2012-04

2012年4月30日 月曜日 (ブログ№11)

おはようございます。
今日もいい天気ですね。予想最高気温は19℃。暖かい一日になりそうです。
昨日(4月29日),何度か市内西部地区のベイエリアあたりを通りましたが,人出は意外に少ないなあと感じました。GW後半に期待というところでしょうか。

昨日は,東日本大震災や福島原発事故により函館に避難されてきた方々のお話を伺う機会がありました。函館で避難生活を送るために必要なことについて要望を聴くというものでしたが,集まりには,いわき市,福島市,鮫川村から避難してきた方,日頃,支援している地元ボランティアの方も参加され,市議は8人が参加しました。
最近,福島避難者ネットワーク-函館-という組織を作られたそうで,代表の方から,
(1)生活再建ならびに自立に向けた支援,(2)健康と医療の扶助,(3)子どもの教育,の大きくは3点について要望がありました。
詳しい内容は,Facebookページ「函館市議会議員 みちはた克雄」に書きましたので,そちらをご覧ください。

http://www.facebook.com/hakoshigi.Michihata

また,今の福島県内の状況や,行政側の対応などについても話が出ました。
数日前,福島第一原発事故の報道内容等について,フリージャーナリストの上杉隆さんが書かれた「大手メディアが隠すニュースにならなかったあぶない真実」(PHP)を読みました。
「◯◯と報道されているが,本当は☓☓だった」ということが書かれていますが,もし,上杉さんが書かれたことが本当なら,もう目眩がする思いです。
肝心なことが報道されないのはなぜか?興味のある方はご一読を。

今日で4月も終わりです。今年も3分の1が過ぎたことになりますが,月日が経つのは本当に早く感じます。
スポンサーサイト

2012年4月29日 日曜日 (ブログ№10)

おはようございます。
今朝は少し曇っていますが,最高気温は19℃との予報。今日も暖かい一日になりそうです。
ゴールデンウィーク中でもありますが,いろいろなところが多くの人出で賑わうといいですね。

昨日は,市内千代台公園で開催された連合のメーデー集会に参加しました。
例年,5月1日に行なっていましたが,参加しやすいようにと連休前に行うことにしたそうです。確かにいつもより参加者が多かったようです。

集会では,抽選会などのイベントも行われておりました。昨年は,東日本大震災が起きたため,イベントにかかる経費のほとんどを義援金として送ったそうです。

メーデーの後は,本町交差点付近で,脱原発と大間原発建設凍結を求める街頭宣伝に参加しました。チラシを配りながら署名もお願いしましたが,反応は先週より更に薄くなったような気がします。いっしょに行動に参加した方たちも同様の感想を述べられていました。

また,昨日の出来事では,日本ハムの稲葉選手が2000本安打を達成されたことも,一道民として嬉しく思ったニュースでした。

今日は,午後から,「むすびば・交流会」という集まりに参加する予定です。
東日本大震災の被災者の支援を目的に,昨年5月に,「函館・むすびば」という市民団体が結成されました。福島原発の被害者の保養支援などを行ったほか,函館に居住されている被災者の方々を招いて交流会などが行われています。

今回は,「函館で生活している被災者の方々と,市議会議員とが交流することで,被災者の日頃の悩みや抱える課題,また,今後の生活に向けて支援が必要なこと,函館で生活を続けいくための課題などについて,生の声を聞いてもらう」,という企画のようです。
これまでも,市に対しては,住居の無償貸与の期間延長を働きかけるなど,支援策の拡充を図ってきましたが,さらに取り組むべき課題について,きちんとお話を聴いてこようと思います。

2012年4月28日 土曜日 (ブログ№9)

おはようございます。
今日も爽やかな青空が広がっていますが,晴れわたった分,朝の気温は少し低めだったようです。
今日から長期休みという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

さて,気になるのは,ゴールデンウィーク中の市内や道南の観光客の入り込み数です。
ホテルの予約状況は,ゴールデンウィーク前半は,まだ空きがあるとのこと。幸い天気もいいようですから,たくさんの方が函館・道南に来てくださればと思います。

今日は,午前中は連合のメーデー集会に参加し,正午からは,先週に引き続き,市内本町で脱原発と大間原発建設凍結を求める街頭宣伝に参加しようと思います。
メーデー集会は,これまで5月1日でしたが,連合は,今年から連休前に開催することにしたようです。

今日は時間がありませんのでこのへんで。

2012年4月27日 金曜日 (ブログ№8)

おはようございます。
昨夜からの雨も上がり今朝は晴れわたりました。雨上がりのせいか空気は少しひんやりしています。

今日の新聞に,「地域防災への市民意見ゼロ」と題し,現在,函館市が「地域防災計画」の改定案について募集しているパブリックコメントへの応募がゼロだとの内容が出ていました。
なぜなのか?は私にもわかりませんが,今日は,防災について少し書かせていただきます。

少し前に,群馬大学の広域首都圏防災研究センターのセンター長を務められている片田敏孝氏が書かれた「人が死なない防災」(集英社新書)を読みました。
東日本大震災で大津波に襲われた岩手県釜石市で,小中学生の生存率が99.8%(学校管理下では100%)だったと伝えられ,釜石の奇跡とまでいわれましたが,同氏はその釜石で,危機管理アドバイザーとして子供たちの防災教育に携わってこられた方です。

著書の中で,同氏は,防災で第一に大切なのは,避難しようとする心構えだと説いています。いくら防潮堤・防波堤などを強化しても,それを超える規模の津波が来たら避難する以外に助かる方法はないわけで,防潮堤や防波堤があるから大丈夫と思うのは一番危険だと説いています。
子どもたちに行政の広報などを待つとか,防潮堤があるから安心と思うのではなく,自分の判断で避難する心構えを教えてきたわけです。

釜石では,津波警報を経験則から過小評価して逃げようとしない祖父に,泣きながら避難を促した孫がいたとの話が載っていました。結果,避難したことによって事なきを得たとのことですが,来るぞ,来るぞと言われても,避難するほどではなかったということが続けば,今度もいつもと同じと思い,逃げようとしなくなるものだそうです。

子どもの防災意識を高めると,それが親や家族に伝わり,さらに地域に伝わる。そして,その子供たちが親になったときに,今度はその子らへと伝えられていく。そうした連鎖で防災意識の高い地域をつくる狙いがあることも紹介されています。
ハードの整備拡充ももちろん大切ですが,その前に心構えということでしょうか。

2012年4月26日 木曜日 (ブログ№7)

おはようございます。
今日も暖かくなりそうな天気ですが,夕方から下り坂との予報が出ています。

急に,本の話になりますが,「自転車の安全鉄則」(疋田 智著,朝日新書)を読みました。発刊は2008年なので少し前のものになります。
日本は世界第3位の自転車保有国だそうです。

みなさんは,自転車に乗っていて,歩道で歩行者とぶつかりそうになったり,あるいは車道で怖い思いをしたりした経験はないでしょうか?ご自分が,歩行者でも,自転車に乗っていても,クルマを運転していても,それぞれの立場でヒヤッとしたことがあるかもしれません。
こうしたことから,特に自転車の通行環境を安全にかつ快適にできないのかと思い,議会の質問で何度か取り上げたことがあります。

一例ですが,五稜郭駅の周辺が,自転車通行環境整備モデル地区として国から指定されているのをご存知でしょうか。駅近くの国道5号線の歩道が自転車と歩行者の通行区分が施され,色が塗られていたり,区分を表示する標識が立てられているのを見たことがあると思います。
国道の歩道は幅も広くまだ走りやすいほうですが,道道や市道は歩道も狭く,決して走りやすいとは言えません。街路樹があったり,また,ゴミの収集日には歩道上にゴミの袋が出されたりしますからなおさらです。
車道に自転車レーンを設けるなどして,その方向で通行環境整備を図ったほうがベターに思えるのです。もっとも,道路管理者(国,道,市)だけでなく,警察も関わる話ですので簡単なことではありません。クルマのドライバーにも協力してもらわないとなりません。
紹介した本はこのような問題についての提言が書かれています。

まちづくりや環境問題,交通政策にも関わることですが,また機会を見て議会で取り上げたいと考えてます。





 

2012年4月25日 水曜日 (ブログ№6)

 おはようございます。
 函館の今日の最高気温は17℃位という予報ですが,ようやく暖かくなってきました。

 昨日(4月24日)は,午後から函館地区保護司会の総会と研修会に出席しました。夜は,震災がれきと放射能の問題について,NPO法人「チェルノブイリのかけはし」の代表の野呂美加さんのお話を聴いてきました。同法人は,長年,チェルノブイリ原発事故で被曝してしまい,影響を受けてしまった子どもの保養のため,日本への受け入れを取り組んでいる団体です。

 また,昨日は,昨年の統一地方選挙からちょうど1年でした。2期目の当選をさせていただいてから,早くも1年が過ぎたことになります。月日が経つのは本当に早く感じます。

 保護司というのは,みなさんにはあまり馴染みがないかもしれませんが,保護観察処分となった方や刑務所などから出所した方の更生を支援するのが主な仕事です。そのほか,保護司会では,犯罪や非行を予防するための活動も行なっており,町会や小中学校などと連携して集会を開いたりしています。

 震災がれき(震災廃棄物と呼ぶのが正しいそうですが)の受け入れ問題ですが,焦点は,果たして,それが安全なのか否か,移動させたり燃やしたり埋めたりしても大丈夫なのかということだと思います。

 放射能に汚染されたがれきもあるわけですが,人体や環境に影響はないのでしょうか?
放射能の影響については,これまで何人かの医師の方のお話を伺う機会がありましたが,私の受け止めは,一番,気をつけなければならないのは,放射能を体に取り込んでしまうこと,つまり内部被曝であり,その量がいくらなら大丈夫という値は医学的にも確認されてはいないものと思っています。
 被災地の復興は支援しなくてはなりませんが,放射性物質の拡散の懸念もあるので,この問題は慎重に扱ったほうがいいのではないかと考えています。

 実は,昨年12月の市議会定例会で,市長に,震災がれきの受け入れ問題について,質問しました。今日の新聞に,市長の定例記者会見の内容が出ていますが,そのときの答弁も「函館は水産,観光のまちだから,受け入れたら風評被害が心配だ」というものでした。

 今日は,打ち合わせが何件か入っていますが,スムーズに仕事が進むよう頑張ります。

2012年4月24日 火曜日 (ブログ№5)

おはようございます。
今朝はいつもより暖かく感じる朝でした。
週間予報では,明日あたりから日中の気温も高くなるようです。

昨日は(4月23日)は,終日,党の事務所で文書を作ったりなどしていました。

今日の新聞に,今年の夏の電力需給の話が出ていました。北海道も7月で17万㌗,8月で16万㌗が不足する見通しと書かれていました。昨日のブログにも書きましたが,もう少し詳しいデータが示されるべきではと思います。

それから,おやっ?と思うことがひとつ。
それは,北海道の原発は3基あるわけですが,全て止まった場合にどうするかは考えられていなかったのか?ということです。
原発は,長くても13カ月運転したら止めて定期点検を受けることになります。
また,故障や異常が発生して止まることもありえるでしょう。
それこそ,3基とも同時に止まることは,想定できる範囲内のことであるはずなのですが,その対策は考えていなかったということなのでしょうか。

今日は,午後から函館地区の保護司会の総会に出席する予定です。(私も保護司です)
夜は,今,焦点になっている東北3県の震災廃棄物,いわゆる「がれき」ですが,その広域処理について考える集まりがあるので参加してみようと思います。

2012年4月23日 月曜日 (ブログ№4)

おはようございます。
月曜日の朝から雨模様で少し憂鬱な気分にもなりますが,この季節は一雨ごとにだんだん暖かくなっていくとも言われるので良しとしましょう。

昨日(4月22日)は,松前町,七飯町,森町で脱原発と再生可能エネルギーの普及についての街頭宣伝を行いました。
夜は,地元町会の総会に出席し,その後バル街へ。バルには3年ぶりに参加することができました。

原発の再稼働について,今朝の新聞に伊方3号機の話が出ていました。
私は,原発の再稼働については,もっと情報が出されて然るべきだと思っています。
夏の電力不足が言われますが,ただ何%不足する見込みとしか発表されていません。どのようなプロセスで試算するとそういう結果になるのかが明らかにされていないのです。
原発が止まっている間は,火力や水力が動いているわけですが,その設備容量の内訳や,それらの点検時期などを含めて運転の状況がわからなければ私達は判断できないと思うのです。

函館市縄文文化交流センターの入場者数が3万人を突破しました。
縄文文化をまちづくりに活かせないか,との趣旨でこれまでも市議会の本会議や委員会で質問して取り上げてきましたが,順調に入場者数が伸びているのはうれしいことです。
一方,先般,建設中だったセンターの前のバイパス道路が完成し,センターへのアクセスが便利になりましたが,実は,路線バスが走っていないためクルマを持っていない方はセンターへ行きにくいという課題もあります。できれば早期に解決して,さらに多くの方が訪れていただけるようにしなければと思っています。

来週はゴールデンウィークですが,仕事の相手方も長期休みになるところが多いので,仕事も今週中に片付けなければならないものが多くあります。頑張ります。

04/22のツイートまとめ

KatsuoMichihata

松前、七飯、森町で脱原発の街頭宣伝を終えて只今帰函。今日、奇跡的な場面に遭遇した。車で走っていたら、左手からネコが飛び出してきた。かわす余裕はなく、車の下に潜り込む格好に。轢いた!と思った次の瞬間、車の右側にネコの姿が見え、走り去っていった。無事だったのか!どんな技を使ったんだ?
04-22 17:38

2012年4月22日 (ブログ№3)

おはようございます。
今日も昨日(4月21日)に引き続き良い天気になりそうです。

昨日は,函館市内本町で正午から,脱原発と大間原発建設凍結を求める街頭宣伝に参加しました。
チラシも配布し,併せて署名もお願いしましたが,他のテーマでの署名と比べると,協力してくださる方は多いようには思いますが,一方,チラシを受け取ってくださる方は,昨年の3月11日直後と比べると,少なくなっているように思いました。
あれから時間も経って,福島第一原発のことも,以前ほど報道されなくなっていることも影響しているのでしょうか。


樺沢紫苑さんが書かれた「ソーシャルメディア文章術」(サンマーク出版)を読みました。
「ソーシャルメディアとは何かを知らないでソーシャルメディアに書く行為は,交通ルールを知らないでクルマを運転するようなものだ」と,なかなか厳しいことをおしゃっていますが,「ソーシャルメディアは『社会』である」ことなどをはじめ,「書く」前に知っておくべきことが,7大原則として紹介されています。
自分もtwitterやfacebookをさんざん使っておきながら,知らないことだらけであることを思い知らされました。


今日は,松前町,七飯町,森町で,脱原発と大間原発建設凍結について,街頭宣伝を行ってきます。
夜は,自分が住んでいるところの町会の総会に出席し,その後,バル街にでかけようと思っています。

では,今日はバル街を楽しみにしながら,一日頑張ります。

2012年4月21日

おはようございます。

スマホからFacebookにアクセスしようとすると,「インターネット接続がありません」との表示が。
よく不調に見舞われますが何故でしょうか。

さて,昨日(4月20日)は,某新聞社主催の(隠す必要はないか?)講演会に行って,政治ジャーナリストの後藤謙次さんの「終盤国会と解散総選挙の行方」というテーマでのお話を聴いてきました。
すでに今朝の朝刊で報道されていますが,やはり,見方は自民も民主も代表選挙を迎えるこの秋がひとつのタイミングになるというのが大勢ということでしょうか?

ブルデンシャル生命保険の川田修さんが書かれた「仕事は99%気配り」(朝日新書)を読みました。私が気になったのは,どう気配りするかということよりも,「成功とは不自然なもの。普通以上の結果をだそうと思ったら,不自然なこと,つまり普通じゃないことをしなくてはいけません。」というフレーズでした。
当たり前のことですが,ついつい忘れがちなことでもあります。
私のような立場の場合,どんな状態が成功した状態とされるのかはありますが,改めて,ああそうだったなあと,最近,仕事への姿勢が少し甘くなっていたであろう自分を戒めました。

今日は(4月21日),12時から,市内本町で,自分も会員になっている「函館・『下北』から核を考える会」が,大間原発をはじめとする原発問題で街頭宣伝を行うので参加してきます。

ブログ開設します。

2012年4月20日

おはようございます。
函館市議会議員の「みちはた克雄」です。
TwitterやFacebookも使っていますが,もっと多くの方に私の活動をご報告させていただきたくて,このブログを開設しました。
函館市政や市議会の動き,私の活動のご報告はもちろん,国や各都道府県・市区町村での動きなどについても,私の考えをコメントさせていただくこともあろうかと思います。
どうぞよろしくお願いいたします。

«  | ホーム |  »

私のブログへようこそ

函館市議会議員の「みちはた克雄」でございます。 ブログをご覧いただきありがとうございます。 函館市政や市議会のこと,私の活動のお知らせはもちろん,国や各都道府県・市区町村での出来事などについても私の考えをコメントさせていただきます。

プロフィール

函館市議会議員 道畑克雄

Author:函館市議会議員 道畑克雄
1961年札幌市生まれ。
少年期を千歳市で過ごし,1974年函館市民に。
1980年函館東高卒業。同年より,函館市役所に勤務。
2006年退職。
2007年函館市議会議員に初当選。現在3期目。
所属会派~「民主・市民ネット」(会派幹事長)
市議会民生常任委員、議会運営委員。
民進党北海道第8区総支部副代表

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスカウンター

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (2008)
twitterまとめ (1)

Facebookページ「函館市議会議員 みちはた克雄」も開設しています

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR