2012-05

2012年5月31日 木曜日 (ブログ№42)

おはようございます。
今日も晴れ,予想最高気温19℃との予報です。

昨日は,函館市議会の民生常任委員会が開かれ,先に提出のあった陳情を審査しました。
内容は,(1)函館の保育・学童保育,子育て支援の充実について,(2)函館市男女共同参画施策の推進について,の2件です。

 詳しくは,Facebookページ「函館市議会議員 みちはた克雄」をご参照ください。
http://www.facebook.com/hakoshigi.Michihata

今日の新聞に,市が,「海洋発電参入へ調査」との見出しで,海流や潮流を利用した海洋発電への参入に向けた調査を開始したとの記事が出ていました。
 いわゆる再生可能エネルギーということになりますが,もし,実現できれば,地元の新たな産業ということになり,地場の企業にも効果の波及が期待できると思います。

 実は,先に,道内で再生エネルギー振興機構という組織が立ち上げられ,72市町村が参加したと伝えられているのですが,函館市は参加しないのか,また他の地域で取り組んでいるメガソーラーような,比較的大きな発電設備の建設などの取り組みはしないのだろうかと思っていました。

 この海洋発電は,まだ調査の段階のようなので,具体的なことは明らかにならないのかもしれませんが,実現を期待したいと思います。

5月も今日で終わりです。いつもの言い方になりますが,月日が経つのは早いですね。
市議会も,明日から,服装はクールビスでOKとなります。
スポンサーサイト

2012年5月30日 水曜日 (ブログ№41)

おはようございます。
今日は晴れ,予想最高気温18℃との予報です。暖かさが戻ってきました。

昨日は,終日,再来週から始まる定例会向けて,政策課題の調査などをして過ごしました。

政策課題については,自分の考えをときどきブログにも書かせていただいていますが,喫緊の課題として,気になっていること,注目しているものとしては,次のものがあげられます。

小中学生の通学路の安全確保,節電要請への対応,同志社大学医学部の設置と函館への誘致,補助金の見直しと今後のあり方,東日本大震災の被災者で函館への避難者に対する支援,交通乗車料金助成の見直し後の状況,自治体でのクラウドコンピューティングの活用,防災計画の見直し内容の是非,行政改革の新計画の内容,HACの経営と路線,中心市街地活性化基本計画の動向,震災がれき(災害廃棄物)の受け入れ問題の動向,自転車の通行環境整備,大間原発,など。

この他にも,自分が気がついてないものや,表面化していないものがたくさんあると思います。それらをいかに見つけるかも重要で,議員になってから,そうした課題にどうやったら気づくことができるかが,自分のテーマのひとつにもなっています。
そのための一つの方策として,市民・有権者のお話を聞く機会を増やすことや,幅広く学習をする必要があると考えています。

今日は,議会の民生常任委員会への出席を予定しています。

2012年5月29日 火曜日 (ブログ№40)

おはようございます。
今日は曇,予想最高気温16℃との予報です。昨日はよりは暖かいようです。

昨日は,函館市住宅都市施設公社の評議員会に出席しました。
同公社は,函館圏の住生活環境の向上のために必要な事業と住宅団地や公的施設の管理に関する事業を行うために20年前に設立されました。
道営・市営住宅の維持・管理や公園の管理・運営,ほかにはガーデニング講座や自然観察会,街なかに花や緑を増やすための事業などを行なっています。

評議員会は,行政,商工,建築,町会,市民団体などの関係者15名で構成され,年に数回開催されています。
昨日の評議員会は,「平成23年度事業報告および決算」が主な議題でした。会計の規模としては約18億円となっています。

同公社に関する行事のお知らせですが,来月6月23~24日に,同公社などが実行団体になり,旧クイーンズポートはこだて前広場(摩周丸前)を会場に,「花と緑のフェスティバル」が開催されます。

このほか,7月21日から,「2012公園フェスティバル・公園スタンプラリー」が,7月29日には,市民の森(上湯川)で,「2012市民の森アジサイフェスタ」が行われますので,どうぞ足を運んでみてください。

詳しくは,同公社の広報紙「ユーネット」やホームページをご覧ください。ホームページには「市民の森」売店のソフトクリーム割引クーポンのページもありますよ。

2012年5月28日 月曜日 (ブログ№39)

おはようございます。
今日は曇,夜には雨との予報,気温も予想最高気温13℃と少し肌寒い天気ですね。

昨日は,テーオーデパートで開催されている,「第37回ホビークラフトフェア-私の手づくりまつり」を訪れてみました。
いろいろなサークルや団体の方々が,文字どおり手作りのアクセサリーやリメイクした洋服など,手芸・工芸品などを出品・販売しています。

私がNPO法人の社員を務めている「NPO法人 工房・虹と夢」も,お菓子やパンを販売しています。(パンは29日に販売するそうです)
第1部が5月30日まで,第2部が6月1日~6月5日まで,出品団体等が入れ替わりますが,足を運んでみてはいかがでしょうか。時間は10~16時(最終日15時)です。

今日の新聞に,通学路の安全に関する市教育委員会の調査結果の記事が出ていました。以前,調査することになったことについてブログに書きましたが,改善要望になかなか応じきれていない状況のようです。

ガードレールや歩道などのハードのほか,対策として登校・下校の時間帯は,学校付近の道路へクルマの乗り入れができないという通行規制を実施しているところもありますが,道路や場所によっては,そうした通行規制は難しいところもあるでしょう。
気をつけていても,偶発的に事故が起きる場合もありますから,注意をといっても限界もあります。

また,通勤通学時の自転車が危ないので注意を促している小学校もあることが記事に書かれていました。
以前,自転車の通行環境整備の調査を行ったときに,ある小学校の通学路が,歩道も車道も自転車が溢れ,そこを小学生が登校するという状態に遭遇し,よく事故が起きないなと思ったことがあり,改善を要望したことがありました。

予算や用地に制約も多く,全ての要望には応えきれないとのことですが,自分としてももう少し調べてみようと思います。

今日は,函館市住宅都市施設公社の評議員会の出席などを予定しています。

2012年5月27日 日曜日 (ブログ№38)

おはようございます。
今日もいい天気ですね。

昨日は,行事などへの出席で一日を過ごしました。分刻みといったようなスケジュールだったのですが,まるで政治家みたいだなと思いながら行動していました。

新聞のスクラップ作業が10日分ほど溜まってしまい,今朝はスクラップ作業をしていました。
時間が過ぎると,何があったかさえ忘れてしまうので,記事の書き方の是非は別にして,後で政策課題などを考えるときに活用するために,函館市に関することや,国政,道政のほか,他の自治体のことでも,函館市にも関係ありそうなこと,あとは自分の興味のあることなどの記事を保存しておくようにしています。

スクラップと言っても切り抜くわけではなく,ハンディスキャナーでスキャンして,そのデータをクラウドサービスを利用して保存しています。
私の場合は,データを一旦,dropboxに保存しておいて,後からevernoteにデータを送り,タイトルやタグをつけて編集し保存しておくのですが,これによりキーワードで検索して記事を見つけることができます。
また,クラウドなので,データを持ち歩かなくても,他のPCやスマホからでも見たり編集することが可能です。

クラウドサービスは,インターネットを利用して,どこかのサーバーにデータを預かってもらっているので,想定されるリスクへの対応も大切です。
私は,個人情報をはじめ,取り扱いに注意が必要なデータはクラウドに上げないようにしています。また,万が一データ消失に備えてバックアップを心がけています。

さて,今日も,いろいろ行事が行われているので,何カ所か訪問して来ようと思います。

2012年5月26日 土曜日 (ブログ№37)

おはようございます。
天気予報では,今日の午前中まで雨の予報だったようですが,上がりましたね。
爽やかな青空が広がっています。

昨日は,日頃,お世話になっている方が主宰する「衣の会」という会の,結成15周年を記念して行われた「松井 誠特別舞踏ショー」を拝見させていただきました。
衣の会は,着付けを学ばれた方々がつくる勉強会です。
松井誠さんという役者さんは,ときどき函館でも公演を行なっているそうです。
私は,芸能の世界には全く疎いので存じ上げませんでしたが,52歳とは思えない若々しさと動きに,ちょっと圧倒されました。

今日は,地元町会の老人会の総会をはじめ,自治体職員野球大会の渡島地区予選大会など,いろいろな行事への出席を予定しています。

というわけで,今日のブログは,昨日の報告と今日の予定だけで終わります。大したことが書けず,読んでくださった方には申し訳ありません。

2012年5月25日 金曜日 (ブログ№36)

おはようございます。
ブログをご覧いただきありがとうございます。

昨日は,市議会で臨時会が開かれ,国民健康保険事業特別会計と,自転車競争事業特別会計の,平成23年度の収入不足を24年度から補填する「繰上充用」の議案が提案され,原案どおり可決しました。
この2つの会計は,いわゆる赤字の状態で,もちろんその原因などの分析は別途必要になるでしょうが,法律上,赤字のままにはしておけないことになっています。

4~5月の2か月は,前年度の出納の整理期間となっていますが,5月末で出納閉鎖となりますので,この時期に臨時会を開いて,このような手法を取り整理するということになります。
決算の内容自体の議論は,今後,9月定例会のときに設置される予定の決算特別委員会で行われることになります。

今日の新聞に,市長の定例記者会見の内容が載っていました。
同志社大学の医学部設置と函館への誘致問題や,震災がれきの受け入れの動向,国際水産海洋総合センターの建設工事にかかる予定価格の件,職員の給与・退職手当の削減,等々の課題が羅列されていました。
中には,市議会の6月定例会で,改めて市長の考えを訊くなど議論されるものもあるかもしれません。

6月議会もだんだん近づいてきました。私も準備を急がなくてはなりません。
そういえば,クルマの税金の納付書が来ていたのを思い出しました。忘れないうちに払わなければ。

2012年5月24日 木曜日 (ブログ№35)

おはようございます。
今日の天気は晴れ,予想最高気温は20℃との予報です。今日は暖かくなりそうです。

昨日は,私の後援会などが主催団体となって,ビアパーティーを開かせていただきました。季節的には,まだビアパーティーという時季でもありませんが,例年,この時期に「みちはた克雄ふれあいパーティー」と銘打って開催させていただいています。
昨年は,4月に統一地方選挙などもあったため,選挙後もなかなか日程がとれず開催できませんでしたので,2年振りの開催でした。

昨夜,比較的大きな地震が函館市でもありました。
震度4と報道されていましたが,みなさんのところは大丈夫だったでしょうか?
新聞を見る限り,特に被害は報告されていないとのことですが,何もなければいいのですが。

奇しくも,今日の新聞に,「市防災会議」が,地域防災計画の改正案を承認したとの記事が出ていました。
東日本大震災の検証から,見直し作業が行われてきたものですが,津波対策や津波一時避難所の確保,備蓄食料にアレルギー対応品目に変えることなどが盛り込まれています。

また,毎年,9月1日に,港町埠頭で行われてきた防災総合訓練は,実際の震災対応に繋がっていないとして,官庁や団体など関係機関よる訓練と,住民向けの訓練と,2会場で実施するとされています。
この訓練は,私も毎年見に行っていましたが,やはりどちらかと言えばデモンストレーション的な感じのものでした。
防災計画については,今後も,国や北海道の計画の見直しにより,さらに修正を図るとしています。

私も,今回の改訂案を見ましたが,防災意識の高い地域をつくる視点で,「防災教育」を取り入れることを盛り込んで欲しかったなと思います。
以前のブログにも書きましたが,立派な計画をつくり,避難所の設備などを改善したにしても,結局は,避難しなければ助からないケースもあるわけで,まずは心構えだという指摘はもっともだと思います。
町会などに対する意識の啓発などは盛り込まれていますが,子どもたちに対し,学校教育のカリキュラムのひとつとして実践できないのかと考えています。

今日は,市議会の臨時会への出席などを予定しています。


2012年5月23日 水曜日 (ブログ№34)

おはようございます。
今日の天気は曇,一時雨,予想最高気温は12℃との予報です。気温は昨日よりさらに低いですね。

昨日は,市議会の議会運営委員会が開かれました。
明日24日に市議会臨時会が開かれることになり,その議会運営の内容を整理しました。

「国民健康保険事業特別会計」と「自転車競争事業特別会計」(競輪)について,平成23年度分の収入が不足したため,その不足分を平成24年度の収入を持ってきて充てることになるのですが,その取り扱いには議会の議決が必要なため,臨時に議会が開かれることになったものです。
ちなみに,この次年度の収入を繰り上げて充てる手法を,財政用語では,「繰上充用」(くりあげじゅうよう)と言います。

このほか,議会運営委員会では,「函館市自治基本条例」に規定されている,「議会・議員の責務」について,それに関わる取り組みをどのように評価するかについて,協議を行いました。

自治基本条例というのは,その自治体が「まちづくり」を行うにあたり,基本的な姿勢やルール,市や議会,市民の権利や責務などを明確にしたもので,最近,制定する自治体が増えています。

条例の内容は,どこの自治体の条例もそうですが,市の責務がうたわれていたり,市民のまちづくりに参加する権利について書かれていたり,「当たり前のことだよな」と思えるものが盛り込まれることになるのですが,その当たり前とも思えることを,自治体の基本姿勢として明らかにし,条例という形にすることにも意義があると考えられます。
自治体によっては,◯◯市の憲法(その自治体にとっての最高規範という意味で)と称するところさえあります。

函館市も,3,4年ほど前になるでしょうか,議会での議論を発端として,市長の下で市民の方々による自治基本条例の検討委員会が結成され,条例の原案が作られました。
議会では,その原案を一年間かけて議論し,一部については修正案も作成して,一昨年に成立させました。

議論を進めるにあたっては,私も,先進市と言われる自治体へおもむき,調査をしたほか,修正案も作成しました。いろいろと苦労はありましたが,自分の考えた条文が条例に盛り込まれることにもなり,頑張って作業をしてよかったなと思います。

自治基本条例について,今後の課題は,この条例を,市民も,行政も,議会も,日常的に意識して,さらに実感と実態の伴うものにすることでしょうか。

2012年5月22日 火曜日 (ブログ№33)

おはようございます。
今日の天気は曇ときどき晴れ,予想最高気温は15℃との予報です。ここ数日の中では,少し低めですね。

昨日は,金環日食,部分日食で,盛り上がったようですね。特に,小中学生や若い方たちは,生まれて初めて見る日食だったのでしょうから,楽しみにしていたことでしょう。

昨日のTV番組の話ですが,金環日食と部分日食の境界を調べて,金環日食が見られる地域の幅の距離を測定し,そこから太陽の大きさを計算するという試みが紹介されていました。
太陽の大きさは,直径で約70万㎞と言われますが,実は,正確な数値はわかっていないとのことで,これだけ科学が発達した時代になっても,そんなことがあるのかと思いながら観ていました。

昨日の議会改革の話の続きになりますが,今日の某経済新聞に道内の35市の「議会改革度」ランキングが出ていました。
議会の運営方法などを明文化した議会基本条例の制定や,住民参加,情報公開の水準で判定されているようですが,1位は登別市で,函館市はベスト20にも入っていません。

情報公開という点では,昨日のブログに書いたとおり,政務調査費については,他にひけをとらない内容の公開度だと思いますが,議案に対する賛否や,議会の活動内容などを伝えるという点では,その広報の方法も含めて,まだまだだと思われます。

住民参加についても,議会報告会を実施することを決めたばかりで,このほかに議会として住民の意見や考えを聴くという機会を設けてはいません。他市では,市民が提出した陳情などについて,委員会などに出席のうえ,意見を述べる機会が保障されているところもあるようです。

 議会基本条例は,議会が何をすべきか,どうあるべきかを明確にするために制定するもので,道内では7市で制定されていますが,函館市では未制定です。
地方自治法には,議会についての規定があり,函館市の自治基本条例にも,議会や議員のあり方については,その一部を盛り込みましたが,何をするのかを含めて,市民に明らかにし,普遍化する意味でも,議会基本条例を制定するべきだと考えられます。

議会のあり方を考えるにあたっては,他市との競争や,ランキングを上げることではなく,住民にとってどうあるべきかが大切なのはいうまでもありませんが,それにしても,函館市は,総じて他市よりも取り組みが遅れていることは自覚しなければなりません。
まずは,函館市議会全体で,この認識を共有できるかどうかからだと思います。

2012年5月21日 月曜日 (ブログ№32)

おはようございます。
今日の天気は曇のち晴れ,予想最高気温は18℃との予報です。

テレビをつけたら,「東京『金環日食始まりまであと◯時間◯分◯秒』」とカウントダウンが表示されていました。函館では,部分日食にしかならないそうで,少し残念です。

昨日は,市内の中学校を会場に開催された,小中学生と幼児の空手大会に,大会役員として出席させていただきました。
130名ほどの参加で,札幌方面などからも参加があったようですが,熱戦が繰り広げられました。

流派によって試合の仕方が違うのでしょうが,この大会では,ヘッドプロテクターをつけ,手,膝,足の甲には,クッション材入りのサポーターをつけて,相手を直接,突く,蹴るという形です。
試合時間は,1分30秒ですが,その間は休む間もなく,文字通り突きまくる,蹴りまくるといった状態で,見ていると圧倒され釘付けになります。

幼児の試合は,何となくかわいらしく,見ているほうも微笑ましく思えますが,小学生も高学年の試合になると技のスピードやダイナミックさは,迫力満点です。
時々,あたりどころが悪くて相当痛いのか,泣きだしてしまう子どももいたりしますが,一生懸命に試合をする姿を見て,スポーツに限りませんが,何かに打ち込むというのはやはりいいものだなと改めて思いました。

今日の新聞に,五稜郭公園にある「箱館奉行所」の入場者が,昨日,50万人を達成したとの記事が出ていました。
これまで,施設が当時の状態が忠実に復元されているあまり,冬の防寒対策が思うようにできなかったり,今年の冬は,大雪の影響で瓦が落ちてしまったりと,何かと困難な状況にも見舞われていますが,入場者数が順調に伸びているのは喜ばしいことです。

開館以来,訪れたことのある方からは,防寒の問題のほか,展示物の充実や,奉行所の価値などが十分理解できるようなしくみが必要など,いろいろな声をお聞きしていますが,多額の費用をかけて建設したものであり,観光資源として十分に活用されなくてはなりませんし,何回でも訪れる価値のある施設とすることも大切だと思います。

話題をもうひとつ。
新聞記事からのネタですが,某経済新聞社が,全国810市の議会を対象に,議会の情報公開や住民参加などの進み具合を調べた,「議会改革度」の調査結果が出ていました。
ちなみに,ベスト10にも,ワースト10にも,北海道の市議会は入っていません。

先日も,函館市議会の議会改革について,議会報告会のことなどをブログに書かせていただきましたが,記事には,政務調査費の使途の公開についても書かれていました。
政務調査費は,法律上の扱いは議会への補助金という性質なのですが,議会や議員の調査研究に充てるもので,函館市議会では,行政調査で他市の状況を調べに行くときや研修会に出席するときの旅費,書籍・文献などの資料購入,市民や団体との広聴会の開催費用,会派執務室のコピー機のリース料などの事務用品費などに使われています。

記事には,政務調査費の使途を公開しているのは3割の議会しかないとされていますが,函館市議会では,金額にかかわらず,支出には全て領収証が必要ですし,支出の内容や関係書類も全て閲覧できるようにしています。今年度からは,さらにインターネットのホームページで公開することになっています。

2012年5月20日 日曜日 (ブログ№31)

おはようございます。
今日の天気は晴れ,予想最高気温は20℃との予報です。

昨日は,自分が事務局長を務める「民主議員ネット道南」という団体の政策研修会を開きました。
同団体は,「参加,分権,自治,公開の自治体政策立案とその実現に向けた議員活動と議会活動を積極的に行う」ことを活動の目的とし,趣旨に賛同する8区管内(道南)の道議会議員や市町議員,二十数名で構成しています。

今回の研修は,「新幹線時代にふさわしい道南の広域観光」をテーマとし,道南圏の今後の観光について,どのように考えられているのか,講師を渡島総合振興局にお願いし,レクチャーしてもらいました。

2015年に北海道新幹線が開業し,現在建設中の北斗市の新駅まで新幹線が来ることになります。これに観光や経済的な面からどう備えるかが課題になっています。

2010年の青森開業の時を例にとると,開業3か月間で,青森市だけではなく,弘前市,十和田湖畔,むつ市など,周辺地域でも,宿泊客が対前年比で10%以上増加したとの調査結果があります。

道南圏の観光の基本的な枠組みとして,着地型観光を定着させることを目標に,道南圏を地域の特徴ごとに4つのエリア,「八雲・長万部・せたな」「北斗・環駒ケ岳」「西部9町(木古内・松前・江差など)」「函館エリア」に分けて,それぞれの特徴を生かした観光を開発し,さらに4つのエリアをネットワーク化するという考えが打ち出されています。

一例をあげると,北海道というと食が観光資源のひとつですが,道南というとこれまではどこに行っても海産物がメインとされる傾向がありましたが,例えば八雲などでは,酪農も盛んですから,肉も注目されており,観光資源にできるのではないかと考えられているとのことでした。

道南圏の観光客の入り込み数は,2011年度の上半期と前年との比較ですが,減少傾向にあります。東日本大震災で,外国人観光客が激減しているという要素もあります。
北海道・道南は安全であることのPRや,プロモーションもさらに必要になるでしょうし,インターネットを活用して,旅行プランを立てるという時代でもありますから,サイトの開設や検索しやすいサイトなども求められるでしょう。

3年後の新幹線北海道開業に向けた市や関係機関の取り組みについて,なかなか具体的に見えてこないとの声も聞かれます。まず,それを市民のみなさんにも見えるようにすることが,急務なのかとも思います。

今日は,市内で小中学生の空手大会があるのですが,大会役員を仰せつかりましたので,これから会場に行って開会式に出席します。
そのほか,おおさか誠二衆議院議員の連合後援会の総会への出席を予定しています。

2012年5月19日 土曜日 (ブログ№30)

おはようございます。
今日の天気は晴れ,予想最高気温は18℃との予報です。

昨日は,私も顧問を務めさせていただいている「函館商工連盟」という団体の通常総会に出席しました。同団体は,市内の中小企業40社あまりで構成され,業種は,飲食,板金,印刷,建築,自動車販売や修理,ホテルなど多岐にわたっていますが,地場産業の振興と会員相互の親睦を目的として活動しています。

私も,月1回の役員会に出席し,取り組みなどについての議論に参画しています。
また,市議会「民主・市民ネット」では,年に何回か,同連盟と議会報告会を共催し,会員のみなさんに,市政や議会への理解を深めてもらう取り組みを行なっています。

市政においても,地域振興の要素として,地場の中小企業の振興は課題のひとつとなっており,中小企業振興条例も制定されています。
しかし,ご案内のような経済状況下であり,市役所が地域経済を全てコントロールできるわけではなく,特効薬のような政策はなかなか見いだせませんが,少なくとも,市から発注する業務について,地元で対応可能なものは,地元企業を優先する制度とするべきだと考えられます。

また,昨日の総会で,ここ数日,新聞でも報道されていたイオンの出店が話題として出ていました。
理事のお一人は,市民生活において,消費の選択の幅が広がることはいいのかもしれないが,それによって地元の店や企業が圧迫されることになったら,いたしかゆしだというお話をされていました。
函館駅前へのイオン出店も取りざたされています。賑わいの創出にもつながるとの話もあるようですが,その理事の方が言われた二律背反とも言える話は,果たしてクリアできるのだろうかとも思います。

さて,ブログを書き始めてちょうど1か月です。当面,毎日更新することを目標にしてみましたが,何とか続けられました。もちろん,内容が大切ですから,読み応えのあるものが書けるように努力いたしますので,今後もよろしくお願いいたします。

2012年5月18日 金曜日 (ブログ№29)

おはようございます。
今日の天気は晴れ,予想最高気温は19℃との予報です。週間予報では,気温もしばらくは20℃くらいの日が続きそうです。

昨日は,「函館市学童保育連絡協議会」という団体の総会に出席しました。

学童保育とは,保護者などが仕事等で昼間に家庭にいない児童(小学生)を,放課後などに保育することで,その施設を学童保育所と言い,その設置は現在では自治体の業務と位置づけられています。
函館は委託で運営していますが,道内の主な市では,釧路や旭川などが市の直営となっています。

市内では,2011年4月現在,45箇所(函館市が委託している施設の数)の学童保育所があります。入所児童は1430人で,小学生の数は年々減少していますが,入所児童数は増える傾向にあるとされています。

同協会は,これらの学童保育所のうち,17箇所の学童保育所により構成され,「保護者や指導員,専門家が連携して,学童保育の啓蒙,普及・発展を図り,保育内容の研究,施設の拡充,制度の充実を求めること」を目的としています。

運営は,保護者等による運営委員会が担っているところが多く,財源は,保護者が支払う保育料と市からの補助金(国からの補助金も含む)で,概ねかかる費用を保護者と市とで折半している形ですが,運営は厳しいところが多いようです。

施設の設置場所も小学校に併設だったり,民家の借り上げだったりとまちまちで,そうしたことからもかかる費用が施設によって違うため,保育料も開きがあり,(月額8,000円~1万6000円位),高い場合は,保護者の経済的負担も増すことにもなります。
また,子どもたちを見てくれる指導員,いわゆる先生の雇用や給与の処遇も決して十分なものではないこと,などが課題としてあげられています。
特に,保育料の軽減については,昨年も,市に対して陳情が出されています。

今年2月の市議会定例会でも,学童保育の保育料や指導員の配置について,「施設ごとのばらつきをなくし均一化を図るべきでは」との質問が出され,市長から「標準モデルを構築したうえで,保育料の減免などの対応を考えていきたい」と答弁されています。
なお,予算の面では,今年度は,教材費の補助を増額させることができました。

昨日,ブログに市の組織機構の再編について書きましたが,学童保育は,所管が教育委員会から子ども未来部に変わり,市議会側の所管も総務常任委員会から,現在,自分が所属している民生常任委員会で取り扱うことになりました。この引き継ぎも含めて,今月30日に,民生常任委員会が開催されますが,課題の解決に向けて今後もしっかり議論していかなくてはと思っています。

2012年5月17日 木曜日 (ブログ№28)

おはようございます。
今日の天気は,曇のち晴れ,予想最高気温は16℃との予報です。

昨日は,党の事務所で会議資料の作成や打ち合わせを行ったほか,市の保健福祉部から,地震や津波など,災害時の高齢者・要援護者の避難等について,レクチャーを受けたりしました。

保健福祉部と言えば,この部を含め市役所の組織機構が,今年4月から大幅に変更されました。
「保健福祉部」は,保健所と福祉部が統合してできた部署であり,ほかには,「子ども未来部」という部が新設されました。

保健と福祉の分野は,近年,そのサービス内容からも,密接な関わりがあり,他の自治体ではすでに同じ部で業務を行なっているところも多いようです。
函館市役所でも,一例として,高齢者等の安心相談窓口などは,これまでも保健所の保健師と福祉部の担当者がいっしょになって業務を行ってきましたが,今後はさらに連携が図られることが期待できます。

子ども未来部は,この3月まで,福祉部にあった「子ども未来室」を,市役所内の業務をさらに再編し,部に昇格となったものです。
これまでは,子どものことについて,例えば,児童館は福祉部の所管で,学童保育は教育委員会の所管などと分かれていました。
今度は,学校教育などを除き,子どもに関することは,子ども未来部に集約され,一つの部署で扱うこととなったわけです。
子ども未来部は,私が所属する会派「民主・市民ネット」でも,子どもに関する行政の一元化という視点で,求めてきたことでもあります。

市役所の仕事は,多岐にわたりますから,市民にわかりやすく,さらには効率・効果的に仕事のできる組織の形が求められます。
もちろん,形さえ整えば良いというものではありませんから,組織機構の改編により,サービスの質の向上が図られたかなど,検証しなくてはなりません。
今後も,そうした視点で,見ていきたいと思います。

2012年5月16日 水曜日 (ブログ№27)

おはようございます,というより,こんにちはというべき時間になってしまいました。
今日の天気は,曇時々雨,予想最高気温は15℃との予報です。

昨日は,市議会の所属会派の定例会議がありました。
当面の課題となりそうな政策について意見交換などを行なっています。

今日の新聞やTV番組で,節電について取り上げられていました。
道内は,夏場に向け7%の節電要請かなどといわれています。電気の使用は,電気料金がかかりますから,あえて無駄使いをする人はいないと思いますが,気がつかないうちに,不要な電気を使ってしまっていることはあるかもしれません。

もっとも,毎日のように不足するというより,夏場の特に暑い日,冷房の使用がピークを迎えるときに不足するということのようですが,電力供給が不足する否かは別にしても,職場や家庭での電気の使い方を見直す良い機会かもしれません。

かつて,オイルショックの頃,1970年代だったでしょうか,省エネが叫ばれ,テレビも深夜は放送しない,などということがあったように記憶しています。
自分もきっと,子どもなりに,やっきになって節電していたかもしれません。

今はというと,自宅には,普通に,TVや冷蔵庫,洗濯機はありますし,ボイラーやストーブを使うときは電気が必要です。FAXもありますので,待機電力を使います。
私が節電に一役かえるとしたら,電子レンジやエアコンがないこと(扇風機もめったに使いませんが)でしょうか。

他に節電のため,できそうなことと言えば,家電の使用時間を短くすることや,待機電力をなるべく使わないこと,あとは照明をLEDにすることくらいしか思いつきませんが,みなさんはどのように取り組むでしょうか。

2012年5月15日 火曜日 (ブログ№26)

おはようございます。
今日は,曇時々雨,予想最高気温は15℃との予報です。

昨日は,札幌市内で開催された,民主党北海道主催の「原発・エネルギーを考えるセミナー」に参加しました。
今回のテーマは,「再生可能エネルギー」についてでした。
再生可能エネルギーとは,太陽光,風力,地熱,水力,バイオマス由来のものを指します。

セミナーでは,民主党のエネルギーPT(プロジェクトチーム)の再生可能エネルギー検討小委員会が4月20日に発表した第2次提言―再生可能エネルギー導入拡大によるエネルギー構造改革に向けて-について,小委員会委員長である近藤昭一衆議院議員から,内容の説明を受けました。
再生可能エネルギーが,2020年代の早い時期に,電力の2割以上,2030年代の早い時期には,電力の4割程度を担えるよう目標設定することなどが報告されました。

再生可能エネルギーは,世界的に急成長している産業分野で,2010年の世界全体の投資額は2430億ドル(世界経済フォーラム調べ),この5年間でやく4倍となっていることや,雇用創出にも効果があり,ドイツでは,2011年3月時点で,再生可能エネルギー関係の就業者は,37万人(2004年比,21万人増,ドイツ連邦環境省調べ),世界では350万人が雇用されていることなども,紹介されていました。

このほか,国の再生可能エネルギー事業概要について,経済産業省資源エネルギー庁,農林水産省,環境省,北海道経済部から,それぞれの省庁で取り組む事業内容について,説明がありました。

今日,5月15日は,沖縄の復帰の日です。復帰から40年が経ちますが,米軍基地問題など,住民のくらしに大きな影響を与えている問題はまだ解決されていません。
この5月15日を前に,毎年,現地では,「沖縄平和行進」という取り組みが行われています。全国から沖縄に集まった人たちが,平和な沖縄の実現をめざして3日間歩くというものです。私も,かつて15年ほど前に,1日だけではありますが,朝から夕方まで26㎞を歩いたことがあります。
歩いているとき,頭の上を,何回もF15戦闘機が爆音を轟かせて飛んでいきましたが,その音の大きさに驚き,こんなのを毎日聞かされる住民はたいへんだろうなと思ったことを思い出します。


今日は,市議会の所属会派の定例会議への出席などを予定しています。

2012年5月14日 月曜日 (ブログ№25)

おはようございます。
昨日の夜,札幌入りしました。
札幌は青空が広がっています。予想最高気温は18℃です。

昨日は,スーパー北斗で札幌にきましたが,汽車での移動中はいつも読書の時間となります。
車中で,「仕事の9割は世間話」(髙城幸司著,日経プレミア)と「怒らない技術2-それでも怒ってしまうアナタへ-」(島津良智著,フォレスト2545新書)の2冊を読みました。

内容については,別の機会に紹介させていただきますが,フォレスト2545新書の「2545」とはどんな意味だと思いますか?
実は,25歳から45歳向けということなのだそうです。
ということは,私は対象外になってしまいますが……。

今日は,札幌市内で開催される,民主党北海道主催の原発・エネルギー問題のセミナーに参加して一日学習です。

2012年5月13日 日曜日 (ブログ№24)

おはようございます。
今日は,何日かぶりに爽やかな青空が広がっています。晴れわたった分,朝の気温はいつもより低めだったようですが,今日の予想最高気温は16℃との予報で,昨日よりは少し暖かくなりそうです。
昨日は,花見などをされていた方も多かったようですが,寒かったですね。

昨日は,自分が事務局長を務める北海道日中青少年交流協会の総会を開催したほか,北斗市柔道協会の総会などに出席しました。

1カ月後の6月13日から,函館市議会の平成24年第2回定例会(6月定例会)が開会される予定です。
本会議での一般質問などに向けて,質問事項の整理や調査など,準備をさらに加速させていかなくてはならない時期にさしかかりました。

函館市議会の場合,本会議で一般質問(個人質問)を行うためには,
①所属の会派(私の所属は「民主・市民ネット」です)で,質問しようとする項目を各議員が持ち寄って協議し,質問者や質問項目を決める。
②それに従って,会派から発言申し出を行う。(この段階では,質問する議員と所要時間を届け出ます)
③議会運営委員会で,質問する議員と所要時間を確認。
④定例会の初日(開会日)に,各議員から議長に質問項目を通告する。
という流れで進み,④で質問事項が確定することになり,新聞などで市民のみなさんにお知らせすることになります。

この流れで行くと,時間的には,①の作業は遅くても6月上旬に行わなくてはなりませんので,実際は,3週間後までには,質問内容を決めなければならないことになりますが,自分の会派で,質問項目を持ち寄ったときに,他の議員とダブっていて調整が必要になり,結果,自分が質問しようと思っていた項目が,他の議員の担当ということになったりするケースもあります。

また,他の会派の議員の質問項目は,通告が出揃ってみないと分からない場合も多いのですが,そこで初めてダブっていることが分かったりして,さて,どうしようかと思案することもあります。全く同じ質問は避けなければならないと考えますので,特に,自分の質問順番が後の場合は,工夫が必要になります。

本会議での質問時間は数十分間ですが,そこに行くまでには,以上のような作業を行なっています。


2012年5月12日 土曜日 (ブログ№23)

おはようございます。
今日の天気は,曇。予想最高気温は13℃との予報です。
全道的に気温は低めのようです。北見・網走の「雪」にはびっくりしました。

昨日は,参議院議員の「あいはらくみこ」さんが来函され,市内のホテルで,国政報告会が行われました。
あいはらさんは,2007年の選挙で初当選され,かつて札幌市役所で非常勤職員として働いていた経験をお持ちなのですが,そうした経験からか,非正規雇用などをはじめ,労働に関する問題などに力を入れておられます。
 報告会には,約250名の方が来場されていました。

今朝の新聞に,この間,経営状態が取り沙汰されてきたHACの路線再編の記事が出ていました。筆頭株主である北海道の支援については,道議会からは慎重論が出ているとのことですが,一方,路線の撤退などには,地元自治体から不満・不安の声が出されているとされています。
北海道は広いこともあり,移動の効率性を考えると,航空便はやはり便利な交通手段ですが,さらに追加の財政支援が必要との話になれば,シビアな議論は避けて通れません。関係者の間で,難しい議論が続きそうです。

今日は,自分が事務局長を務める北海道日中青少年交流協会の総会を開くほか,何件か会合への出席を予定しています。

2012年5月11日 金曜日 (ブログ№22)

おはようございます,というよりもこんにちはというべき時間になってしまいました。
今日の天気は,曇。予想最高気温は14℃との予報です。

昨日は,市議会総務常任委員会が開かれ,北海道新幹線開業に伴い,JR北海道から経営分離される並行在来線の江差線(木古内~五稜郭間)を引き継ぐことになる第三セクターの運営について,函館市も道が示した負担割合を受諾する旨が伝えられ,委員会で了承されました。
 まだこれからいろいろな作業や議論が必要でしょうが,第3セクター設置に向け,ひとつ動いたことになります。

今朝,フランス海軍の試験・測定艦「デュプイ・ド・ローム」が入港しました。
この件の是非については,市民の間でも賛否両論あるのでしょうが,私は,函館港は商業港であり,友好・親善だといっても軍艦等の入港は好ましくないとの考えから,市に入港を認めないように申し入れしました。
外国艦船の入港については,今まで入港している米軍やロシア軍などの軍艦についても同様の対応を求めてきています。

今日は,参議院議員の「あいはらくみこ」さん(比例代表)が来函され,国政報告会が開催されることになっており,出席の予定です。

それから,今晩は,「大門バル」もありますね。行きたいと思っていますが,果たして行けるでしょうか。

2012年5月10日 木曜日 (ブログ№21)

おはようございます。
今日の天気は,曇。予想最高気温は16℃との予報です。
桜も散り始めたところもあり,開花が遅かったのに咲いてしまうと散るのは早いですね。

今日は,議会改革について,少し書かせていただきます。
2,3日前,現職の武蔵野市議でもある川名雄児さんが書かれた「バカヤロー市議会議員」(普遊舎新書)という本を読みました。

川名さんご自身は,現在3期目の議員なのですが,立候補することになった経緯や,選挙を経験して感じたこと,議会の実際のあり様や議会・議員の活動・役割などについて,さらには,いわゆる“困った”議員の存在など,ご自身の体験を交えて綴られています。また,今,注目されている大阪のことも言及されています。

本の内容を端的に言うと,議会や議員が,本来果たすべき役割を果たしているのかどうかといったことですが,同じ地方議員として,「そうそう」と共感できる部分が多い内容です。

確かに,議会や議員が何をしているか分からないというお話はよく耳にします。また,市長の提案した議案を追認するだけならいらないというお話や,そんなにたくさん議員が必要なのか,といったことも言われます。
(函館市は議員数は30人です)

このような状況もあってか,函館市議会では,議会が直接,市民の方々に,議会の活動を報告したり,意見交換する機会を設けるべきとして,報告会の開催が検討され,今年度から実施することになりました。秋ごろの開催を予定しています。

本会議での質問も,「一問一答制」を試行するなど,聴いてくださる方にできるだけわかりやすくなるように模索しています。

よく二元代表制と言われ,市長と議会とが政策議論をすることで,よりよい方向へと導くというのが本来の趣旨ですが,実際はなかなか難しいものです。
議会が本来あるべき役割を発揮するためには,会議の開き方などをはじめ,議員相互が政策議論を行うことや,議員提案での条例制定の推進など,改革しなくてならない部分が多くあると,感じています。
現在,議会運営委員も務めていますし,自分の政策として,「市民にわかりやすく,市民とともに歩む市議会をめざす。」ことも掲げていますので,具体的な議会改革が実現できるよう積極的に取り組んでいきたいと思います。

2012年5月9日 水曜日 (ブログ№20)

おはようございます。
今日の天気は,曇。予想最高気温は15℃との予報です。

昨日の某新聞社の夕刊に,登校中の児童・生徒の列にクルマが突っ込む事故が相次いだことから,道教委が道内の全小中学校の通学路の緊急点検を行うことを決め,通学路の状況や安全確保の取り組みなどを調べ,今月中に結果をまとめる,との記事が出ていました。

実は,これらの事故が起きたのを見て,市内の小中学校の通学路の点検や安全確保について,6月の市議会定例会で質問する必要があるかもしれないなと思っていました。

事故の原因は無免許運転や暴走などですが,それは運転する側に責任があるので,第一義的には,そちらの要因を取り除くということが重要だと考えられます。
しかし,そういう運転でなくても,事故は偶発的に起きる場合もあり得ますから,被害を回避するために,通学路の安全確保は重要だと言えます。

学校の敷地の周りなど,その付近は,ガードレールが整備されるなどのほか,町会や保護者の方による見守りなど,比較的,対策が施されているように見受けられます。しかし,児童・生徒の自宅から学校までの間に,危険な箇所がないかが気になります。

いずれにしても,道教委からの照会で市教委が調査することになると思いますが,併せて自分でも現況について調べてみようと思います。

2012年5月8日 火曜日 (ブログ№19)

おはようございます。
今日の天気は,曇。予想最高気温は16℃との予報です。

今日の新聞に,GW中の行楽客の入り込みについての記事が出ていました。
GW後半は,ご案内のとおり天気が思わしくなく,前年より少なかったところや,予想していたより少なかったところなど,書き入れどきだったのに厳しい結果となったようです。

中山峠の地盤崩落による通行止めの記事も出ていましたが,沿線の店などにも大きな影響が出てしまったようです。一日も早い復旧を願うばかりです。

行楽客のことを書いたからではありませんが,「1000人確実に集客できる方法」(関根典子著,ディスカバー・トゥエンティ)という本を読みました。
著者の関根典子氏は,大学卒業後,全国チェーンの婦人靴専門店に入社し,ある時,3日間で1200人を集客し,1000万円の売上を達成するというプロジェクトを成功させ,以後,コンサルタントとして独立し,現在は集客プロデューサーとして,500社以上の中小企業商店に少ない資源で最大効果をあげるスキルを伝授されている方です。

自分の場合は,党務ではありますが,ときどき政策懇談会やタウンミーティングなどを開催して,有権者の方々にお集まりいただく機会があります。しかし,これまで,どうしたらより多くの方に来ていただけるかということを,あまり学習したことはなかったように思い,人を集めるといっても,同氏の取り組みとは少し趣旨が違うかもしれませんが,何かヒントになることがあればと思って読んでみました。

集客が確実に成功するための3つルールとして,
①お客様が集まる動機をつくる(動機),
②「見込み」のお客様を「参加」へと導くプロセスをつくる(過程),
③最強の外部スタッフ=お客様を味方につける(組織化)
以上があげられています。
①は結構,一生懸命考えますが,②,③はあまり意識したことがないなあと感じました。
本書では,さらにこの3つについての取り組み方が論じられているのですが,少しでも実践できればと思います。

2012年5月7日 月曜日 (ブログ№18)

おはようございます。
今日の天気は,雨のち曇。予想最高気温は15℃との予報です。

昨日の日中は,予報に反して雨が降りましたが,お花見されていた方々は大丈夫だったでしょうか。

昨日の茨城など関東で発生した竜巻のニュースをみました。
あれほどの被害が出るなら,自然災害として捉えなければなりませんが,メカニズムが解明されていないとのことで,予報も平成23年の竜巻注意情報の的中率は589回中、8回とわずか1%にとどまっているそうです。たぶん,今はまだ予測も難しい段階なのだと思われます。
昔は,竜巻が発生したというのは,あまり聞いたことがないように思いますが,発生の原因がスーパーセルと呼ばれる積乱雲の非常に発達したものだと言われると,近年,取りざたされている気候変動と関係があるのかなどと考えてみたりします。
防災という視点で備えるにしても,現象の性質上,難しそうです。

GWも終わって,今日から,またいつもの日常となりますが,今週の天気はあまりよくないような予報です。最高気温も低めの日が多いようですので,風邪などにはお気をつけください。

2012年5月6日 日曜日 (ブログ№17)

おはようございます。
GW最終日の今日の天気は,曇り。予想最高気温は17℃。夜には雨との予報も。
昨日は,天気も回復し,桜も見頃になったようで,函館公園の近くを通ると,多くの人出で賑わっていました。今日も,きっと多くの方が花見を楽しまれるのでしょう。

昨日,泊原発3号機が止まったことを受けて,今日の新聞は,原発稼働がゼロになったことや,今後の電力・エネルギーについての話に,紙面の多くを割いています。テレビでも,このことについての議論がかわされている番組がありました。

今日は時間もないので,多くは触れませんが,これらの問題は,何かをありきで議論するのではなく,抜本から,ゼロベースとでもいいますか,そうしたスタンスで議論されるべきだと感じています。

GWも今日で終わりですね。
みなさま,楽しい一日をお過ごしください。

2012年5月5日 土曜日 (ブログ№16)

おはようございます。
今日の天気は,雨のち曇りとの予報。早く回復してほしいところです。

昨日は,午後から,震災がれきの広域処理問題の講演会に参加しました。
講師の方のお話をまとめると,
(1)震災がれきを移動することは,放射性物質を拡散することになり,汚染されていない地域も汚染してしまうことになる。
(2)焼却処理について,バグフィルターで放射性物質の◯%が除去できるなどの話があるが,メーカーはそのような実験を行なっておらず,したがってデータはない。
(3)函館市については,もし北斗市のセメント工場で償却した場合,函館市側にどのような影響があるのか調査すべき。
という内容でした。

以前ブログに書いたとおり函館市長は,函館市への受け入れは難しいとしていますが,近隣での処理に言及したことはありません。(訊ねられたこともないとおもいますが)
他の市町村の政策について,その是非を論じることや,申し入れしたりするのは難しいこととされるので,この件で函館市から北斗市に何かアクションを起こすのは難しさがあります。取り扱いをどうするか一考を要します。

また原発の話で恐縮ですが,今日,泊原発3号機が定期点検のため止まると報じられています。
関西では,大飯原発の再稼働が焦点になり,地元町議会では議員協議会を数回開催して議論する予定だとも伝えられています。
問題とされている「電力が不足するのか,足りるのか」について,どうもここがきちんとしたデータも示されないまま議論されていることが気になります。どういう試算をすると足りないという結論になるのか,その試算のプロセスを聞いたこともありません。
とにかく原発再稼働ありきで議論が進んでいるような気がします。
安全性が確保されていることが確認されれば良いといったような話が出ますが,その安全性とはなんでしょうか。

津波対策として,防潮堤の設置や非常電源の拡充などが言われますが,対策が施されたにしても,どんな場合でも耐えられるなどということはありません。それは,ここまでの規模を想定してというように上限を設定したうえでの対策しか施しようがないからです。無限ということはありません。
地震の揺れについても同様でしょう。福島第一原発はまず地震の揺れで壊れたと考えられると指摘する研究者もいます。

生産をはじめとする経済活動や私たちの生活に電気は不可欠ですが,福島のようになるリスクを考えるより,経済や目先の利便を優先させることにするのかどうか,ここが一番大きな焦点で,私たちに問われている課題だと思います。

国や電力会社も,これまで原発を使わないで電力を賄うということは考えてきませんでした。地球温暖化防止対策の一貫として,原発による発電増が考えられていたくらいですが,今後も従来と同じということにはならないでしょうから,すぐに結論が出せるとも思えません。
しかし,今後の議論のあり方として,原発を使わないで,どのように電力を賄うかといったことも検討されるべきだと思います。

いつも原発やエネルギーの問題の記述が多くなってしまい,ブログを読んでくださる方には申し訳ありません。
しかし,この問題は自分のライフワークだと思っておりますので,ご容赦いただけると幸いです。

今日は,子どもの日ですね。子どものころ,この日は,よもぎを摘んできて,母に草だんごを作ってもらったことを思い出します。

2012年5月4日 金曜日 (ブログ№15)

おはようございます。
今日は,暴風雨となってしまいました。予報では一日中このような天気のようです。

昨日は,午後から,憲法記念日の集会に参加しました。
毎年開催されている集会ですが,今年のテーマは,「大間原発」でした。同原発については,建設差し止めを求める裁判が,函館地裁で係争中ですが,昨日の集会では,法廷での様子を再現するということで,原告代理人である弁護士3人から,大間原子力発電所の諸問題について話され,福島から避難してきている方をはじめ3人の方々が,法廷で行った意見陳述を発表されました。

大間原発の構想が出てから30数年,大間町議会が決議してから28年になります。私はこの直後から計画中止を求めて運動してきましたが,取り組みとしてはまさに正念場を迎えていると思います。

原発の話ばかりで恐縮ですが,京都大学原子炉実験所の助教である小出裕章先生が書かれた「騙されたあなたにも責任がある-脱原発の真実-」(幻冬舎)を読みました。先生は,原子力研究者の立場で,ずっと原発に反対されてきた方です。函館にも何回か講演に来られています。
先生は,「原発を止めたいと願いながらこの仕事をしてきたが,願いが届かないまま,福島の事故が起きてしまった。人々に長期間にわたって被曝を与え続けることになると思う。原子力の場にいた一人として,このように汚れた世界を残してしまったことをお詫びしたい。」と述べられています。

そして,今後,この放射能で汚染された世界での中でどうやって生きていくかについて,「自己責任を果たそう」と提言されています。それは,汚染を引き起こしてしまった責任に応じて,汚染を引き受けるしかないのではないかということです。

例えば,食べ物。
日本中の大地が汚染されてしまい,その度合いは違うものの,すべての食べ物は汚染されており,汚染されたものは大人たちが責任に応じて食べるしかない。そうしなければ,まったく責任のない子どもたちに,汚染の少ないものを与えることができない。汚染されたものは,本来,食べてはいけないが,子供たちは絶対に守らなくてはならないから,そうするしかないと,主張されています。

エキセントリックな話かもしれませんが,先生は,「みなさんは,自分に責任があるか?と思うだろう。確かにほとんどの国民は,政府の原子力は安全だというウソに騙されただけだと思うかもしれないが,騙されたから責任はないとしてしまえば,まだ騙されてしまう。それでは意味がないから,二度と騙されないために,騙された人には騙された責任があると考えてほしい」,とおっしゃっています。

是非については,もちろん議論があるでしょう。しかし,「事態は,みんなが思っているよりかなり深刻だ」ということなのだと思います。

なお,小出先生は6月23日に函館で講演される予定です。

今日は,あいにくの天気で外出もままならない状況になりそうですが,午後から,震災がれきの広域処理についての講演会があるので参加してみようと思います。

2012年5月3日 木曜日 (ブログ№14)

おはようございます。
今日は曇のち雨。予想最高気温は15℃とのことですが,昨日より気温が低くなってしまいました。もうすでに雨もパラついてきました。
GW後半の天気はあまり良くないようです。

昨日は,友人の息子さんの結婚披露宴で祝辞を述べさせていただきました。いろいろなところでご挨拶させていただく機会は多いのですが,披露宴の雰囲気はやはり独特で,少し緊張しながら,言わなければならないことを漏らさないようにと,そこにだけ集中していました。

今日は,憲法記念日です。施行から65年が経ちました。
市内では,午後に,憲法記念日・道南の集い実行委員会の主催で,集会が開催されますので,参加してみようと思っています。
内容は,現在,函館地裁で係争中の「大間原発訴訟」に関連して,法廷での意見陳述の様子の再現や,大間原発の原子炉の説明,海底活断層の評価についての解説などが予定されているようです。

憲法をめぐっては,護憲,改憲,論憲,加憲など,これまでもいろいろ取りざたされてきました。今日の新聞にも各政党の憲法に対する考え方が掲載されていました。普段,あまり意識することのない憲法ですが,今日は,それについて考えてみる一日であってもいいかもしれません。

2012年5月2日 水曜日 (ブログ№13)

おはようございます。
今日は曇,予想最高気温は19℃とのこと。
市内でも桜が咲き始めたようです。
昨日は,外回りをしながら,あそこは咲いたとか,あそこは咲きそうだなどと,開花状況を見ていました。

今日は,中心市街地の活性化計画について書かせていただきます。
函館市では,5月1日~5月31日まで,「中心市街地活性化基本計画素案」のパブリックコメントを募集中です。

市の説明によれば,中心市街地は,従来は,函館駅前・大門地区のあたりを指し,1999年(H11)には,同地区の約48ヘクタールの区域を対象に,中心市街地活性化基本計画が策定され,各種施策が行われてきましたが,近年では,函館駅前・大門地区のみならず本町・五稜郭・梁川地区などを含めた函館市全体が衰退してきている状況だとされています。

そこで,今後の人口減少時代に向けた新たなまちづくりの方向性として,市街地の拡大抑制や既存ストックの活用,都市機能の集約化,公共交通の維持・拡充などに取り組むコンパクトなまちづくりを進めることとし,中でも中心市街地は地域の経済および社会の発展に果たす役割が非常に重要であると位置づけているとしています。
そして,このような状況から,今後,強力に中心市街地の活性化を推進する施策を展開していくため,新たな中心市街地活性化基本計画を策定するとしています。

素案の内容ですが,
計画期間は,2013年4月~2018年3月まで,
対象区域は,函館駅前・大門地区から本町・五稜郭・梁川地区の約200ヘクタール
事業としては,すでに実施済のものも含めて,駅前通りやグリーンプラザの整備などをはじめ53事業があげられています。

中心市街地活性化については,これまで議会でも多くの議員が取り上げ質問しています。
私も,西部地区への居住促進策や,公共交通政策との連関などについて質問してきました。
就職や進学で函館を離れて行った学校時代の友人からも,帰ってくるたびに特に駅前・大門が寂しくなっているからなんとかしてくれと言われます。
計画素案の詳細は,市のHPに掲載されています。

さて,今日の夜は,友達の息子さんの結婚披露宴に出席させていただく予定です。
ご挨拶を依頼されていますが,上手くできますかどうか。

«  | ホーム |  »

私のブログへようこそ

函館市議会議員の「みちはた克雄」でございます。 ブログをご覧いただきありがとうございます。 函館市政や市議会のこと,私の活動のお知らせはもちろん,国や各都道府県・市区町村での出来事などについても私の考えをコメントさせていただきます。

プロフィール

函館市議会議員 道畑克雄

Author:函館市議会議員 道畑克雄
1961年札幌市生まれ。
少年期を千歳市で過ごし,1974年函館市民に。
1980年函館東高卒業。同年より,函館市役所に勤務。
2006年退職。
2007年函館市議会議員に初当選。現在3期目。
所属会派~「民主・市民ネット」(会派幹事長)
市議会民生常任委員、議会運営委員。
民進党北海道第8区総支部副代表

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスカウンター

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1861)
twitterまとめ (1)

Facebookページ「函館市議会議員 みちはた克雄」も開設しています

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR