続協議という扱いになり,議会の閉会中も協議が行われることになります。

 26日には,議会運営員会で議事内容を整理し,28日の本会議で,議案や陳情について,委員会での審査結果=可否が報告され,採決が行われます。
 定例会はこのような流れで進んでいく予定です。

 ちなみに,議会に提案される議案は,市のホームページでご覧になれます。
 市ホームページのトップ左側の「部局のページ・組織一覧」→「各部局トップページへのリンク」“財務部”→メニューの「市議会提出議案」,と進むと各定例会に提案された議案がPDFファイルでご覧いただけます。

2012年6月12日 火曜日 (ブログ№54)

 おはようございます。
 ブログをご覧いただきありがとうございます。
 Yahooの天気予報によると,今日の函館の天気は曇,予想最高気温14℃との予報です。
 少し肌寒い天候となりそうです。

 昨日は,函館市議会では,13日から28日まで開かれる「第2回定例会」の運営を協議するため,議会運営委員会が開かれました。

 今定例会の議案は,一般会計・介護保険事業特別会計・病院事業特別会計の各補正予算案をはじめ,条例改正5件,物品購入契約4件,工事請負契約2件,などの計17件となっています。
 一般質問は,16人から申し出があり,18日~20日の3日間にわたり行われます。質問内容は,定例会初日の13日 に議長に通告しますので,みなさまには,その後にお知らせする予定です。

 委員会では,この他,課題となっている「議会報告会」や,「陳情の取り扱い」,「予算・決算審査のあり方」について,協議を行いました。

 また,昨日の夜は,自分もNPO法人としての社員を務める「NPO法人 工房・虹と夢」の総会に出席しました。

 同NPO法人は,障がい者及びその支援者に対して、自立支援及び社会参加に関する事業を行い、誰もが共に地域で安心して暮らしていける社会の構築に寄与することを目的としています。

主な活動の内容は,2007年4月より就労継続支援(B型)事業所を運営し,リサイクル石鹸やパン・菓子の製造、販売などを行い,障がい者の社会参加を支援しています。

 リサイクル石鹸は,調理に使った廃油を原料とし,固形,粉,液体と3種類が販売されています。
 パンとお菓子も,種類も豊富で,お菓子は乾パン,かりんとう,クッキー,クラッカー,プチフールケーキなどを作っていますが,イベント会場などでの販売なども行なっています。
 ぜひ,一度,お試しください。
 
 明日から市議会定例会がはじまりますので,今日は,一日その準備となりそうです。

2012年6月11日 月曜日 (ブログ№53)

 おはようございます。
 ブログをご覧いただきありがとうございます。
 Yahooの天気予報によれば,今日の函館の天気は曇,予想最高気温20℃との予報ですが,実際は,爽やかな青空が広がっています。

 昨日は,午前中に,雨模様の中,地元町会のみなさんと,町内の街路樹の根本に,花を植える作業を行いました。
 毎年,函館市住宅都市施設公社と各町会が提携して行なっている,幹線道路沿いなどに花を植える事業の一環です。
 雨天でしたが,花を植えたあとの水やりの手間が省け,ちょうどよかったようです。

 今日は,議会運営委員会が開催され,明後日13日に開会となる市議会第2回定例会の運営について協議することになっています。

 7月上旬に,民主党8区総支部として,各種団体などの方々を対象に,政策懇談会を開催することにしていますが,幹事長として,その準備も進めなければなりません。
忙しさも,いよいよ拍車がかかってきました。

 今日は,時間もありませんので,このへんで。

2012年6月10日 日曜日 (ブログ№52)

 おはようございます。
 ブログをご覧いただきありがとうございます。
 今日の天候は曇,予想最高気温は17℃との予報です。

 昨日は,市内で行われた「バイバイ大間原発はこだてウォーク⑦(第7回)」に参加しました。
 今回は,「脱原発国際交流函館アクション」と銘打って開催されましたが,韓国で脱原発運動をされているクリスチャンの方々が,「下北『核』半島地域スタディーツアー」というのを企画され来日中だったのですが,その一環として参加され,また,WCC(World council of churches 世界教会協議会)の核問題の取り組みの責任者の方も,スイスから参加されていました。
 千代台公園での集会後,五稜郭公園までデモ行進しました。
 
 今日の新聞に,家庭ごみの昨年度の排出量が,6万4000トンと過去最少となったとの記事が出ていました。
ただし,2015年度までに,排出量を5万7000トンにするという目標の達成は,このままのペースだと難しいとされています。

 燃やせないゴミは,処分場に埋められますが,その排出量が,現在の処分場が埋め立て先としていつまで使えるか,という問題にも直結します。
 処分場は,施設の性質などから新たにつくることは簡単ではないので,現在の処分場をできるだけ長く使うようにしなければなりません。
 2005年に廃プラスティックや繊維類などが,燃やせるゴミになったことなどで,燃やせないゴミの量は減っているとのことですが,さらなる減量が求められます。

 ゴミを減らすためには,ゴミがなるべく出ないような包装などの実現が必要ですが,地域全体での具体的な取り組みが急がれます。

 さて,今日は,これから地元町会のみなさんと,町内の街路樹の根本に,花を植える作業を行います。

2012年6月9日 土曜日 (ブログ№51)

 おはようございます。
 ブログをご覧いただきありがとうございます。
 今日の天候は曇,予想最高気温は15℃との予報です。

 昨日,野田総理が,福井県の大飯原発の再稼働に言及しました。
TVのニュースで記者会見の様子を観ましたが,国民の生活を守るためにと述べられています。

 私は,この再稼働問題については,いくつか明らかにしなければならないことがあると思います。
ひとつは,以前にも,ブログで申し上げたとおり,どのような試算で電力が不足するという結論になるのか,その試算のプロセスです。

 発電設備容量や実際に発電可能な電力量,各発電所の点検時期等の稼働スケジュールなど,試算の内容を明らかにし,そのうえで国民にも理解と納得を求めるという姿勢が必要ではないでしょうか。

 それから,もうひとつは,原発の安全性の議論はどこに行ったのかということです。
いくら安全対策をしても,それには限界があり,どんな状況にもすべて100%の対応ができるわけではありません。
 それは福島第一原発事故ではっきりしたわけですが,対応しきれなかった場合の影響や被害が甚大だからこそ,原発の再稼働に待ったがかかったはずです。

 これは私の推測ですが,関係者には,原発を再稼働したからと言って,すぐに東日本大震災のような地震や津波が襲うわけではない,という意識が根底にあるのではないかと受け止めています。

 仮に,発電量が消費量に追いつかず,突然の停電や,計画停電を余儀なくされることになれば,それはそれで影響が各所に出ることになるでしょう。
 もしそうなったら,責任は誰がとるのか,という問題にもなります。
 しかし,そういう状況であればあるほど,ただ足りないではなく,いろいろな情報をきちんと開示して,判断材料を提供することが大切なはずです。

 北海道でも,7%の節電要請がされています。
 こちらも,なぜ電力が足りないとなるのか,その試算のプロセスが明らかにされていません。
 ともすれば,本当に節電が必要なのか,原発の再稼働を狙っているのでは,と疑いたくもなります。
 しかし,突然の停電や計画停電の影響を考えると,とにかく7%の節電の達成を前提にしなければという気持ちにもなります。
 だからこそ,きちんと納得できるようにして欲しいと思うのです。

2012年6月8日 金曜日 (ブログ№50)

おはようございますではなく,こんにちはという時間になってしまいました。
ブログをご覧いただきありがとうございます。

 先日,介護保険料のことをブログに書きましたが,そのあと「自衛の老後-介護崩壊は防げるか-」(河内 隆著,新潮新書)という本を読みました。
本のタイトルだけ見ると,介護保険制度はもう先がないから,老後は自分でなんとかしなさいという内容なのかと思いましたが,実際の内容は,介護される立場に立った介護の実践例を紹介しながら,あるべき介護の姿や制度についての提言です。

介護の仕方,介護施設と在宅,認知症への対応,終の住処,看取りなど,著者が取材したことが書かれています。

介護保険制度は2000年に発足しましたが,何度も改定されていることもあり,正直,私のような素人には,全容が把握しにくいものでもあります。
直近では,昨年6月に改正があり,今年度からの介護保険事業計画に反映されています。
改正される度,解説本を読みますが,なかなか学習が追いつきません。

「自衛の老後」の著者も,介護の法令や通達など,複雑に入り込んでいる制度に,執筆も途中で挫折しそうになったと書いています。
それで,分からない者の代表のつもりで書こうと考え書いた,とのことです。
確かに,私なんかでも読みやすく理解できる内容でした。

介護保険は,国の法律によるものではありますが,運営は市町村であり,市議として分からないでは済みませんから,頑張って引き続き学習していきます。

2012年6月7日 木曜日 (ブログ№49)

 おはようございます。
 ブログをご覧いただきありがとうございます。
 今日の天気は曇,予想最高気温は20℃との予報です。

 昨日は,党務で札幌に出張しました。用務を済ませたら,直近の汽車で函館に戻るという慌ただしいスケジュールで,札幌での滞在は3時間でした。

 昨日,市議会の第2回定例会の議案が配付されました。
一般会計・介護保険事業特別会計・病院事業特別会計の各会計補正予算のほか,条例改正5件,物品購入契約4件,工事請負契約2件など,全部で17件です。

 一般会計は,約11億3700万円の増額案ですが,主な内容は,生活保護費の国からの補助金の返還(精算)が4億1500万円,道路の維持補修が1億7000万円,道路の新設が1億2000万円,予備費が4億5000万円,などとなっています。
 大雪の影響による道路の損傷の補修に例年より費用がかかるようです。また,保健所で購入予定の放射性物質の測定器(2100万円)の費用も盛り込まれています。

 これらの議案は,正式には,今月13日の市議会定例会の初日に提案され,各常任委員会で審査されることになります。

 定例会まで一週間となりました。今日も質問の準備などに勤しみます。

2012年6月6日 水曜日 (ブログ№48)

 おはようございます。
 ブログをご覧いただきありがとうございます。
 今日の天候は雨,予想最高気温は18℃との予報です。

 昨日は,道南地域平和運動フォーラムという団体が主催した講演会に参加しました。
内容は,「沖縄戦の体験と辺野古の闘いを知る」と題し,沖縄在住で島袋文子さんによる講演と,辺野古の基地建設反対運動を描いた映画の上映でした。

 太平洋戦争末期に,沖縄住民を巻き込んだ地上戦が行われました。
 この沖縄での戦闘は,6月23日に,組織的な戦闘が終結したとされ,現在は沖縄慰霊の日とされています。今回の講演会は,この6月23日にあわせ開催されたものです。
(沖縄戦は,実際は,6月23日以降も局地的な戦闘が行われ,南西諸島守備軍が降伏文書に調印したのは9月7日のことです。)

 島袋文子さんは,1929年生まれ。16歳のときに,沖縄本島南部の糸満で沖縄戦を体験されました。1997年以来,辺野古住民として,基地建設に反対し続けておられます。
 講演では,「鉄の暴風」と呼ばれた激しい戦闘の中,母親と弟を連れて逃げたことや,たくさんの悲惨な死を見たこと,豪の中で自分も火炎放射器で焼かれたこと,などの体験を語ってくださいました。
 そして,「戦争は絶対してはいけない」「基地があるから戦争が起きる」と言われたのが印象的でした。

 あわせて上映された映画は,「ラブ沖縄@辺野古」というタイトルで,沖縄・普天間基地の辺野古移設の反対運動の様子を描いたドキュメンタリー映画です。
 講演会には,この映画を制作した藤本幸久・影山あさ子両監督も参加されました。
 
 1959年9月に,沖縄で3人の海兵隊員が12歳の少女を暴行するという事件が起きました。
10月には,8万5000人が参加して,この事件を糾弾し,日米地位協定の見直しを要求する沖縄県民大会が開かれました。
 このことを発端として,日米政府は基地負担軽減の検討を行い,その最終報告で出されてきたのが,普天間基地の返還でした。
 しかし,その代替施設が必要とされ,移転先とされたのが名護市の辺野古だったわけです。民主党政権になってから,2009年,当時の鳩山首相が,最低でも県外移設と発言したものの,結果としては,2010年に日米政府は辺野古移設で最合意してしまいました。

 沖縄は,日本の面積の0.6%しか占めていないのに,在日米軍基地の約70%が存在します。
 基地があることにより,まちが分断されていたり,軍用機の墜落の危険性とも隣合わせの日々を余儀なくされています。
 戦後67年,復帰後40年経っても,沖縄は基地問題に苦しみ,過重な負担を強いられていることについては,私たちも考えなくてはなりません。

 島袋文子さんの講演会は,帯広と札幌でも開催されます。

 さて,今日は,これから党務で札幌に出張です。

2012年6月5日 火曜日 (ブログ№47)

おはようございます。
ブログをご覧いただきありがとうございます。
今日の天候は晴れ,予想最高気温18℃との予報です。

昨夜の月食はご覧になりましたか。
肉眼で観ると,月が雲に隠れているのか,月食で欠けているのか,少し分かりにくい状態ではありましたが,しばし観察していました。
明日の朝は,金星が太陽の前を通過するという現象が観られるそうです。
観察には,日食めがねなどが必要だそうですが,まだ売っているでしょうか?

 市議会の第2回定例会(6月議会)が来週13日から29日まで開かれます。
 今日は,所属する会派の会議が開かれ,質問項目などについて話し合うことになっています。
明日6日は議案が配付され,7日には発言(一般質問)の締め切り,11日は議会運営委員会の開催,13日は質問項目の通告,というように準備が進められていきます。
 私も,本会議で質問する予定です。
 
さて,今日は,時間もありませんのでこの辺で。
大したことを書けず申し訳ありません。

2012年6月4日 月曜日 (ブログ№46)

おはようございます。
今日は曇のち晴れ,予想最高気温19℃との予報です。

昨日の新聞に,介護保険料について,この春の改定で65歳以上の保険料が,6100円と全道最高となった宗谷管内の豊富町の話が載っていました。
介護保険事業計画は,この春に2012~2014年度分の新しい計画が作られているのですが,それに伴い道内でも多くの市町村で介護保険料が上昇しています。

函館市は,前計画期間では,3950円(基準月額)だったのですが,今期では5020円になっています。
当市の場合は,地域包括ケア,特別養護老人ホームの増床,などを計画に盛り込んだことが要因と説明されています。

サービス(給付)を充実させると,保険料にも影響するわけですが,研究者の中には,国民年金での生活者の場合は,月額5000円程度が限界であろうと指摘する方もいます。
次の改定は3年後ですが,これ以上の負担は難しいのではないかと思います。

3月の市議会定例会で,介護保険料の値上げについて質問しましたが,介護保険の運営は,市町村が行なっているものの,制度は国の法律によるものであるため,市町村だけでは如何ともし難い状況もあります。
給付と負担の話になると,ともすれば,給付を抑制して保険料も抑えるという方向にいきがちですが,そうではない方向でこれらの課題が解決されることを期待したいと思います。

2012年6月3日 日曜日 (ブログ№45)

おはようございます。
今日は曇のち晴れ,予想最高気温16℃との予報です。

今月から解禁となったスルメイカの初水揚げは,12.2トンと,初日としては近年にない好漁とのこと。幸先の良いスタートとなったようです。

昨日は,市内駅前の和光ビルで開催された「第2回はこだてIT見本市」に行ってみました。23社・団体の出展で,地元の関連企業や団体が開発した技術や製品が紹介されていました。

はこだて未来大学のブースでは,水産資源や海洋の気象情報をiPadで見られるようにした,漁業を支援するシステムについて,学生が一生懸命に説明してくれました。
まだ試験を繰り返すなど開発途上とのことですが,iPadを持って漁に出るという時代もそう遠くないかもしれません。

ジョルダンという会社のブースでは,地域密着型情報配信サービス「CommuCs」というものが紹介されていました。
函館市のホームページに載っている情報や,飲食店,避難所の情報など,函館のまちに関する情報が,一括して検索できるシステムがデモンストレーションされていました。

これは,スマートフォンやタブレット端末での使用を想定し,特徴は,文字を入力して検索するというのではなく,操作は全て画面にタッチするだけという使い方です。これならキーボードで入力したことがない人でも使えるなと感じました。

HIDという会社のブースでは,この会社が作った各地方自治体のホームページが紹介されていました。
これらを見て,函館市のホームページは,もっとポップで,ビジュアルを重視した画面でもいいかもしれないなと思いました。デモされていたものを見ると,トップページにその自治体の名所の写真がスライドショーで表示されているなど,見ても楽しいページになっていましたので。

NTTのブースでは,家庭内消費電力推計システム「フレッツ・ミルエネ」が紹介されていました。電気回路に機器を組み込んで,消費電力量をタブレット端末,スマートフォンに表示できるようにしたものです。

なんだか,自分の興味を惹かれたブースのことだけ書いてしまいました。
こうした見本市は,本来は,企業の方向けなのかもしれませんが,今,地域ではどんなものが研究開発されているのか,知る良い機会でもあります。
函館は未来大もありますので,IT分野でも,さらに産学官連携が進めばと思います。
見本市は,イベントとしては,会場に,もう少し華やかさといったようなものが,演出されていたらよかったかなと思いました。

2012年6月2日 土曜日 (ブログ№44)

おはようございます。
今日は曇のち晴れ,予想最高気温20℃との予報です。

昨日,2011年度の函館の観光客数が発表されました。
前年度比10.4%減の410万8000人とのことですが,やはり震災の影響が大きかったようです。震災直後,外国人観光客がいなくなったということもありました。
一方,修学旅行生は,75,700人と増えているとのことですが,大人になってから,また函館を訪れてくれるなど,リピーターになってくれたらと思います。

入り込み数の増とあわせ,今後は,滞在日数を増やすことも目指す,などと議会質問の答弁などでも言われます。外国からの観光客数の増も課題とされます。
市では,国内外に対しプロモーション活動を行なっていますが,資源はたくさんあるのだから,後はどう売るかだ,との声も聞かれます。
以前,道南の広域観光についてブログに書きましたが,近隣の市町との連携も必要になるでしょう。

函館市議会の政務調査費の使途について,市のホームページで公開することとなっていましたが,2011年度分が昨日アップされました。
支出伝票や領収証も全て公開されています。
ここだけは,他市に負けないだけの公開度だと思うのですが,いかがでしょうか。
当該ページには,市のホームページの「トップ・新着情報」からお入りください。

突然ですが函館といえばイカ。昨日から,スルメイカ漁も解禁になりました。海水温が低く,燃油も高いなど,好条件ではないと言われていますが,豊漁になるといいなと思います。

2012年6月1日 金曜日 (ブログ№43)

おはようございます。
今日も晴れ,予想最高気温19℃との予報です。

昨日は,終日,議会の控室にこもり,定例会の準備をして過ごしました。

今日の新聞に,函館市の医学部誘致の話が出ていました。
まだ,国が,医学部の新設を認めるかどうかも未定で,同志社大学も新設の意向を示していないとされており,市長も,期待をもって進めていく段階ではない,と語っているとの内容です。

函館市医師会会長は,地元への医療の質の向上や経済効果も期待できるとする一方,医学部には付属病院の設置が必要ですが,市は,市立病院や大規模病院を連携病院として活用することを検討する方針というものの,市病院局では,解決しなくてはならない課題が大きいとしている,と報じられています。

また,議員の立場としては,函館市の財政的な負担などはあるのか,もし負担が生じるとしてもクリアできる範囲なのだろうか,などという心配もあります。

医師不足の解消に期待する声もあるとのことですが,以前,政策懇談会を行ったときに,檜山の町長さんから,地元に産科医がおらず安心して出産もできないと伺いました。
もし,こうした課題の解決につながるなら,函館市がというより,道南全体で誘致に取り組むという姿勢でもいいのではないかとも思います。

それにしても,医学部新設の可否や,函館に誘致できるか否かについては,いつ判ることになるのでしょうか。

さて,今日から6月です。今日からクールビスで過ごせます。最近,スーパークールビスなるものが出現しているようですが,私の場合は,ネクタイをしめなくなるだけで,あとはいつもどおりスーツ着用です。

«  | ホーム |  »

私のブログへようこそ

函館市議会議員の「みちはた克雄」でございます。 ブログをご覧いただきありがとうございます。 函館市政や市議会のこと,私の活動のお知らせはもちろん,国や各都道府県・市区町村での出来事などについても私の考えをコメントさせていただきます。

プロフィール

函館市議会議員 道畑克雄

Author:函館市議会議員 道畑克雄
1961年札幌市生まれ。
少年期を千歳市で過ごし,1974年函館市民に。
1980年函館東高卒業。同年より,函館市役所に勤務。
2006年退職。
2007年函館市議会議員に初当選。現在3期目。
所属会派~「民主・市民ネット」(会派幹事長)
市議会民生常任委員、議会運営委員。
民進党北海道第8区総支部副代表

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスカウンター

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (2009)
twitterまとめ (1)

Facebookページ「函館市議会議員 みちはた克雄」も開設しています

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR