2017-03

2017年3月27日(月)(№1803)

 函館の今日の天気は、曇り、最高気温は8.2℃でした。
 穏やかな天気でした。

【森友学園問題について思うこと】

 連日、森友学園問題、つまり国有地の売却を巡って、国会での議論が行われています。
 23日には籠池理事長の証人喚問があり、今度は、安倍首相夫人の昭恵夫人の証人喚問の要不要にも言及されているようです。

 それが必要ないと言うつもりはありませんが、公務員としての経験から考えると、財務省の「国有地売却」の仕方の是非をもっと調べるべきではないかと思います。

 売却するにあたり、普通なら起案文書が作成されたはずで、担当職員がいくらで売却するか起案して上司の決裁を受けているはずです。

 これまで財務省は、関係書類は廃棄して存在しないと国会で答弁を繰り返していたように記憶していますが、もし本当に破棄してしまったなら、文書に内容以前に、公文書(行政文書)の保存という点で規則違反の疑いがあります。

 値引きの理由ですが、8億円も値引きするのですから、起案文書には、当然、その理由が書かれていたはずです。

 起案文書は担当職員が書いたとしても、担当職員に値引きを決める権限はありませんから、値引きして売却せよと上司から指示があったはずです。

 もし、本当に、土地に埋まっていたゴミの処分費用に見合うだけの金額ということで8億円を値引いたのだったら、その算定根拠も含めて起案文書に書かれたはずです。

 これらのことを確認しなければ真相には迫れないと思います。
 そして、第三者から見て、8億円の値引きが解せない内容だったら、決裁権者になぜそれが妥当だと判断したのか説明を求めるということになるでしょう。

 私ごときが真相を知る由などもちろんありませんが、見ている限りでは、書類はない、ないなら仕方ないといった感じで済まされてしまっているように思えます。

 それから総理夫人付きの谷氏が送ったとされるFAXですが、彼女が自分の判断で動いたとは思えません。
どうすべきか指示した人物、上司などがいたはずです。昭恵夫人の代わりに送ったとしても、誰かに判断を仰ぐのが普通であり、上の者に報告もするでしょう。

国会は、まず、財務省や関係あると思われる官僚をもっと徹底的に追及すべきではないかと思います。
スポンサーサイト

2017年3月26日(日)(№1802)

 函館の今日の天気は、曇り、最高気温は7.6℃でした。
 今日は風もほとんどなく穏やかな天気でした。

【北海道新幹線開業1周年】

 昨年の3月26日の北海道新幹線といさり火道南鉄道開業から1年が経ちました。
 今日は新函館北斗駅や木古内駅、函館駅で1周年イベントが行われたようです。

 報道によると、北海道新幹線の開業から25日までの乗客は229万2千人、平均の乗車率は32%と、当初の予想の26%を上回ったが、観光の繁忙期の夏と閑散期の冬との落差は大きく、最も利用が多かった8月の乗車率が48%の一方、今年1月と2月は19%だったそうで、観光オフシーズンの冬場の集客が課題だとされています。

 私は、北海道新幹線開業以来、東京への出張は新幹線で行くことが多くなりましたが、少し無理をすれば日帰りもできます。

 昔は、航空便以外で東京へ行くとなると、まず青函連絡船に乗って、青森から上野までは寝台車でいう行程でしたが、16時間くらいかかっていたように記憶しています。
 JRで東京に日帰りで行いけるようになるなど想像もできませんでしたが、時代は本当に変わったのだなと思います。

 さて、新幹線開業1年目は、目新しさもあって乗車率も予想を上回ったのかもしれません。
 しかし、交通手段が何かは別にして、やはり目的がなければ訪れてもらえませんから、今後は、何度でも来たくなるような函館・道南を目指さなくてはならないと思います。

2017年3月25日(土)(№1801)

 函館の今日の天気は、晴れのち曇り、最高気温は8.0℃でした。
 昨日よりは暖かく感じました。このまま春になって欲しいです。

 さて、今日は終日、いくつかの行事に参加して過ごしました。

 午前は、「函館港幹線臨港道路湾岸線供用式典」に出席しました。

写真 2017-03-25 21 24 44 (960x1280)


 巴大橋から続く港沿いの道路は、有川桟橋の線路があるため分断されていたのですが、その上をまたぐ橋とさらに産業道路へ接続する道路が造られました。


写真 2017-03-25 11 01 17 (1280x960)
テープカットの様子

 これで国道277号の渋滞の緩和や港湾やフェリーなどを利用する場合も時間の短縮が期待できそうです。
式典の後は、跨線橋の走り初めが行われました。


 午後は、安全保障関連法の廃止を求め政党や団体を超えて結集した「戦争をさせない道南総がかり行動」の集会とデモが行われました。
今回は、焦点になっている共謀罪を成立させないことも訴えました。


 その後は、市内のホテルで開催された「北海道新幹線開業1周年フォーラム」に参加しました。
函館大学の大橋美幸准教授と青森大学の櫛引素夫教授が、「北海道新幹線の開業効果と今後の課題について」と題し講演されました。

写真 2017-03-25 15 18 12 (1280x960)
大橋准教授の講演の様子

2017年3月24日(金)(№1800)

 函館の今日の天気は、曇りときどき雪、最高気温は5.3℃でした。
 「寒い!」の一言です。日中も5.3℃もあるとは思えない寒さでした。

【南スーダンPKOからの撤退】

 稲田防衛相が、24日、南スーダンPKOに派遣中の陸上自衛隊の部隊に対し撤収命令を出したことが報じられています。

 5月末までに帰国させると伝えられていますが、政府は別のPKOへの部隊派遣も含め、自衛隊の新たな海外派遣策を模索する意向だとされています。

 南スーダンPKOからの撤収の理由は、派遣部隊は日報で戦闘行為が発生していたとしているのに対し、施設部隊の仕事にメドがついたなどというのは納得できません。

 政府は、次の派遣先云々ではなく、なぜ、撤収という判断に至ったのか、明らかにするべきだと思います。

 第12次部隊の派遣まで言及されていたのですから、ここにきて施設部隊の業務にメドが立ったなどということはあり得ません。

 国会で、ぜひ、引き続き追及して欲しいと思います。

2017年3月23日(木)(№1799)

 函館の今日の天気は、曇り、最高気温は6.0℃でした。
 気温からすると、まあまあ暖かいようにも思えますが、実際は「寒い!」と感じる天気でした。

【いわゆる共謀罪に関する自治体議会の意見書】

 宮崎県議会が22日、「共謀罪」と趣旨が同じテロ等準備罪を新設する組織犯罪処罰法改正案について、慎重な検討を国に求める意見書案を全会一致で可決したことが報じられています。

 意見書は、現行法にもテロの準備行為を処罰する規定があると説明し、テロ等準備罪の新設は「さまざまな懸念が指摘されている」という内容で、自民党や公明党の会派も賛成したと伝えられています。

 安全保障関連法案が国会で議論されているときにも各自治体議会で反対や慎重審議を求める意見書が可決されたことが報じられていましたが、このたびのいわゆる共謀罪法案を巡っては、各自治体議会の動向があまり報じられていません。

 ネットで検索すると、上程している議会数は判明しないものの、取り組んでいる議会は結構あるようなのですが、マスコミが取り上げないのは何故でしょうか。

 宮崎県議会は、自公も意見書に賛成したのでニュースになったのかもしれませんが、今回のいわゆる共謀罪法案は、「テロ対策だから」という風潮が蔓延しているようにも思えてなりません。

«  | ホーム |  »

私のブログへようこそ

函館市議会議員の「みちはた克雄」でございます。 ブログをご覧いただきありがとうございます。 函館市政や市議会のこと,私の活動のお知らせはもちろん,国や各都道府県・市区町村での出来事などについても私の考えをコメントさせていただきます。

プロフィール

函館市議会議員 道畑克雄

Author:函館市議会議員 道畑克雄
1961年札幌市生まれ。
少年期を千歳市で過ごし,1974年函館市民に。
1980年函館東高卒業。同年より,函館市役所に勤務。
2006年退職。
2007年函館市議会議員に初当選。現在3期目。
所属会派~「民主・市民ネット」(会派幹事長)
市議会経済建設常任委員長、議会運営委員。
民進党北海道第8区総支部副代表

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスカウンター

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1803)
twitterまとめ (1)

Facebookページ「函館市議会議員 みちはた克雄」も開設しています

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR